Web音遊人(みゅーじん)

DOWNLOAD JAPAN 2019

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

2019年3月21日(木・祝)、“DOWNLOAD JAPAN 2019”が千葉・幕張メッセ国際展示場9~11で開催される。

イギリスを代表する夏フェスのひとつ“ダウンロード・フェスティバル”が日本初上陸という話題性もさながら、オジー・オズボーン、スレイヤー、アンスラックス、アーチ・エネミー、サム41といった豪華ラインナップが出演するメガ・イベントということで、空前の盛り上がりを見せている。

“ダウンロード”は2003年にイギリスで開始したハード&ヘヴィ系ロック・フェスだ。同じドニントン・パークで開催されてきた“モンスターズ・オブ・ロック”の後継フェスという性質を持ち備え、世界のトップ・バンドからカルト的支持を誇るアンダーグラウンド・アーティスト、百戦錬磨のベテランから若手のブライテスト・ホープまでが出演してきた。ブラック・サバスやアイアン・メイデン、メタリカ、ガンズ&ローゼズ、スリップノットなど、“ダウンロード”は毎年最強のロック・スペクタクルを観衆に提供している。

イギリス単独から世界へと舞台を広げ、フランス、スペイン、オーストラリアでも開催されてきた“ダウンロード”が2019年、遂に日本への進出が決定したのである。

DOWNLOAD JAPAN 2019

日本のロック・フェス史における新章となる第1回“DOWNLOAD JAPAN”だが、メインの2アーティストがこれで見納めになってしまう可能性もはらんでいる。

ヘッドライナーのオジー・オズボーンのライヴには“NO MORE TOURS 2”と副題が付けられているが、これは彼が1992年に行った引退ツアー“NO MORE TOURS”にちなんだものだ。そのときは引退を撤回したものの、今回はオジーも70歳。“ヘヴィ・メタルの帝王”の勇姿を日本で見ることができるのは、これが最後になるかもしれない。

DOWNLOAD JAPAN 2019

そしてスレイヤーである。彼らはこれが最後のワールド・ツアーだと宣言しており、フェスの告知にも“FINAL WORLD TOUR”と記されている。スラッシュ・メタルの“BIG 4”の一角を占める彼らが日本のメタル・フェスに参戦するのもこれが最後か……?と考えると、万感胸に迫るものがある。

スレイヤーは日本のメタル・フェスの重鎮といえる存在であり続けた。2001年・2002年に行われた“BEAST FEAST”フェスでヘッドライナーを2年連続務めた彼らは、“LOUD PARK”でも2006年、2009年、2012年、2015年、2017年と、ほぼセミ・レギュラーとしてメイン出演している。

何故スレイヤーはこれほどまでに日本のメタル・フェスに出演してきたか。それはまず、彼らの音楽が優れているからであることは言うまでもない。『レイン・イン・ブラッド』(1986)を筆頭に、ヘヴィ・メタルというジャンルを代表する名盤の数々を生んできた。

さらにスレイヤーは常にファンの信頼を勝ち得てきたバンドだ。メタル・バンドはしばしばメインストリームの“売れセン”に転んだり、“実験的”なことをやってみたりするものだが、彼らは脇目も振らず、ヘヴィでエクストリームな路線を突き進んできた。

また、スレイヤーはコスト・パフォーマンスが良いバンドでもある。海外のメタル・フェスには7万人から10万人を動員するものがあるのに対し、日本国内では2日間で2万から3万人と、どうしても規模が小さくなってしまう。そのためメタリカのようなギャラの高いバンドをフェスに迎えるのは難しかったりする。人気があって“格”も申し分なく、ギャラが高すぎず、観衆に100パーセント以上の満足を与えるスレイヤーは、まさに理想的なヘッドライナーなのだ。

“DOWNLOAD JAPAN 2019”でのスレイヤー来日ライヴは“FINAL WORLD TOUR”と銘打たれているが、”最後の日本公演”と決まったわけではなく、もしかして地球を一周してもう一度日本に戻ってくる可能性もある。ただ今後、日本で彼らのステージを見られる機会がきわめて少ないことは確実であり、今回のライヴは“必見”の2文字に集約できるだろう。

新しいメタル・フェスの始まりが、偉大なるアーティストの旅路の終わりとなるか。 “DOWNLOAD JAPAN 2019”は日本のメタル史上の一大ターニング・ポイントとなる。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

8799views

音楽ライターの眼

連載7[ジャズ事始め]民間初の常設舞踏場が担った日本のジャズ文化発信

1488views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2913views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

21685views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

4623views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

9712views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13717views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4000views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6869views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8361views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5400views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19017views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6125views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10006views

2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ

音楽ライターの眼

2017年ゴールデンウィーク直前を彩った日本武道館3連戦/ポール・マッカートニー、ドゥービー・ブラザーズ、サンタナ

3210views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5274views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

394views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

10633views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

5169views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3190views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

9334views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4382views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6454views