Web音遊人(みゅーじん)

セイント・ヴィンセント

セイント・ヴィンセントが切り開くギター・ミュージックの明日

セイント・ヴィンセントのニュー・アルバム『All Born Screaming』が2024年4月にリリースされた。

2003年のデビュー以来、セイント・ヴィンセント(アニー・クラークのアーティスト・ネーム)は現代アメリカの音楽シーンにおいて特異なポジションを築いてきた。ポップでキャッチーでありながらアートでオルタナティヴな世界観を提示、ウォームなメロディとエレクトロニックなサウンドが混在する音楽性は幅広い世代の音楽ファンから支持を集め、そのアルバムは世界各国のヒット・チャートで上位にランクインしている。

より肉体的な、ロックなアプローチが取られた新作

彼女の通算7作目となるスタジオ・アルバムが『All Born Screaming』だ。

前作『Daddy’s Home』(2021)ではラウンジ色も取り入れ、ヒューマンな温かみを感じさせていたが、新作では同じ“人間らしさ”でもより肉体的な、ロックなアプローチが取られている。先行リーダー・トラックとして公開された『Broken Man』と『Flea』にフー・ファイターズのデイヴ・グロール、そして『Hell Is Near』『So Many Planets』にジョシュ・フリーズがドラマーとして参加していることで、本作のインダストリアル・ロック度アップに貢献している。

本作のミュージカル・ディレクター、そしてベーシストとして起用されたのがジャスティン・メルダル=ジョンセンだ。これまでベックやナイン・インチ・ネイルズ、POPPYなどをサポートしてきた彼を得たことも、多大な影響を及ぼしているだろう。

そしてセイント・ヴィンセントの作品で常に大きな役割を担っているのが、彼女自らプレイするギターだ。タック&パティのタック・アンドレスをおじに持つ彼女は12歳のときにギターを始め、バークリー音楽大学に進学。ローレン・パサレーリの元でギターと音楽理論を専門的に学んでいる。いわゆるギター・ヒーロー然としたテクニックをひけらかすことのない彼女だが、随所でエキセントリックかつトリッキーなフレーズを披露。初のフルレンス作『Marry Me』(2007)の1曲目『Now, Now』からしてイントロのハーモニクス、ノイジーなギター・ソロなど、ギタリストとしての才覚を感じさせるものだし、『Strange Mercy』(2011)収録の『Cruel』も彼女が非凡なポップ・ライターでありギタリストであることを証明、『Rattlesnake』(2014)やグラミー賞ロック・ソング部門を受賞した『Masseduction』(2017)も歪みまくらせたギターのフレーズがインパクトを伴っている(ほとんどキング・クリムゾン時代のエイドリアン・ブリューの“象”を思わせる)。

楽曲のクオリティを高めることを重視、ファンからすると「もっと弾いてくれ!」と言いたくもなる彼女のギターだが、カヴァー曲ではやはり弾き過ぎることこそないものの、オールドスクールなソロもこなしている。2020年にSNSで発表したジミ・ヘンドリックスの『リトル・ウィング』、2021年に複数アーティストによるトリビュート・アルバム『Metallica Blacklist』に提供したメタリカの『サッド・バット・トゥルー』などはオリジナルに敬意を表し、それでいて自分のカラーに染め上げているのが見事だ。

本作において、ギターは不可欠なもの

そんな彼女ゆえデヴィッド・バーン、テイラー・スウィフト、スワンズ、Yoshikiなど、ジャンルを超えた第一線級アーティストとのコラボレーションも実現。また、彼女のシグネチャー・モデルのギターはジャック・ホワイトやトム・モレロも愛用している。

ヒップホップやEDMの台頭により、ギター・ミュージックの占める比重は低くなったともいわれるが、彼女のようなアーティストがポップ・フィールドで成功を収めることで若い世代、特に女性の音楽ファンがギターを手にするようになったことは間違いないだろう。彼女がインタビューなどでジミ・ヘンドリックスやレッド・ツェッペリンなどに言及することで、ロック史に残る名曲が受け継がれるきっかけにもなっている。

セイント・ヴィンセント

彼女の最新作『All Born Screaming』もやはりギター・アルバムではないが、そのソングライティングとサウンド・プロダクションにおいて最も効果的な形でギターが用いられている。特に本作の“ロック路線”において、ギターは不可欠なものだ。

『Broken Man』と『Flea』はそれを代表するもので、ギター・リフが前面に出てくる。エフェクトをかけまくりで、もはやギターと判別しづらいサウンドが実に彼女“らしい”のだが、『Big Time Nothing』のファンキーなカッティングとエキセントリックなソロのフレーズ、『The Power’s Out』のドリーミーなリード・プレイのインパクト、『All Born Screaming』でのクリーンなトーンとサウンドスケープにも似たリードなど、イマジネーションに富んだギター・ワークが満載。卓越したソングライティングとサウンド・プロダクションで魅せてきた彼女がさらにギタリストとしてステップアップしたのが『All Born Screaming』だ。

これまで単独来日公演に加えてサマーソニックやフジ・ロック・フェスティバルなど、セイント・ヴィンセントは日本の大観衆を前にプレイしてきた。彼女のステージを観てギターを手に取り、明日のギター・ミュージックを作る若者がきっと現れるに違いない。


St. Vincent – Broken Man (Official)

■アルバム『All Born Screaming』

セイント・ヴィンセント

発売元:Virgin Music Group
発売日:2024年4月26日

詳細はこちら
デジタル配信はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

今月の音遊人

今月の音遊人:秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

11567views

音楽ライターの眼

弦楽器の多様なハーモニーを「あうん」の呼吸で奏でる/塩谷哲withソルト・ストリングスコンサート2020

2158views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

14379views

エレキギター

楽器のあれこれQ&A

エレキギターのサウンドメイクについて教えて!

121views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7551views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

29176views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22269views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6773views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8313views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10455views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8297views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29502views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15254views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14636views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

4782views

アカネキカク akaneさん

オトノ仕事人

楽曲のイメージをもとに、ダンスの振りを考え、演出をする/振付師の仕事

2065views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10706views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13995views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6626views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8063views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1805views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6593views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29502views