Web音遊人(みゅーじん)

連載21[ジャズ事始め]空前のジャズ・ブームの陰で“新しい発見”を求める同志が出逢っていた

穐吉敏子が、当時の日本のジャズ・シーンとは別の道を模索するため、アメリカへ旅立つ前の1953年(昭和28年)。

彼女が新たに作ったバンド、コージー・クァルテット(第2次)にひとりの若いサックス奏者が加わった。まだ20歳になったばかり。高校卒業後に栃木・宇都宮から親に2年という猶予をもらって上京し、東京や横浜の外国人向け社交場や箱根のホテルなどへの出演でメキメキと頭角を現していたのがその人、渡辺貞夫だ。

「渡辺貞夫は、私の知る限りでは、日本で最初のチャーリー・パーカー系統のプレイヤーで、音はどちらかというとジャッキー・マクリーンに近かった。素晴らしいテナー・サックス奏者、ジェイムス・ムーディが『アイム・イン・ザ・ムード・フォー・ラヴ』という流行歌を使った『ムーディズ・ムード・フォー・ラヴ』という演奏があったが、それをそっくりそのまま演奏していた。そのようなプレイヤーは当時、彼一人だったように思う」(引用:穐吉敏子『ジャズと生きる』岩波新書)

ところで、コージー・クァルテットの“cozy”とは「和気あいあい」を意味する。このころの穐吉はそれまで夢中で練習に励んでいたスウィング・スタイルから、輸入され始めたビバップ・スタイルへと興味が移り、「毎日毎日ダンスのための演奏をするのが嫌になってきていた」(引用:前掲書)という心境だったようだ。

自分が興味をもったスタイルのプレイを披露できる場はほとんどなく、強行すればクビになるという繰り返し。渡辺貞夫も同様で、こうした“志はあるが不遇な演奏家”にとっての“居心地の良いバンド”を作りたいという穐吉の想いが吐露されたネーミングだったのではないだろうか。

渡辺貞夫側から見たコージー・クァルテットは、「(その演奏スタイルは)ビ・バップから抜け出たものであり、マイルス・デヴィス九重奏団による『クールの誕生』やMJQの一連の演奏に注目し、グループ・サウンドの重要性をしきりに説いてい」て、「入ったときは夢中で、毎日が新しい経験の連続だった。毎日毎日、自分が進歩していくのがわかるという感じで、日々新しい発見があり、勉強することも山ほどあった」(引用:渡辺貞夫『ぼく自身のためのジャズ』徳間文庫)と、共感していたことが伝わる文章でその印象を綴っている。

ちょうどこの時期、日本では“空前の”と形容されるようなジャズ・ブームが巻き起こっていたのだけれど、前述のようにブームのそれとは異なるスタイルに傾頭していた穐吉敏子や渡辺貞夫にスポットライトが当てられるわけではなかった。

そのことが本稿のテーマに深く関係していそうなので、次回からそのあたりを掘り下げてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

2151views

ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

音楽ライターの眼

2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンの歴史を俯瞰する名演集

3946views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

26577views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14838views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5372views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

10142views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9597views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4624views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21855views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

7059views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

3942views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6712views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8313views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9834views

音楽ライターの眼

UKパンク・ロックの伝説ザ・ダムドがオリジナル編成で2021年に復活

2384views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

4621views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4110views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

14437views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9634views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5873views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

18788views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5861views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19674views