Web音遊人(みゅーじん)

恒例のウィンターツアーでハイトーンボイスを堪能。ヒット曲もたっぷりと!/広瀬香美インタビュー

聴きたい曲が必ず聴けるコンサート「オトナ広瀬スタイルへようこそ」/広瀬香美インタビュー

冬、広瀬香美の季節がやってくる—−−−。
長年、ウィンタースポーツのコマーシャルに自作曲が採用され、冬にヒット曲の多いことから「冬の女王」の名を持つ広瀬香美。2017年にデビュー25周年を迎え、国内各地、そして現在拠点とするロサンゼルスでの初ライブともSOLD OUTと大盛況のうちにメモリアルツアーを終えた。さらにオータムツアーではマライア・キャリーの難曲『フォーエバー』にチャレンジ、ボーカリストとしてのキャリアに新たな1ページを加えた。そして広瀬の季節を迎える2018年1月、恒例のウィンターツアーが始まる。往年のファンはもちろん、新しいファンをも魅了するヒット曲満載、盛り上がり必至のプログラムを歌いきる裏側には、長年の鍛錬の積み重ねがある。

広瀬が音楽に触れるようになったのは4歳の時から。両親の勧めでエレクトーン教室に通っていた。だが決して、音楽大好き少女だったわけではなかったという。
「親に勧められて音楽を始めましたが、最初は好きではなかったんです。『18歳まで続けて、そのときに音楽が嫌いだったらやめればいい』と言われ続けてきたのですが、18歳になったときには得意なことは音楽しかない、音楽の世界で生きていこう、と思うようになりました」
国立音楽大学に進みクラシックの作曲を学ぶ一方で、自分なりの音の道を模索。その答えを探しに行ったのがロサンゼルスだった。そこでボイストレーニングを受けながら作ったデモテープが音楽関係者の耳に留まり、日本での歌手デビューの運びとなった。以後の活躍は誰もが知るところ。20年以上に渡ってレコーディング、コンサートを続けている土台を作ったのは、幼少期の練習だという。
「スポーツ選手がそのスポーツを小さい頃から好きで、練習も大好きという話をインタビューなどで見聞きすると、うらやましいですね。『それは、練習も進むでしょう』と思っちゃう。私は練習がいやでしたから。『練習をしなければ遊びに行っちゃダメ』と厳しく言われて……。でも、毎日、毎日練習するうちにそれが習慣になり、練習を続ける力が付きました」

恒例のウィンターツアーでハイトーンボイスを堪能。ヒット曲もたっぷりと!/広瀬香美インタビュー

現在はロサンゼルスに在住。ツアーやレコーディングのない普段の日は、午前中に歌の練習、午後に作詞や作曲、楽器の練習というスケジュールを日々、守っている。ミュージシャンという自由業のイメージからは意外だが、この毎日の練習こそが、デビューから25年を経ても、コンサートでハイトーンボイスを出し切れる喉を作っているのだ。
「私にとって音楽は、愛すべき職業なんです。熱い気持ちで臨む一方、マラソンと一緒でマイペースを守ることも大切です。声を維持するために毎日、練習するのは大変なこと。だから子どもの頃の練習で努力するクセを付けてもらえたのは、今となっては宝物だと実感しています」

広瀬の鍛錬は声の維持だけにとどまらない。午後の作曲の時間の中で、行っていることの一つにビルボードチャートトップ200のチェックがある。最新の曲をチャートで追いながら分析する。その中で興味を持ったアーティストのライブには実際に足を運んでみる。ロサンゼルスという一大エンターテインメント都市にあって、先端の音楽に直に触れることで新たなインスピレーションを得ているのだろう。
こうして積み重ねてきた音楽経験に自身の人生経験や実感があいまって、広瀬ワールドが作り出される。ウィンターツアーでは新曲も披露する予定だ。
「25年経って大人になった分、歌詞もメロディのコンセプトも変わってきています。体感したことも曲にはなりますが、それだけではラブソングは書けません。本を読むなど、さまざまな経験をする中で、インスピレーションを得ています」

2018年1月から始まるウィンターツアーは「広瀬香美 Concert Tour 2018『オトナ広瀬スタイルへようこそ』」と題し、全国7都市で開催される。
「皆さんがお聴きになりたい曲が必ず聴ける構成です。新曲も歌いますし、おなじみの曲もアレンジを変えてお送りします。昔の懐かしい私を見たい方、ちょっと違った成長した私を見たいなという方。いろいろな楽しみ方をしていただけると思います」

■広瀬香美 Concert Tour 2018「オトナ広瀬スタイルへようこそ」

2018年1月27日から、東京、大阪、福岡、札幌など全国7都市で開催
詳細はこちら

 

特集

nokkoさん

今月の音遊人

今月の音遊人:NOKKOさん「私の歌詞の原点は、ユーミンさんと別冊マーガレット」

3702views

エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

その夜、バセット・クラリネットは“歌った”|エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団~バセット・クラリネットで聴く、モーツァルト『クラリネット五重奏曲』

1799views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

2819views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

11811views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7084views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

1836views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2178views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

870views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

10890views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4117views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

1973views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10248views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

2397views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

10638views

音楽ライターの眼

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

742views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

1739views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

2203views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3121views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

5007views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

1823views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

12952views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2057views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10851views