Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:甲田まひるさん「すべての活動の土台は音楽。それなしでは表現にはなりません」

ジャズピアニストであり、ファッションアイコン、そして俳優と多岐にわたるフィールドで異彩を放つ甲田まひるさん。2021年11月にはEP『California』をリリースし、シンガーソングライターとしてのデビューを果たしました。そんな彼女の原点となる一曲や影響を受けた曲やアーティストとは?

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

5歳でピアノを始め、8歳のときにジャズと出合ったので、ジャンルでいうと必然的にジャズになると思います。よく聴いた曲はいろいろありますが、一番名曲だと思っているのがセロニアス・モンクの『ラウンド・ミッドナイト』です。作曲家としての能力が本当にすごい!と思わせる一曲で、マイルス・デイヴィスなどいろいろなアーティストがカバーしています。今は日常的というより「自分がもともとやっていたのは何だっけ?」と原点に返るために聴くことが多いです。一番好きなのは、ミシェル・ペトルチアーニによるアレンジ。原曲を忘れるくらいの個性があるんです。私が影響を受けたピアニストのひとりで、彼の『キャラバン』という曲もめちゃめちゃ聴きました。

Q2.甲田さんにとって「音」や「音楽」とは?

いろいろな表現があるなかで、もっとも自分を表現できるもので、それに代わるものは、まだ見つかっていません。
音楽は話すよりも早いし、音楽をやっているときはそのままの自分でいられる時間。そういった心地よさみたいなものは、ピアノを始めたときからずっと感じていました。ファッションなどほかの活動は私のなかではすべてつながっているのですが、土台にあるのは音楽。それがなければ、表現にならないと思っています。
私はずっとピアノを弾いてきましたが、『California』では初めて歌に挑戦しました。ライブをやっているうちに、もっと直接的に言葉で伝えたいという気持ちが芽生え、どんどん膨らんでいったんです。ピアノとは別のことというより、より自分が表現したいことができるのが、このタイミングでは歌でした。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

ジャズピアニストのスガダイローさんです。私はジャズを始めてからビバップを中心にやっていたのですが、同時にお母さんと一緒にいろいろなライブハウスをめぐっていました。そのなかでフリージャズのコミュニティに入れてもらうことができ、そのライブによく行った記憶があります。
なかでも、小学生のときはスガダイローさんのライブにめちゃめちゃ通っていましたね。最初にライブに行ったときには、見たこともない世界が広がっていました。腕で弾いたり、白目をむいたり。フリージャズを演奏しているとかピアノを弾いているとかとは、もう次元が違うんです。遊ぶって、こういうことだと思いました。アルバムでも何十曲ものスタンダード曲を一曲にアレンジした曲が入っていたりして……そんなアイデアは思いつかないですよね。
でも、ふつうにジャズの演奏をすると意味がわからないぐらい上手なんですよ。自分の好きなものがあってちゃんと勉強した上で、自由に音で遊べている姿がかっこいい。そう感じて憧れていました。
私も音で遊ぶことを目指しています。新しいことをやろうという意識よりは、聴いている人が退屈しないことがしたいんです。そう考えるのは、スガダイローさんはじめフリージャズの方々の人間性の影響を受けているからだと思います。

甲田まひる〔こうだ・まひる〕
2001年5月24日生まれ。シンガーソングライター、ジャズピアニスト、ファッションアイコン、俳優。小学6年生の時に始めたInstagramをきっかけにファッションアイコンとして業界の注目を集め、ファッション誌の連載やモデルとして活躍。幼少期から都内ライブハウスを中心にジャズピアニストとしての活動も行い、2018年にジャズアルバム『PLANKTON』を発表。2019年には映画『台風家族』を皮切りに俳優としての活動もスタート。2021年11月にEP『California』でシンガーソングライターとしてデビュー。
オフィシャルサイト

facebook

twitter

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

9583views

3人の名手による、親密で知性的なアンサンブル/吉井瑞穂&北谷直樹 デュオ・コンサート

音楽ライターの眼

3人の名手による、親密で知性的なアンサンブル/吉井瑞穂&北谷直樹 デュオ・コンサート

5459views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2113views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37799views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4350views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12493views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13672views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10447views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12527views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4824views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5682views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16827views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29738views

音楽ライターの眼

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

1341views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13644views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7877views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10807views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6819views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5273views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

2391views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6655views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24726views