なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.7

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5
音楽ライターの眼
なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.7

ジャズのハードルを意識することになったライヴの3つめは、通常のライヴとはちょっと異なるイヴェントがとても興味深かったので、それを取り上げたい。

それは、日本ルイ・アームストロング協会が第62回例会として開催した「サッチモ『この素晴らしき世界』録音から50年」というイヴェント。

開催日の8月5日は、サッチモことルイ・アームストロングの誕生日の翌日。

毎年8月4日は、サッチモの生地であるニューオーリンズでサマーフェスティヴァルが開催され、日本ルイ・アームストロング協会の会長を務める外山喜雄らも参加していたようだが、今年は諸事情により渡航せず、日本で1日遅れのサッチモにまつわるフェスティヴァル開催と相成った次第。

会場となった東京・神田駿河台のアテネ・フランセ文化センターには、ニューオーリンズに負けないお祝いムードを求めて、サッチモ&ニューオーリンズ・ジャズのファンが詰めかけていた。

今年、つまり2017年は、このイヴェントのタイトルにもあるように、サッチモが代表曲「この素晴らしき世界」をレコーディングしてからちょうど半世紀にあたるのだが、奇しくもジャズがレコードという媒体に記録されて世の中に流布するようになってちょうど100年という節目の年でもあり、ダブルでアニヴァーサリーなタイミング。

そこで特別企画が用意されていた。サッチモの演奏をとらえた“超レアな希少映像”の特集だ。

プログラムは、サッチモが亡くなる1年ほど前の1970年に出演したアメリカのトーク番組で「この素晴らしき世界」を歌う映像でスタートした。

1967年8月にレコーディングされたこの曲は、メイン・ターゲットであったはずのアメリカ市場では当初の反応が弱く、イギリスでのヒットを受けての“逆輸入”という、ちょっと変則的な立ち上がり方を示していた。

さらに、映画「グッドモーニング、ベトナム」(1987年製作)の主題歌として改めて強い印象を与えてリヴァイヴァル・ヒットし、“サッチモの代表曲”としてのポピュラリティを与えられるまでにタイムラグがあった曲なのだ。

オープニングの映像が示していたように、1970年当時のサッチモは、すでに“ジャズのパイオニア”としてのポジションを広く認められており、彼もそれを意識してこのトーク番組のオファーを受けていたことは想像に難くない。

その一方で、ジャズ自体は大きく変化し、サッチモのスタイルを“過去のもの”と扱わざるを得ないような状況になっていた。

<続>

なぜジャズのハードルは下がらないのか?<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち