Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

2012年の突然の引退から3年の時を経て復帰、以来ライブツアーなどで精力的に全国をまわっているジャズピアニスト・大西順子さん。ジャズと出会ってから、一貫して追い続けてきた音や、20年を超えるキャリアの中で変わってきたという、音楽への向き合い方をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

アート・テイタムの『Just One of Those Things』ですね。一番聴いているかどうか、もはや定かではありませんが、常に心の中にある曲です。ジャズに出会ったばかりの高校生の頃、近所のレコード店のジャズコーナーで「名盤!オススメ!」というポップを見て聴いてみようと思ったのがきっかけです。
私が当時習っていたクラシックの曲では、片手で10度の音階なんてそんなになかったんですけど、この曲はフルに出てくるんです。それに音もひずんでいて、自分でも弾いてみたい!と思ったのですが、どうやってあの音を出していいのかわからない。当時はYouTubeはもちろんビデオもありません。レコードがすり減らないようカセットテープに録音して、そのテープがすり切れるくらい聴いたけどそれでもわからない。絶頂期のラジオでの演奏なども残っていますが、「いったい何人で弾いているんだろう?」というくらい一人で演奏しているようには聴こえない曲なんです。
どうすればあんなふうに弾けるんだろうと探る中で、ジャズを教えてくれる学校がアメリカにあると知り、そこに行けば答えが見つかるんじゃないかと思い渡米しました。だからこの曲は、私にとって原点のような曲なんです。

Q2.大西さんにとって「音」や「音楽」とは?

若いときは音楽がないといられないくらいだったんですけど、今はなくても平気ですね。逆に「音楽をとめて」ということも。楽しみのために自分から音楽を聴くことはあまりないような気がします。
これまでに演奏しすぎたし、聴きすぎたんでしょうね。アート・テイタムの和音の出し方など、細かい部分までミクロで聴き込む作業をずっとやってきましたから。今は、街なかやテレビから聴こえてきた音を自然に受け止めようというスタンス。
以前、テレビの番組でオペラ歌手の女性が歌うヴェルディの『柳の歌』が耳に入ってきて、気になったことがあるんです。そんな風に偶然知った曲を、他のミュージシャンに「こんなメロディあるよ」って薦めることもあります。
今後また間違いなく、ミクロで聴き込むようになるとも思っているんですが、今は音楽へのこだわりは希薄で、正直、銀ちゃん(愛犬・銀次郎)のほうが大事かな(笑)。

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

愛犬の銀次郎と

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

達人になってくると、みんな遊んでいると思うんです。軽々と音楽を奏でている人たちは、みんな遊んでいるように見えます。
トータルに音で遊んでいるのは、デューク・エリントンかな。自身でも言われていますが、彼にとってオーケストラは楽器なんです。大きな編成でも小さなものでも、いろいろなことができる。何もかも使いこなせて、自由自在に遊べているんです。デューク・エリントンというと、日本ではビッグバンドのイメージが強いですが、実は宗教音楽からパーカッションだけのアルバムまで、ジャンルは幅広い。彼はさまざまな音を使って、音だけで表現できる。それが遊んでいるなぁと。
私もライブのときは、思いっきり自分を解放して遊ぶように楽しんでいます。若いときよりも今のほうが遊んでいますね。もちろん、お金をいただいて演奏するという立場を選んだので、その準備はしっかり頑張っていますよ。家で練習しているときはいろいろなことを考えて、できないことがあると落ち込んだりもします。ですが、ライブの時には、全部を一旦捨てて、心底楽しんでいます。もしライブにいらしてくださる機会があったら、そんな私も含めて見ていただけると嬉しいです。

大西順子〔おおにし・じゅんこ〕
1989年ボストンのバークリー音楽大学を卒業後、プロのジャズピアニストとしてニューヨークで活動をスタート。1993年『WOW』でデビュー。1994年には日本人として初めて自己のバンドでニューヨークの「ビレッジ・バンガード」に出演。以降、人気・実力ともに、日本のジャズシーンを牽引する。2012年に引退を宣言。2015年に復帰を果たし2016年、菊地成孔プロデュースにより『Tea Times』をリリース。
大西順子オフィシャルサイト http://junkoonishi.runinc.jp/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

8318views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.5

3738views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25281views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54177views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10817views

調律師 曽我紀之

オトノ仕事人

演奏者が望むことを的確に捉え、ピアノを最高のコンディションに整える/コンサートチューナーの仕事

2825views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11140views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8906views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29692views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9057views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5302views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28967views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12024views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29692views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

4612views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

7887views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8452views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8317views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21911views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4620views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25066views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13323views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28967views