Web音遊人(みゅーじん)

FUJI ROCK FESTIVAL’19開催。多彩な顔ぶれと新しい発見への旅

2019年7月26日(金)27日(土)28日(日)、新潟県・苗場スキー場で「フジ・ロック・フェスティバル’19」が開催される。

1997年に第1回が行われて、これが23回目。1年の生活サイクルをフジロック中心にする熱心な”フジロッカー”も多く、毎年の出演ラインナップは死活問題ですらある。

2018年はボブ・ディランからケンドリック・ラマーまで、半世紀の年齢幅のある出演アーティストで楽しませてくれたが、2019年もベテランからブライテスト・ホープまで、多彩な顔ぶれが名を連ねている。

最大のステージであるグリーン・ステージのヘッドライナーは、まず26日(金)がケミカル・ブラザーズ。1990年代前半から活動、フジロックには1999年の初参加から数年ごとに出演してきた、”準・常連”だ。2015年には競合フェス(?)の「サマーソニック」に登場、すわ移籍か……!?とファンを驚かせたが、満を持してフジロックに帰ってくることになった。

20年以上、世界のフェスで大観衆を踊らせてきた彼らのライヴはファッションやトレンドを超えて、我々のダンス本能を刺激してやまない。

27日(土)のヘッドライナーはSIA(シーア)だ。オーストラリア出身のシンガー・ソングライターでありプロデューサーの彼女はクリスティーナ・アギレラ、デヴィッド・ゲッタ、フロー・ライダー、リアーナ、マルーン5などと共作/共演/楽曲提供、自らのアルバム『ウィー・アー・ボーン』(2010)『1000フォームズ・オブ・フィアー』(2014)『ディス・イズ・アクティング』(2016)も連続ヒットさせるなど、まさに現代のポップ・シーンの台風の目となっている。シンガーとしてのずば抜けた実力はもちろん、奇抜なヴィジュアルやジャケット・アートでの変顔など、キャラ立ちまくりな彼女のアイデンティティが野外ライヴでどのように生かされるか?

最終日の28日(日)を締めるのはザ・キュアーだ。2007年と2013年にフジロックでグリーン・ステージのトリを務め、後者の3時間におよぶグレイテスト・ヒッツ・ライヴが伝説となった彼らが帰ってくる。フジロックに先駆けて、5月にはオーストラリアで『ディスインテグレーション』(1989)の30周年記念再現ライヴを行うことが発表されており、日本でも同作からのナンバーが多く披露されるかも。また、11年ぶりとなるニュー・アルバムも噂されており、ひょっとして新曲も聴けるか……?と期待が高まる。

もちろんヘッドライナーだけでなく、3日間、ノンストップで音楽に身を委ねることができるのがフジロックだ。

ライヴが複数ステージで同時進行するため、自分が見たい・聴きたいアーティストを事前にピックアップしておきたいが、オススメしたいのがゲイリー・クラーク・ジュニアだ。アメリカの伝統的ブルースが血を流れる彼は21世紀のブルースマンと呼ばれており、エリック・クラプトンやデイヴ・グロール、バラク・オバマ元米大統領など著名人にもファンが多い。日本では2013年にショーケース・ライヴで初来日公演が実現したが、ブルースを踏まえながらソウルやジャズ、ホップホップを交えたサウンドは唯一無二のものだった。それから旅路を経てきたジャーニーマンの彼が見せるステージは、見逃すことができない。

新世代ギター・ミュージックの旗手CHONが再来日を果たすのも必見だ。既存のスタイルに囚われることなく、奔放にギターを弾きまくり、あらゆる音楽スタイルを取り込む姿勢は、ポリフィアやインターヴァルズ、アニマルズ・アズ・リーダーズなどと共にひとつのムーヴメントを成している。2017年の初来日公演も成功を収めており、現在ひとつの岐路に立っているギターという楽器の現在、そして未来を知る上で、CHONは最重要バンドのひとつである。

総勢150アーティストが出演するフジロックゆえ、必ず新しい発見が待っている。例年についても言えることだが、フジロックで注目アーティストというのは、”自分の知らないアーティスト全部!”なのである。

■フジ・ロック・フェスティバル’19/FUJI ROCK FESTIVAL’19

主催:SMASH Corporation
企画・制作:SMASH/HOT STUFF PROMOTION
日時:2019年7月26日(金)~28日(日)※雨天決行
会場:新潟県湯沢町苗場スキー場

 

特集

Web音遊人 - 牛田智大さん

今月の音遊人

今月の音遊人:牛田智大さん「ピアノの練習をしなさい、と言われたことは一度もないんです」

39632views

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.1

4770views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

32813views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

55139views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3601views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2255views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7400views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2857views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5055views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3237views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

3424views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5027views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4181views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

7440views

音楽ライターの眼

トークとピアノが心地よい、和やかな昼下がり/飯森範親と辿る芸術Vol.2

1523views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

5549views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

4590views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

10345views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7716views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4665views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

677views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2838views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17577views