Web音遊人(みゅーじん)

宮田大チェロ・コンサート

ハープのスターダストを浴びるチェロの清澄な歌/宮田大チェロ・コンサート

桜舞い散る春の午後、ハープのアルペジオが星屑のように降り注ぐ中を、チェロが清澄な調べで歌う。2023年3月30日、東京・銀座のヤマハホールで開かれた「宮田大チェロ・コンサート」は、宮田のチェロと山崎祐介のハープという珍しい編成のデュオだった。ほとんどがスローなバラード風の小品。チェロが奏でる旋律は、スターダストを浴びてきらめきながら、聴き手を癒した。

デリケートな響きを引き立て合うバランス感覚

アンコールを含め全15曲。山崎のハープは一音ごと輝きがあるが、音数の多いアルペジオでは決して音量が大きくない。宮田と山崎は互いにバランスよくデュナーミクを効かせながら、デリケートな響きを引き立て合った。

バッハ『アリオーソ』とヘンデル『オンブラ・マイ・フ(ラルゴ)』は、ハープがアルペジオでリズムを刻み、チェロが有名な旋律を緩やかに奏でる。宮田が「(ハープの音が)天から降りてくるようだ」と言い、山崎が「自分の練習部屋にしたい」と語るほど、同ホールは清澄な二重奏に合っていた。

続いて鳥にまつわる3曲。ヴィラ=ロボス『黒鳥の歌』は、ハープのアルペジオがさざめく水面で、チェロが黒鳥の姿をスローモーションのように描く。厚みと持続性のあるチェロの音色は瀕死の黒鳥の厳粛さを印象付けた。サン=サーンスの人気曲『白鳥』では、チェロが巧みに強弱を付けて表情豊かに歌った。カザルス『鳥の歌』はハープが創り出す満天の星の下、チェロが深みのある歌を奏でた。

宮田大チェロ・コンサート

シティ・ポップなカッチーニ『アヴェ・マリア』

2人は独奏も披露した。マーク・サマー『Julie-O』では、宮田がチェロをギターのようにピチカートで弾いたり、打楽器のように叩いたり、開放弦を使ってカントリー音楽のフィドル風に奏でたり、多様な機能で楽しませた。ピエルネ『即興的奇想曲Op.9』はハープの独奏。山崎が紡ぐアルペジオはガラス細工のように繊細だが、終結部では美しい旋律を明晰に浮かび上がらせて感動のクライマックスを築いた。

前半最後はモンティ『チャールダーシュ』のデュオ。ピアノとは異なる雅やかなハープ伴奏でチェロがスリリングな超絶技巧を聴かせた。

後半はフォーレとパラディスの対照的な『シチリアーナ』2曲から始まった。フォーレの『シチリアーナ』は愁いの旋律とハープの深みのある音が印象的だった。

続いてカッチーニの『アヴェ・マリア』。シャンソンの『枯葉』に代表される5度ずつ下がるコード進行(枯葉コード)の典型だ。サブドミナントを効かせたト短調の曲調はカッチーニが生きたバロック期の作品とは思えないシティ・ポップな雰囲気を醸し出す。実際は「1970年頃、(旧ソ連の)ヴァヴィロフが作曲したといわれる」と宮田は公演で説明した。2022年3月に宮田がギターの大萩康司とのデュオで披露したピアソラ『オブリビオン』にもいえるが、ポップスに通じる和声が人気の秘訣なのだ。続くグリーグ『ソルヴェイグの歌』とともに、本公演での哀愁の旋律美は頂点に達した。

ステージオフの人柄に触れて深まる音楽体験

トリはブルッフ『コル・ニドライOp.47』。ピアノよりも柔らかいハープの音色が、チェロの祈りの旋律を包み込む。ユダヤ教の敬虔な歌が広がり、中間部からは淡い光が差し込む情景美を出現させた。アンコールはバッハ『ポロネーズ』とラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』。名旋律を宮田がいかに美しく自然に奏でるか再確認した。

宮田大チェロ・コンサート

終演後は同じヤマハ銀座ビルのカフェラウンジ「NOTES BY YAMAHA」に2人が登場し、予約したファン約30人との茶会が開かれた。「ステージオフの姿も見てもらう」(ヤマハの山田美輪子マーケティング統括部主事)という趣旨。ファンの質問に答えて、宮田が映画好きであることや、山崎がフォーレの生誕地を訪ねた経験などが語られた。演奏家の人柄に触れて室内楽の楽しみが深まる体験となった。

宮田大チェロ・コンサート

宮田大チェロ・コンサート

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

15431views

音楽ライターの眼

連載9[多様性とジャズ]ドイツ訛りが解き明かす“アメリカという多様性”とジャズ

1282views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44859views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25093views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10301views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5276views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11166views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7197views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18865views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1838views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5626views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19091views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29738views

音楽ライターの眼

だんだんと熱気を帯びてドラマチックに/三浦文彰 ブラームス:バイオリン・ソナタ・リサイタル-清水和音(ピアノ)を迎えて-

1169views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

18918views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4757views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

12938views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13932views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5048views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63602views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6455views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views