Web音遊人(みゅーじん)

ザ・ローリング・ストーンズ×ゴダールの邂逅。映画『ワン・プラス・ワン』、チャーリー・ワッツ追悼上映

ザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが2021年8月24日、80歳で亡くなったというニュースは、世界に衝撃をもたらした。
体調を崩し、2021年9月からの北米ツアーにはスティーヴ・ジョーダンが代役として参加することが発表されていたものの、ストーンズのファンは2022年、再びステージでビートを刻むチャーリーの姿を見ることが出来ると信じていた。だが、それが実現することは永久になくなってしまった。
“ノー・フィルター”ツアーのステージ上にはチャーリーの映像が映し出され、観衆は彼の功績と人生を讃えて大きな声援を送った。

ストーンズは“映像の世紀”である20世紀エンタテインメントの申し子だった。1963年7月、レコード・デビューからわずか1ヶ月後にストーンズは『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』の夏休み特番『ラッキー・スターズ・サマー・スピン』でテレビ初出演を果たしている。当初、テレビ局の重役はミック・ジャガーのことを「あのタイヤみたいな唇をした奴はさっさと辞めさせろ」と忠告したという。アメリカ進出時にもエド・サリヴァンに「二度と私の番組に呼ばない。17年かけて築き上げたものをあんな連中にぶち壊されてたまるか」と言われ、ディーン・マーティンは「どこがいいのやら」と目をぐりぐりさせるなど批判も多かった彼らだが、若いファン層から熱狂的に支持され、“世界最高のロックンロール・バンド”と呼ばれるに至った。

その後もストーンズは映像メディアを通じて、我々の耳と目に新鮮な衝撃を与えてきた。1970年代から80年代にかけては『ギミー・シェルター』(1970)、『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(1983)などの劇場映画が銀幕を彩り、『ビデオ・リワインド』(1984)、『25X5』(1989)といったホーム・ビデオ作品、当時最新だったIMAX方式で公開された『AT THE MAX』(1991)、巨匠マーティン・スコセッシが監督した『シャイン・ア・ライト』(2008)など、ストーンズは“史上最高のヴィジュアル・バンド”としても君臨し続けたのだ。

そんな映像作品の数々の中で異彩を放つのが、1968年に公開された『ワン・プラス・ワン』だ。

映画『ワン・プラス・ワン』
2021年12月3日(金)から全国順次公開

『勝手にしやがれ』(1959)『気狂いピエロ』(1965)などで“ヌーヴェル・バーグ”を代表するフランスの映画監督ジャン=リュック・ゴダールが手がけたこの作品。社会主義・ブラックパワー・ベトナム戦争・ポルノグラフィなど当時のラディカルな世相を縦軸、ストーンズがスタジオで新曲『シンパシー・フォー・ザ・デヴィル』を完成させていくプロセスを横軸にして織り成すタペストリーというべき内容で、1968年という時代の片鱗と当時のストーンズの姿をヴィヴィッドに捉えている。

ゴダールの熱心なファンから異色作と呼ばれ賛否両論のある『ワン・プラス・ワン』だが、ストーンズのファンにとっては幾つもの注目すべきシーンがある。メンバー5人がアイディアをぶつけ合いながら『シンパシー・フォー・ザ・デヴィル』を書き上げていくプロセスはスリリングで、歴史的にも貴重な資料だ。1969年に脱退、その翌月に亡くなるブライアン・ジョーンズもいるし(この時点で所在なさげで、後半では姿を見せない)、やはりバンドを去ったビル・ワイマン、そしてもちろんチャーリーも映されている。ストーンズがサポート・メンバーを必要としない真の“バンド”だった時代を偲ばせる映像である。

ゴダールとストーンズの一度限りの邂逅は、かけがえのないロックンロール・ドキュメントでもある。本作が日本初公開されたのは海外に大幅に遅れて1978年だった。その後、1996年にもリバイバル上映が行われたが、今回はチャーリー追悼として緊急上映が決定した。映画館のスクリーンでチャーリーのプレイを見ることが出来るチャンス、決して逃してはならない。

ところで本作において重要な役割を占めている『シンパシー・フォー・ザ・デヴィル Sympathy For The Devil』、発表当時から『悪魔を憐れむ歌』という邦題が付けられているが、歌詞内容とはかなりニュアンスがズレているため、そろそろ見直しするべきではなかろうか。『You Can’t Always Get What You Want』の邦題が『無情の世界』というのも脱力してしまうが、日本人全体の英語力も半世紀前と較べると向上している状況下、“世界最高のロックンロール・バンド”が歌に込めたメッセージが正しく伝えられていないことは残念でならない。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小林愛実さん「理想の音を追い求め、一音一音紡いでいます」

14673views

音楽ライターの眼

オーボエの甘美な響きに、α波で満たされた珠玉のひととき/モーリス・ブルグ80歳記念コンサート

4223views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

3434views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

92283views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9269views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

13770views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

7410views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2377views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

22364views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5387views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

4612views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

23658views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11492views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

12774views

音楽ライターの眼

ジェフ・ベック:ジョニー・デップとの共演作を発表した孤高のギタリストが見せるヒューマンな側面

3009views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

29053views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

10735views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

7985views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

9140views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7302views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

47750views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6130views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

27621views