Web音遊人(みゅーじん)

沖仁さん

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

BOØWY(ボウイ)の『PSYCHOPATH』というアルバムを繰り返し何度も聴きました。ギターを弾き始めた14歳の頃のことです。それまで聴いていた音楽は親の世代の曲。泉谷しげる、RCサクセション、頭脳警察といった日本のロックなんですが、初めてリアルタイムで、自分で見つけたのがBOØWYでした。「自分にもできるかもしれない」と思わせてくれるシンプルさとカッコ良さに惹かれたんだと思います。
ドラム、ベース、ギターをほぼ全曲完全コピーし、ひとりで多重録音して喜んでました。すごく大きな達成感があったし、アーティストになるきっかけになったアルバムでもあります。
デビュー後に布袋寅泰さんとお会いする機会があり、このことを話したんです。かつて憧れたスターにこうして告白している姿を、14歳の自分に見せてあげたいと思いましたね!

沖仁さん

Q2.沖さんにとって「音」や「音楽」とは?

風のざわめき、洗濯機の回る音、お湯の沸く音…。そんな生活の中の何気ない音って心地いいなあと思います。でも、最近は街中にいろいろな音楽があふれていますよね。心地いい生活音を音楽でさえぎるのなら、思いの詰まった音楽であってほしいなと思います。
と同時に僕は、音のない、無音の状態もすごく好きです。コンサート中にも、何百人というお客さんが、一瞬、水を打ったようにシーンとなる瞬間があるんです。日本のお客さんって「ブラボー!」みたいなリアクションはあまり大きくはないけれど、ものすごく心に刻みつけて音楽を聴いている気がします。だから静寂も表現手段のひとつではないかと思うんです。
コンサートでの静寂の一瞬は、心がひとつになった感じがして、拍手喝采と同じくらい最高の賛辞じゃないかなと感じます。

沖仁さん

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

フラメンコの聖地ともいえる、スペインのヘレス(ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ)を思い出します。自分の好きなフラメンコを探し続けて、やっとたどり着いた街。この街との出会いが、僕のフラメンコの核になっています。
そこではロマ(移動型民族)の若い男の子たちが夜な夜な集まっては、仲間同士でフラメンコを踊っていました。誰に見せるでもない、純度100%のフラメンコ。それは、彼らにとって最高の遊びであり、アイデンティティであり、誇りそのものなんです。生活は貧しいけれど、自分たちのためだけに弾き、歌い、踊り続け、そこからスターも生まれたりする。彼らはもっともピュアな、まさに音で遊ぶ人たちでした。

沖 仁〔おき・じん〕
2006年、3rdソロアルバムでメジャーデビュー。2010年7月、スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア “ニーニョ・リカルド” フラメンコギター国際コンクール」国際部門で日本人初の優勝。現在はソロ活動を中心に、国内外のアーティストとの共演、プロデュース、楽曲提供等を精力的に行っている。
沖仁オフィシャルサイト http://jinoki.net/

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

14523views

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 交響曲第5番≪宗教改革≫ イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)パブロ・エラス=カサド(指揮)、フライブルク・バロック・オーケストラ

音楽ライターの眼

新メンデルスゾーン全集に根差した迫力に満ちた「宗教改革」と、研究を重ねた味わい深いヴァイオリン協奏曲

3217views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

9996views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

14143views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5480views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

4931views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6243views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

4980views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7636views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

4342views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2392views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4616views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3231views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12977views

音楽ライターの眼

連載13[ジャズ事始め]なぜ上海は“ジャズの揺りかご”となったのか?

312views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

3359views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

4342views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

3556views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

5485views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2654views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

9392views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2936views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4616views