Web音遊人(みゅーじん)

ピアニストが追求し続けるピアノ表現の醍醐味/若林顕インタビュー

【優待】ピアニストが追求し続けるピアノ表現の醍醐味/若林顕インタビュー

多彩な音色と奥行きのある豊かな音楽表現を紡ぎ出すピアニスト、若林顕。ピアノで表情豊かに歌うために、またオーケストラのような立体的な表現をするために、理想の音楽を追求し、1音の響きに宇宙を宿す若林に、自身のピアニズムについて聞いた。

1987年、弱冠22歳で最難関の国際コンクールのひとつ、「エリザベート王妃国際コンクール」で第2位を受賞し、脚光を浴びた。ソリストとしてはもちろん、国内外の多数のオーケストラと共演し、また世界的な室内楽団や名手たちとも共演を重ねている。妻でもあるバイオリニスト、鈴木理恵子とのデュオ・リサイタルも好評を博し、ブラームス、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ」集をリリースするなど、いずれの分野でも作品の本質に迫る鋭い音楽性が高く評価されている。

音楽家としての根幹は、16歳からの3年間に師事した故・田村宏氏によって築かれた。「音楽を邪魔せず、音楽に合わせて弾く」ことを徹底して叩き込まれた。
「そのために必要なことの最たるものが脱力でした。放り投げた物が自然な放物線を描くのは、そこに速度や力といった人為的なものを加えていないから。フレーズのつながりも同じです。よけいな力を加えた自分勝手な音楽は、主張とか自己アピールとは無関係である、と先生はいつもおっしゃっていました。力を抜いて水に浮くかのように、バタバタせずにうまく音楽の波に乗る。考え方としてはそういうことだと思います」

ピアニストが追求し続けるピアノ表現の醍醐味/若林顕インタビュー

20代後半にさしかかり、室内楽と出会う。そして「未学習ゾーンが広大であることを知り、このままでは限界があると自覚した」という。たとえば世界的クラリネット奏者、カール・ライスターと初共演した時のこと。
「自分では柔らかい音質で弾いているのに『音が固い』、ピアニシモで弾いているのに、『それはメゾフォルテだ』と、全部ダメ出しをされました。確かに、プレイバックを聴いてみると、思っている音と出ている音が一致していない。ライスターさんの情緒あるすばらしい音に比べ、ピアノは滑稽なくらい浮いていました」
音質の種類やバランスなどを改めて勉強し直しながら、集中的に室内楽に取り組んだ。そうした時期にも、繰り返し思い出していたのは、かつて受けた田村先生の指導。それは今もこれからも「ずっと自分のポケットに入っている」と語る。

「ピアノのもつ、弦楽器的、オーケストラ的、声楽的、室内楽的な表現をぜひ味わってほしい」と語る若林。ピアニストとして追求し続けるのは「デュオなら2人、カルテットであれば4人、オーケストラ的な表現をするなら100人の感性を自分の中に持ち、それが能動的にバラバラに動いて音楽としてまとまっていく世界」なのだという。ピアニストには「そういう広さが必要」であり、そこを追求していくことに「醍醐味がある」と語る。
特にベートーヴェンのピアノ・ソナタは、かなりの音がさまざまな楽器に分類できるという。「ベートーヴェン自身も作曲する時に、頭の中でオーケストラの音楽が鳴っていたと思います。ですからシンフォニーのイメージなくして、ベートーヴェンのソナタは絶対に弾けません。ピアノを弾く方たちには、ぜひ、オーケストラをはじめとしたピアノ以外の生のコンサートをたくさん聴いてほしいですね」

2018年6月29日(金)にはドイツ・ロマン派の傑作を集めたリサイタルがヤマハホールで開催される。ブラームス『3つの間奏曲 Op.117』、シューマン『幻想曲 ハ長調 Op.17』など、若林自身若い頃から思い入れがあり、大好きだという曲も演奏。多彩な色あいに満ちた響きが客席を包み込むに違いない。

今後は、自身が「音楽家としてのバロメーター」と位置づけるバッハにも本格的に取り組んでいくという。さらに深く、そして豊かに進化し続ける若林の「常に瑞々しい旬な音楽の世界」に注目し続けたい。

<若林 顕 ピアノ・リサイタル>
日時:2018年6月29日(金)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:5,000円(税込)
曲目:J.ブラームス/3つの間奏曲 Op.117、R.シューマン/幻想曲 ハ長調 Op.17、F.リスト/巡礼の年報 第2年イタリアより、第5曲 ペトラルカのソネット 第104番、第7曲 ダンテを読んで―ソナタ風幻想曲
公演の詳細はこちら

■優待チケット特別販売

本公演の優待チケット(優待料金4,500円)を20名様分ご用意しました。ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2018年06月13日 (水) 23:59
応募はこちら

 

特集

今月の音遊人:清水ミチコさん「歌モノのネタができることは自分にとって強みです」

今月の音遊人

今月の音遊人:清水ミチコさん「ピアノをちょっと絶ってみると、どれだけ自分に必要かわかります」

19509views

音楽ライターの眼

弦楽器の多様なハーモニーを「あうん」の呼吸で奏でる/塩谷哲withソルト・ストリングスコンサート2020

2070views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

10805views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

40854views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11124views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1108views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12113views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8350views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12525views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5517views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4380views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28998views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7490views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18862views

音楽ライターの眼

ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”が創立50周年

1904views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

16174views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7767views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5726views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4298views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7584views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54245views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5194views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9608views