Web音遊人(みゅーじん)

カプースチンを紐付けるためのオーヴァーチュア

カプースチンを聴きに行かないか──と家人に誘われたのは、新元号が令和だと発表されたころのことだった。

“カプースチン祭り”と題されたそのコンサートが、ちょうどゴールデンウィークの真っ只中に開催されるというのだが、ヴァカンスの予定も(もちろん?)なかったから、「いいよ」と軽く返事をしたものの、「カプースチンって誰だっけ?」というぐらいの認識だったことをあらかじめ告白しておかなければならない。

名前ぐらいは聞いたことがあった。東側、つまり共産圏を拠点にしていたアーティストだったっけ、というレヴェルだ。

最初にそのあたりからおさらいしておこう。

現代ロシア音楽界を代表する奇才

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチンは1937年に当時のソヴィエト社会主義共和国連邦のウクライナ東部に位置するホルリフカ(ゴルロフカ)で生まれた作曲家・ピアニスト、81歳でご存命である。

プロフィールは日本カプースチン協会のホームページを参照していただきたい。
http://www.kapustin.jp/p/blog-page.html

ちなみに日本カプースチン協会というのは、カプースチンと親交があるピアニストの川上昌裕氏が設立した団体で、カプースチン作品の普及と演奏による交流を通し音楽文化の発展に寄与することを目的としている。

この目的を具現する一環として協会が行なっているのが「カプースチン祭り」で、今年の開催が4回目となる。

“祭り”と題されるだけあって、当日は13時開始の第1部から18時開始の第3部までの長丁場を、たっぷり“カプースチン三昧”できるプログラムが組まれていた。

“祭り”ならではのズブズブのカプースチン漬け

実は、家人が「カプースチンを聴きに行かないか」と誘ったのは、この日の第2部に出演したヴィオラ奏者の羽藤尚子の関係者と知り合いで、意欲的な活動で注目を浴びている彼女がどんな演奏を披露するのかを観たかったから。要するに「カプースチンというよりも……」という失礼な動機だった(申し訳ない)。なので、ボクは16時開演の第2部にお邪魔したという次第。

ところがこの第2部がユニークで、帰るころにはすっかりカプースチンの虜になってしまっていたのだから、“祭り”とは恐ろしいイヴェントである。いや、まんまと日本カプースチン協会の罠にはまってしまったと言うべきだろうか……。

そんなユニークなプログラムのひとつが、カプースチンがヴィオラのために書いた2つしかない作品に挑戦してしまおうというものだった。「ヴィオラとピアノのためのソナタ(Op.69)」(1991年)の第3楽章と「ヴィオラとピアノのためのソナチネ(Op.158)」(2015年)というセレクションだ。

カプースチンは1990年代に数学的な現代音楽手法にハマっていて(と川上昌裕氏が演奏前に解説してくれたおかげでとても受け入れやすかった)、そうした幾何学的なアプローチをチェロよりオクターヴ高いヴィオラで“やってみたかった”らしい。とにかく、この作曲家の“一方の”個性が存分に発揮される選曲だったと言えるだろう。

そこで“もう一方”なのだけれど、カプースチンといえば“ジャズへの興味を隠さなかった現代クラシック界の作曲家・演奏家”としても知られていて、彼を取り上げることが、本稿のテーマである“ジャズとクラシックの関係性”を解くためにも有効なのではないか──という本題に入りたかったが、長くなったので次回にしたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

10437views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

1437views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

4335views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

38611views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5564views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

4858views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

5359views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3148views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5582views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

2698views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2219views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13819views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

595views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3416views

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.2

4041views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

6066views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5146views

大人のピアニカ

楽器探訪 Anothertake

37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

13216views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

5359views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2361views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

11109views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13819views