Web音遊人(みゅーじん)

藤田真央

クララ・ハスキルの覇者が魅せる古典派作品の世界/藤田真央 ピアノ・リサイタル

古典派と初期ロマン派の演奏を得意としたピアニスト、クララ・ハスキル。その名を冠した国際ピアノ・コンクールで、モーツァルトのピアノ協奏曲を含む難曲を見事に弾ききって、2017年の優勝者に選ばれた藤田真央が、今回、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトのプログラムで本領を発揮する。古典派の作品をしっかりと弾くことを意識しているという本人が、このホールのために選曲したというプログラム。たしかに、その演奏は、音の渦で圧倒していくというより、この空間の隅々までをのびやかに響いていくものだった。

1曲目はモーツァルトの「幻想曲ニ短調」。モーツァルトにしては憂いに満ちた旋律をシンプルに、ひたむきに奏でていく。暗い舞台で一人スポットライトを浴びた俳優が、そこに観客などいないかのように感傷的に語り続ける独白劇。しかし、中間部で長調に転じるや、突然、その演奏は聴衆に微笑みかけてくる。この瞬間、モーツァルトらしい明るさと優しさを取り戻すのである。

この一瞬にあらわれた優美な響きは、2曲目の「デュポールのメヌエットの主題による9つの変奏曲」で、いよいよ輝きを増す。藤田の明るく軽やかな、そしてどこまでも美しさを追求した音色は、ほとんど重力を感じさせない。低音は柔らかく、フォルテは音量ではなく音の華やかさで。そして、この軽やかさの中でも耳に残って惹きつけるもの、それが旋律である。主として高音部で担われる旋律を大事に響かせ、それを絶え間なく紡ぎ続けて中心を形成していくのである。

ベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ第31番」でもこれは引き継がれる。尖りすぎず、主張しすぎず、優しく柔らかに。苛烈さはどこにもなく、重々しささえ抑えられている。第3楽章のフーガ部分では、高音部から低音部から、交互にテーマとなる旋律を引き出す。古典派作品らしく、音楽の形式をしっかりと捉えて、それに則って音楽を紡いでいく。

後半の2曲はシューベルトの「3つのピアノ曲」と「さすらい人幻想曲」。ここにきて抑制されてきたものがようやく解放される。「さすらい人幻想曲」では、旋律を豊かな和音で包み、波のように激しさを繰り出す。それでも随所で、すっかり藤田の音色として耳に馴染んだ、あのモーツァルトの柔らかな美しい響きを木霊(こだま)させる。テクニックは完璧である。完璧なあまり、作品自体が素晴らしいのか、それとも、その卓越した技量が作品を高めているのか、もはやわからないほどである。

こうして、冒頭のモーツァルトで聴かせた語りは歌になり、歌はハーモニーになり、その響きは厚く、豊かになっていった。だが、モーツァルトの1曲が、幻想曲の名のもと、より自由で即興的な演奏を許すものだとするならば、あの一人語りこそ、奏者自身を表すものだったのではないだろうか。華麗に爽やかに最後を飾った20歳の青年の、剥き出しの一面がそこにあったように思えてならない。

永野純子〔ながの・じゅんこ〕
音楽学者。東京藝術大学大学院博士課程満期退学。ストラヴィンスキーのオペラをテーマに論文を執筆。コンサートの曲目解説のほか、東京オペラシティで毎年開催される〈コンポージアム〉の解説の翻訳なども手がける。

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

3925views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

2664views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3024views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

33351views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1555views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5618views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7151views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3474views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7862views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

3798views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4327views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17099views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

4312views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

16503views

音楽ライターの眼

Googleが浮き彫りにするAIとジャズの本質

1002views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

19694views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3486views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

8663views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7092views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2891views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

9573views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2667views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14411views