Web音遊人(みゅーじん)

トッレ・デル・ラーゴにある等身大のプッチーニ像

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.2

プッチーニの暮らした家は、イタリアのルッカとその周辺に残されている。生家は、ルッカ市内のポッジョ・コルテ・S・ロレンツォ通りの3階建の家。この2階全部がプッチーニ家の住まいだった。

彼は21歳までここに住んでいた。内部には幼いプッチーニが使っていた机や椅子、「トゥーランドット」の作曲に使用したピアノ、自筆譜、家族の肖像画などが展示されている。

ルッカから25キロ離れたトッレ・デル・ラーゴに出向くと、コートを着たプッチーニ像が迎えてくれる。(写真一番上)

ジャコモ・プッチーニ通りの並木道の行き止まりには、マサチュウコッリ湖の湖畔に立つ広大な庭園をもつプッチーニ邸があり、この家は「ラ・ボエーム」の印税で建てられたと伝えられている。1階はピアノのある書斎、狩りを好んだプッチーニならではの銃の部屋、その間の部屋が霊廟(れいびょう)となっている。

霊廟はプッチーニの死後、息子のアントニオが改造して作ったもので、プッチーニと妻エルヴィラ、アントニオ(1946年没)の遺骨が納められている。

なお、1920年には「蝶々夫人」の名唱で知られる三浦環がプッチーニに招待され、このヴィラを訪ねたといわれている。

美しいマサチュウコッリ湖

美しいマサチュウコッリ湖

プッチーニは1921年末、トッレ・デル・ラーゴの少し北に位置するヴィアレッジョに移った。ミケランジェロ・ブオナローティ通り209番地のレンガ塀に囲まれた瀟洒(しょうしゃ)な館で、亡くなる直前までこの家で過ごした。しかし、この家は現在トッレ・デル・ラーゴのそれとはまったく趣を異とし、手入れが行き届かず荒れ放題、内部見学も不可能である。その違いに驚かされ、また深い悲しみも感じる。

プッチーニは、「トゥーランドット」の第2幕まではトッレ・デル・ラーゴで作曲し、残りをこの家で書いている。

プッチーニがこよなく愛したルッカとその近郊の町では、毎年オペラ・フェスティヴァルや声楽コンクールが開催され、世界中の人々がプッチーニの作品を楽しんでいる。特に、毎年マサチュウコッリ湖畔で開催されるプッチーニ・オペラ・フェスティヴァルが有名である。

ヴィアレッジョにあるプッチーニ家の外観

ヴィアレッジョにあるプッチーニ家の外観

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

3936views

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

音楽ライターの眼

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

1833views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4185views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

30906views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7532views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

3044views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

4115views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2338views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6417views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

3441views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2300views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3319views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

11705views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14118views

徳永二男(ヴァイオリン)、堤剛(チェロ)、練木繁夫(ピアノ)

音楽ライターの眼

名手3人が醸し出す、音の会話の楽しさ奥深さ/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.4

1430views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2548views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

2461views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6794views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

10332views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

1939views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

34875views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1638views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13178views