Web音遊人(みゅーじん)

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

2017年2月26日の第89回アカデミー賞授賞式で起こった発表ミス事件は、映画史に残る失態として大きく報じられた。作品賞が『ムーンライト』に渡されるべきところ、渡すべき封筒を間違ったことで『ラ・ラ・ランド』と発表されてしまったという事件。封筒を手渡す担当者が直前にSNSにエマ・ストーンの写真を投稿するなど、注意散漫だったことが原因だったといわれるが、映画に対する愛情と敬意があれば、こんなみっともない事件は決して起こらなかっただろう。

残念なことに近年、ロック業界においても類似した失態が続いている。

2017年2月12日にロサンゼルスのステイプル・センターで行われた第59回グラミー賞授賞式ではメガデスの「ディストピア」が“ベスト・メタル・パフォーマンス”部門での受賞を果たした。12回目のノミネートにして遂に受賞。バロネスやKoЯn、GOJIRA、ペリフェリーら強豪たちを抑えての勝利という快挙に、場内には大きな拍手が上がった。

だが、受賞スピーチのために壇上に上がる彼らのバックでハウス・バンドが演奏したのはメタリカの「マスター・オブ・パペッツ」。受賞アーティストの楽曲でないどころか、元々メガデスはメタリカをクビになったデイヴ・ムステインが結成したという、いわく付きのバンドだ。ムステインは「(ハウス・バンドが)メガデスの曲を演奏できないからじゃない?それにしても酷い演奏だった」と皮肉を込めたコメントを残している。

1989年に“ベスト・ハード・ロック/メタル・パフォーマンス”部門を新設したグラミー賞だが、初年度にジェスロ・タルに受賞させるというトンチンカンな選択など、メタルに対する無知と無関心は有名。それが再び悪い形で噴出したのが、メガデスの事件だった。

2017年4月7日、ブルックリンのバークリー・センターで開催された「ロックンロール・ホール・オブ・フェイム」殿堂入り式典で起こった事件も、ファンを嘆かせた。この式典では最近亡くなったアーティストの映像を映し出し、その功績を讃えるコーナーがあった。その中で紹介された1人がキング・クリムゾンやエイジア、UKなどで活躍、1月31日に亡くなったジョン・ウェットン。プログレッシヴ・ロックの巨人であり、当然紹介されるべきシンガー/ベーシストだが、名前John WettonがJon Wettonと誤って表記されていた。故人の名前を間違えるというミスには、盟友だったジェフ・ダウンズもツイッターで「名前のスペルぐらいちゃんとできないのか」と苦言を呈したほどだった。

2016年10月8日、9日にさいたまスーパーアリーナで開催された「ラウド・パーク16」フェスでも、同様の事件が起こっている。初日のヘッドライナーはスコーピオンズで、世界に冠たるスーパースターならではの堂々たるステージ・パフォーマンスを披露した。ドラマーとして元モーターヘッドのミッキー・ディーが参加したこともあり、2015年12月28日に亡くなったレミー・キルミスターへのトリビュートとしてモーターヘッドの「オーヴァーキル」が演奏され、会場に集まったメタル・ファンたちは感涙にむせんだ。

そんな興奮冷めやらぬライヴ後、出てきたMCが一言「いやあ、とうとうやりましたね『エース・オブ・スペイズ』!」

メタルというジャンルそのものを象徴する双璧の名曲である「オーヴァーキル」と「エース・オブ・スペイズ」を混同するというのは、真にメタルを愛する者ならば絶対にあり得ないことだ。筆者(山崎)はその場にいたが、未だに聞き違いではないかと信じられずにいる。

“音楽離れ”が叫ばれて久しい。その理由として娯楽の多様化やインターネットの普及などが挙げられているが、業界関係者が愛していないものをリスナーに愛してくれと言えるだろうか。一連の事件はファンを暗澹とした気持ちにさせた。ロック業界は自分たちの足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない。

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

2017年5月、メガデスは来日公演を行った。傑作『ディストピア』を引っ提げてのステージは新旧の名曲で押しまくる素晴らしいもので、数時間前に亡くなったクリス・コーネルへの追悼の意を込めて、サウンドガーデンの「アウトシャインド」も演奏された。こんな凄いバンドがしかるべき敬意を払われないなんて、絶対にあってはならないことである。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

14410views

音楽ライターの眼

連載22[ジャズ事始め]上海というアジアの拠点を失った“日本のジャズ”が次に求めたスタイル

1399views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

13016views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34135views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6368views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4685views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5451views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1570views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18192views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

6187views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6424views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25622views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3288views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10927views

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

音楽ライターの眼

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

9527views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12760views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

3115views

楽器探訪 Anothertake

ピアニストの声となり歌い奏でる、コンサートグランドピアノ「CFX」の新モデル

2466views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5451views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6810views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15503views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4431views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7608views