Web音遊人(みゅーじん)

異次元を疾走する山中千尋が結びつけたクラシックとジャズ

新作『プリマ・デル・トラモント』が各種ジャズ・チャートの1位に輝くなど、日本でのデビューから18年を経た現在、シーンに確固たる地位を築いた感のある山中千尋。

2005年のメジャー・デビューを記念したコンヴェンションで“噂の速弾き”を目撃して以来、圧倒的な疾走感によって生み出される異次元的な浮遊感をもたらす希有な才能に注目し続けてきた、というのがボクの彼女に対する“距離感”だったりする。

“圧倒的な疾走感”をもたらす要因として、彼女の出自である「桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科を経て桐朋学園大学音楽学部(ピアノ専攻)を卒業」が大きく関係しているのではないかと感じながらも、そう指摘すると“ジャズ・ピアニスト”として邁進する彼女のイメージがブレるので、あえて目をつぶるようにしていた自分がいたかもしれない。

ところが、当の本人が2013年にリリースした『モルト・カンタービレ』でクラシック曲をジャズに料理してしまうということを始めてしまったものだから、つぶった目も開かないわけにはいかないというもんだ。

とはいえ、彼女のアルバム制作は1作ごとにテーマの独立性が強く、当時は一過性であることも否めないと静観──いや、正直に言えば見逃してしまっていたのだが、2018年リリースの『ユートピア』で再びクラシック曲というテーマに挑んだことで、山中千尋がクラシック曲をカヴァーとしてではなく、本気でジャズの俎上(そじょう)に載せてしまおうと考えていることが“見えてきた”というわけ。

振り返れば、山中千尋は『モルト・カンタービレ』の1曲目にカプースチン作「前奏曲作品40の1(8つの演奏会用エチュードから)」を据えている。それはボクがあえてこの一連の原稿でカプースチンを取り上げるのを「いまごろ?」と見透かしていたようなものなんだけど、言い訳をすれば、その「前奏曲作品40の1」の出来があまりにも“ジャズだった”もので、興味がカプースチンに向かなかったのだ(たぶん)。

しかし、『ユートピア』の2曲目、「乙女の祈り」を耳にしたとき、そこには明らかに「前奏曲作品40の1」の影が感じられ、彼女が確信的にカプースチン的なアプローチを用いながらクラシック曲をジャズへと“転化”させようとしていることに気付かされた。

「乙女の祈り」をカプースチン的なアプローチで弾くというアイデアの組み合わせを考えた場合、そのなかに“ジャズ”という意識はかなり薄いのではないかという意見があってももっともだろう。

だからこそ、そのアンバランスさを作品の域にまで高めてしまった彼女の手腕に、また注目せざるをえなくなってしまうのだ。

「ジャズとクラシックの関係性」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

3740views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

4918views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4380views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

2724views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6413views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

8399views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

5785views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3593views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7068views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

914views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2577views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14940views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

5418views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6410views

音楽ライターの眼

ブルースの伝統を未来へと受け継ぐ2大アーティスト、クリストーン・“キングフィッシュ”・イングラム&セバスチャン・レイン

2785views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

3008views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5349views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

72786views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

10227views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3704views

ヤマハリコーダー

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

74569views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2167views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14940views