Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#024 ジャズを“復古”させた圧倒的な才能の歌声~サラ・ヴォーン『枯葉』編

他を圧倒してしまうほどの才能というものは、他との距離を生んでしまうが故に、その才能の活かし方について悩まなければならなくなるのかもしれません。

本作を久しぶりに聴き始めて、ボクは最初の5秒で、いや、3秒で「巧いなぁ……」とため息をついて聴き入ってしまったのですが──。

多くのジャズシンガーをめざす人の“手本”として五指に入らないことが考えられないほどの存在であるサラ・ヴォーンですが、だからといってなにを歌っても喝采を浴びたわけではなかったところに、ジャズの難しさ、もっと大げさに表現すれば“音楽”を生業とすることの困難さがあるのかもしれないという思いが浮かんできてしまいました。

それはつまり、それほどの才能があるとされたサラ・ヴォーンの作品なのに、なぜすべてが“名盤”とはされなかったのか、そしてなぜ本作が“名盤”とされているのか──を解くためのヒントが隠されていたような気がしたのです。


I Didn’t Know What Time It Was

アルバム概要

1982年3月にレコーディング、同年にリリースされたサラ・ヴォーンのアルバムです。

オリジナルはLP盤で、A面に4曲、B面に4曲、計8曲を収録。 

メンバーは、ヴォーカルがサラ・ヴォーン、ピアノがローランド・ハナ、ギターがジョー・パス、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラムスがハロルド・ジョーンズ。

いわゆるシンプルな編成でジャズのスタンダード・ナンバーをカヴァーした“オーソドックスな内容”と言ってしまえる作品です。

“名盤”の理由

そんな“オーソドックスな内容”のカヴァー・アルバムがなぜ“名盤”と呼ばれるようになったのか──。

その背景には、本作が制作された1982年という年が大きく関係しているとボクは考えています。

1970年代になると、それまで“モダンジャズ”と呼ばれ隆盛を誇っていた(ように見えた)ジャズも勢いを失い、ポピュラー音楽のヒット・チャートにはロックの影響を受けたAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)やブラコン(ブラック・コンテンポラリー・ミュージック)の曲が並ぶようになります。

流行らなくなってしまった“流行りもの”の末路は“ただ消え去るのみ”のはずなのですが、そこで抗ったのがジャズでした。

転機は1976年。

この年、アメリカ合衆国は建国200年記念事業に沸いていました。

先住民ではなく、欧州からの移民による統治を起点としたアメリカは、その歴史の浅さを埋めるべく、独自の文化と呼べるものを探した結果、19世紀後半にアメリカを発祥の地として世界へ広まった“ジャズ”に目をつけました。

同年開催のニューポート・ジャズ・フェスティヴァルでは特別企画が組まれ、その影響は2年後のカーター米大統領主催のホワイトハウス・ジャズ・フェスティヴァル開催へと波及。

つまり、ジャズが大統領も認めるアメリカの文化のひとつであることを内外に知らしめることになったというわけです。

ただ、落ち込んだマーケットがなんとか回復する兆しを見せるのは1980年代半ば。休眠状態だった名門レーベル“ブルーノート”の活動再開あたりからですが、1980年代初頭のジャズ・シーンは、ヒット・チャートを席巻するムーヴメントに追随するか、往時のジャズ・スタイルに固執するかの選択を迫られるような空気感が濃かったことも事実だと思います。

そして本作が、先陣を切るように往時のジャズ・スタイルへの復古を明らかにしたことで、シーンの形勢も大きく変わったのではないか、と考えてみたわけです。

いま聴くべきポイント

サラ・ヴォーンのジャズ・シンガーとしてのキャリアは、1942年にニューヨーク・マンハッタンのハーレム地区にあるアポロ・シアターで行なわれたオーディション企画“アマチュア・ナイト”への出場から始まったとされています。

瞬く間にトップ・シンガーの座についた彼女でしたが、トップであるが故に“ジャズの未来”も背負わされてしまったのかもしれません。

1970年代のサラ・ヴォーンの作品を振り返ると、ポピュラー・ミュージック路線を意識したものが多く見られ、この頃の代表作とされる『センド・イン・ザ・クラウンズ』(1974年)などは高評価を得ていますが、いま聴くと当時の王道ポップス的な編成&アレンジで、時代に合わせたいレコード会社のリクエストにも軽々と応じられる彼女の才能を感じてしまい、ボクはちょっといたたまれなくなってしまうのです。

実は彼女、このアルバムの成功で代表曲となった『センド・イン・ザ・クラウンズ』を再び収録したアルバム『センド・イン・ザ・クラウンズ』を1981年、つまり本作の前作として制作していて、その内容はカウント・ベイシー・オーケストラをバックに歌うという、自らのキャリアの原点に戻った“復古を表明”するような企画に挑んでいました。

そして、続く本作でジャズオーケストラより“ジャズらしい”サウンドのギター・クァルテットをバックにジャズ・スタンダードを歌っているという“流れ”になるのです。

そこには彼女の確固たる“ジャズを歌う”という決意が感じられ、それがあるからこそ、後続の歌姫たちが彼女をトリビュートし、本作を“手本”とするジャズ・ヴォーカルのスタイルが“現役”として受け継がれているのだと思います。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

12624views

音楽ライターの眼

連載9[ジャズ事始め]日本にジャズの維新をもたらした井田一郎という志士

4634views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16664views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20969views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8968views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6807views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18832views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6726views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21990views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5760views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5361views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24858views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8968views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8264views

AKIRA’S Special Live Vol.4

音楽ライターの眼

井上鑑、岡沢章、神保彰。3人のAKIRAとの躍動感あふれる70分/AKIRA’S Special Live Vol.4

6945views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1835views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4887views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4983views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23343views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5326views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

17816views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8458views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9726views