Web音遊人(みゅーじん)

鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン

“失われたコーヒーハウス”での演奏を追体験/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクトVol.1

7月28日はバッハの命日。この日、東京・ヤマハホールで、バッハのチェンバロ協奏曲をまとめて聴く機会に恵まれた。演奏は鈴木優人とバッハ・コレギウム・ジャパン。鈴木がチェンバロを独奏しつつ、指揮者としても楽団を引っ張った。

ドイツ中部ライプツィヒにある歴史的建造物ポーランド館には、バロックザールという広間がある。3階分の高い天井、300人ほどが着席できるスペース、部屋を彩る装飾の数々。19世紀の中頃に設(しつら)えられた建築ながら、バロック時代の香りを濃厚に漂わせる。現在は演奏会場としても使われる。

バッハはかつてライプツィヒの街で、大学生の楽団コレギウム・ムジクムの指導者をしていた。本業は教会と都市の音楽監督だが、この楽団での活動にも力を注いだ。夏はツィンマーマンのコーヒー庭園、冬は同氏経営のコーヒーハウスが彼らの演奏拠点だった。ポーランド館のバロックザールは、失われたコーヒーハウスを思わせる空間だ。ヤマハホールは、このバロックザールとよく似た大きさと音響とを持っている。

バッハは一連のチェンバロ協奏曲を、コレギウム・ムジクムの演奏会用に書いたという。だから、バッハの命日に、バロックザールによく似たヤマハホールで、彼のチェンバロ協奏曲をまとめて聴くというのは、なかなか趣深い催しだと言ってよい。

前半に1台のチェンバロのための協奏曲を3曲、後半にフルート、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲など2曲を置く。聴きものだったのは3曲目の、第8番ニ短調BWV1059Rだ。バッハはこの作品を最初の9小節までしか残さなかった。ただバッハは、同じ曲をカンタータ第35番のシンフォニアとして使っているので、それをもとに協奏曲の復元が可能だ。鈴木はこのシンフォニア、同カンタータの第2曲、第5曲を下敷きに、全3楽章を再構成した。

鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン

オーボエ(三宮正満)と通奏低音陣(チェロ・山本徹、ヴィオローネ・西澤誠治)とが、引き締まった演奏でこの復元作品の魅力を引き出した。息の勢いの推移と、息の形の移ろいとが目に見えるようなオーボエに驚かされる。それらの変化はつねに、音楽の緊張感の移り変わりに寄り添っている。

通奏低音陣は音の出端(ではな)の多様な雑音成分を駆使し、そこに多彩な音色変化を加えて、場面場面の情緒を丁寧に描き出す。弓の上下運動の力加減の差を、拍節感に結びつけるので、丁寧であっても作品の推進力は削がれない。

優秀なオーボエと通奏低音とを上下に置いたためか、チェンバロと弦楽陣は、安心してその仕事に打ち込めたようだ。その安心が、安定感とともに、とりわけチェンバロ独奏のいっそうの自由さにもつながっていたら、バッハの楽団に負けない演奏になったかもしれない。

とはいえそれは、贅沢な悩み。さまざまなチェンバロ協奏曲に彩られたこの日の演奏会で、多くの聴き手がコーヒーハウスのライブを追体験できたことだろう。

鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

 

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

10964views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.8

3013views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

34614views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

16448views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8117views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

37055views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4694views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4182views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7724views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5157views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4214views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24940views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8741views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7724views

音楽ライターの眼

連載47[ジャズ事始め]プラザ合意という国際政治経済の転換点がアジア発のジャズを生み出した!?

565views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

610views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

6418views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

9629views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6928views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4214views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

1828views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4885views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7302views