Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.9

2017年後半にリリースされた気になるデュオ・アルバムの紹介を続けよう。

ジャズとデュオの新たな関係性を考える
楠井五月&ウラジミール・シャフラノフ『楠井五月&ウラジミール・シャフラノフ』

ウラジミール・シャフラノフは、1948年にソ連のレニングラード(現・ロシア・サンクトペテルブルク)で生まれたピアニスト。

1970年代にイスラエル~フィンランドへと移住し、以降は西側で活動を展開する。1980年代にニューヨークへ進出すると、ソ連で鍛えたテクニックとセンスを活かしてトップ・ミュージシャンの仲間入りを果たし、ピアノ・トリオのひとつの“美学”を打ち立てた。

日本でもこうした活動がマニアのあいだで注目され、1990年代になって本格的に紹介されると、一気にオーセンティックなピアノ・ジャズの第一人者的な存在となり、現在に至っている。

その彼が、日本ツアーでの共演者としてお気に入りなのが、1985年生まれのベーシスト、楠井五月。

このアルバム企画もまた、表面的には“胸を借りる”的な構図になっているのだけれど、貸す側のレジェンドが決して“受け身”をとろうとしないところに、デュオの妙味が出ていると言える。

伝統なんてあってないようなものなのがジャズなのだから……というニュアンスがシンプルに伝わってくるのも、デュオだからなのかもしれない。


 

ジャズとデュオの新たな関係性を考える
福田重男&布川俊樹『Old Boys’ Dreams』

福田重男と布川俊樹は、いずれも1980年代から日本のコンテンポラリー・ジャズ・シーンで頭角を現わし、それぞれがリーダーとして独自のサウンドを追求する活動を続けてきた。

“それぞれがリーダー”ということは要するに、「君が左へ行くなら僕は右だね」という関係だったわけだ。

それが2011年、『Childhood’s Dream』というデュオ・アルバムをリリースするまでに接近する。本作はその“第2弾”になるわけだが、それはまた、左右に分かれてひと回りし、再び一緒に音を出すことが“同窓会的なノスタルジー”(これももちろん否定しないが)だけでなく、お互いの異なる道程を総括するだけでもなく、“場”を共有できるという可能性に気づいたからこその“続編”と見ることができる。

つまり、かつては“場”を違えなければ具現できなかった「君が左へ行くなら僕は右だね」が、30年という“時間(とき)”を経て“場”を共有しても具現できるようになったことを意味している。

このアルバム、実は純粋な2人だけの“デュオ”ではなく、バンド編成での曲も収録されている。でもそのバンド・ヴァージョンが“過去分”を背負ってくれているおかげで、2人だけの曲の“未来分”が浮かび上がってくるわけだ。

これも、ジャズのカテゴライズがこの30年で変化し、リスナーだけでなくプレイヤー側にも影響を及ぼしていることを浮き彫りにした実例といえるのではないだろうか。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

1826views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

666views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

1780views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

27452views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1505views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

2671views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

9890views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1325views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9263views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

3246views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

2947views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11332views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

8794views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

4784views

マリア・エステル・グスマン

音楽ライターの眼

ギター界の女王、マリア・エステル・グスマンが待望のスペイン作品を録音

2576views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

4338views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

2129views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

2496views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

5723views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

2947views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

725views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1691views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11332views