Web音遊人(みゅーじん)

FUJI ROCK FESTIVAL’19開催。多彩な顔ぶれと新しい発見への旅

2019年7月26日(金)27日(土)28日(日)、新潟県・苗場スキー場で「フジ・ロック・フェスティバル’19」が開催される。

1997年に第1回が行われて、これが23回目。1年の生活サイクルをフジロック中心にする熱心な”フジロッカー”も多く、毎年の出演ラインナップは死活問題ですらある。

2018年はボブ・ディランからケンドリック・ラマーまで、半世紀の年齢幅のある出演アーティストで楽しませてくれたが、2019年もベテランからブライテスト・ホープまで、多彩な顔ぶれが名を連ねている。

最大のステージであるグリーン・ステージのヘッドライナーは、まず26日(金)がケミカル・ブラザーズ。1990年代前半から活動、フジロックには1999年の初参加から数年ごとに出演してきた、”準・常連”だ。2015年には競合フェス(?)の「サマーソニック」に登場、すわ移籍か……!?とファンを驚かせたが、満を持してフジロックに帰ってくることになった。

20年以上、世界のフェスで大観衆を踊らせてきた彼らのライヴはファッションやトレンドを超えて、我々のダンス本能を刺激してやまない。

27日(土)のヘッドライナーはSIA(シーア)だ。オーストラリア出身のシンガー・ソングライターでありプロデューサーの彼女はクリスティーナ・アギレラ、デヴィッド・ゲッタ、フロー・ライダー、リアーナ、マルーン5などと共作/共演/楽曲提供、自らのアルバム『ウィー・アー・ボーン』(2010)『1000フォームズ・オブ・フィアー』(2014)『ディス・イズ・アクティング』(2016)も連続ヒットさせるなど、まさに現代のポップ・シーンの台風の目となっている。シンガーとしてのずば抜けた実力はもちろん、奇抜なヴィジュアルやジャケット・アートでの変顔など、キャラ立ちまくりな彼女のアイデンティティが野外ライヴでどのように生かされるか?

最終日の28日(日)を締めるのはザ・キュアーだ。2007年と2013年にフジロックでグリーン・ステージのトリを務め、後者の3時間におよぶグレイテスト・ヒッツ・ライヴが伝説となった彼らが帰ってくる。フジロックに先駆けて、5月にはオーストラリアで『ディスインテグレーション』(1989)の30周年記念再現ライヴを行うことが発表されており、日本でも同作からのナンバーが多く披露されるかも。また、11年ぶりとなるニュー・アルバムも噂されており、ひょっとして新曲も聴けるか……?と期待が高まる。

もちろんヘッドライナーだけでなく、3日間、ノンストップで音楽に身を委ねることができるのがフジロックだ。

ライヴが複数ステージで同時進行するため、自分が見たい・聴きたいアーティストを事前にピックアップしておきたいが、オススメしたいのがゲイリー・クラーク・ジュニアだ。アメリカの伝統的ブルースが血を流れる彼は21世紀のブルースマンと呼ばれており、エリック・クラプトンやデイヴ・グロール、バラク・オバマ元米大統領など著名人にもファンが多い。日本では2013年にショーケース・ライヴで初来日公演が実現したが、ブルースを踏まえながらソウルやジャズ、ホップホップを交えたサウンドは唯一無二のものだった。それから旅路を経てきたジャーニーマンの彼が見せるステージは、見逃すことができない。

新世代ギター・ミュージックの旗手CHONが再来日を果たすのも必見だ。既存のスタイルに囚われることなく、奔放にギターを弾きまくり、あらゆる音楽スタイルを取り込む姿勢は、ポリフィアやインターヴァルズ、アニマルズ・アズ・リーダーズなどと共にひとつのムーヴメントを成している。2017年の初来日公演も成功を収めており、現在ひとつの岐路に立っているギターという楽器の現在、そして未来を知る上で、CHONは最重要バンドのひとつである。

総勢150アーティストが出演するフジロックゆえ、必ず新しい発見が待っている。例年についても言えることだが、フジロックで注目アーティストというのは、”自分の知らないアーティスト全部!”なのである。

■フジ・ロック・フェスティバル’19/FUJI ROCK FESTIVAL’19

主催:SMASH Corporation
企画・制作:SMASH/HOT STUFF PROMOTION
日時:2019年7月26日(金)~28日(日)※雨天決行
会場:新潟県湯沢町苗場スキー場

 

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

3577views

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

音楽ライターの眼

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

3099views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

5074views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

5805views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

2381views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

18202views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

10581views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1538views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11867views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1475views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2121views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3556views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4734views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

12118views

ルッカの生家前にあるプッチーニの像

音楽ライターの眼

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.1

7967views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

9840views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3884views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

9643views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2323views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2334views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

13158views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3589views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13863views