Web音遊人(みゅーじん)

【チケットプレゼント】音楽を糧にするとは?ピアノとは?ピアノコンクールに挑戦する4人の男女の生きざまを描く。コンクールの永遠の課題をもあぶりだす映画『蜜蜂と遠雷』

実写化困難といわれていた小説『蜜蜂と遠雷』が見事に映画化された。原作は、恩田陸が直木賞と本屋大賞をW受賞した同名の小説。新人の登竜門であるピアノコンクールを舞台に、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士の4人がコンテスタントに扮し、それぞれの悩みや課題と格闘しながら成長していく。

小説を読みストーリーを知る人たちにとって最大の関心は「おびただしい数のピアノ曲を、どのように扱ったか?」だろう。コンクールに出場する4人が3回の予選と本選で弾く曲だけでも51曲!
まず、石川慶監督のわかりやすく要所を捉えた脚本、4人の心象や思いを具現化したような選曲が素晴らしい。しかも、河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央ら、気鋭のピアニストが役になりきって演奏していて、約2時間の上映があっという間に感じられた。

松岡演じる栄伝亜夜(えいでん・あや)はかつての天才少女ピアニスト。心の支えだった母を亡くしたショックでピアノが弾けなくなり、本番を放棄して7年も雲隠れ。再起をかけた二十歳の挑戦だが、母から教わったはずの「音楽の楽しさ」も自信も失ったままだ。別の意味で「崖っぷち」は、松坂演じる高島明石(たかしま・あかし)。音楽大学で演奏家を目指したものの、結婚して楽器店で働くパパになっている。応募年齢ギリギリでの挑戦、しかも日常的に追究する「生活者の音楽」は、コンクールの求める音楽とは基本的に相容れない。
亜夜の暗く重い心を揺さぶるのが、天真爛漫な風間塵(かざま・じん)と優勝候補のマサル・C・レヴィ・アナトール。
塵は養蜂家の父とともに大自然のなかを転々とする生活を送り、音の鳴らない木製鍵盤で稽古している。このコンクールの元審査員で名手だった亡き先生からもらったものだ。応募の際に「世界は音楽にあふれている、それを奏でる人を見つけなさい」と言われたそうだ。ピュアなオーラをまとったニューフェイスの鈴鹿は、塵そのもの。
一方、名門音楽院のエリートのマサルは、なんと亜夜の幼なじみだった。マサルは偶然の再会を喜び、亜夜の背中を必死で追いかけていた幼少期を懐かしむ。奇特な人間味を、森崎がさりげなく醸す。

そんな4人の演奏がたまらない。トラウマと闘う亜夜の恐怖心、復活を目指すエネルギーなどを余すことなく表現する河村尚子。かたや、福間洸太朗が奏でる明石のピアニズムには、親子の幸せを願う家庭料理のようなニュアンスが漂う。先ごろチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で2位入賞を果たした藤田真央のみずみずしく純度の高い音色は、音楽の本質を純粋に求める塵にピッタリだ。優等生ながら師匠の教えにそむく表現をして叱られたり、リハーサルで指揮者に冷たくされたりするマサルの心を推し量った、金子三勇士の演奏も興味深い。

4人が徐々に心を通わせていくシーンにも、印象深い演奏が。例えば、月明かりの夜に、亜夜と塵がピアノ工房で連弾するドビュッシーやベートーヴェンの『月光』。ジャズのスタンダード『It’s Only A Paper Moon』を用いたアレンジが心地いい。藤田真央や福間洸太朗が録音時に出した演奏アイデアも生かされていると聞く。また、本選の出演時間が迫るなか、練習室で表現に悩むマサルを見かねた亜夜が、2台ピアノのセカンドを買って出て、プロコフィエフの『ピアノ協奏曲第二番』を一緒に稽古するのも意味深い。コツをつかんで、マサルは本番に臨むが・・・・・・。
調律師に八つ当たりする出場者がいる一方で、審査員同士で神童発掘の意義を問いかけ合ったり、コンテスタントに要らぬ忠告をする審査員がいたり・・・・・・。シビアな現実に立ち向かう亜夜はトラウマから脱却できるのか?明石の今後は?

物語が進むにつれ「コンクールを制するのは誰か」ということよりも、「このコンクールを振り出しに、4人がどう歩んでいくのか」を知りたくなる奥深い作品だ。

■作品紹介

『蜜蜂と遠雷』
2019年10月4日(金)から全国東宝系にてロードショー
監督・脚本・編集:石川慶
出演:松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、ほか
原作:『蜜蜂と遠雷』恩田陸(幻冬舎文庫)

オフィシャルサイトはこちら

■鑑賞券プレゼント

映画『蜂蜜と遠雷』の劇場鑑賞券を抽選で10組20名様にプレゼントします。
鑑賞券は全国上映劇場でご利用いただけます。
ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
応募締切:2019年9月26日(木)23:59
当選発表:チケットの発送をもって代えさせていただきますので、予めご了承ください。

応募はこちら

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

8734views

マリア・エステル・グスマン

音楽ライターの眼

ギター界の女王、マリア・エステル・グスマンが待望のスペイン作品を録音

3103views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

4689views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

33567views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1820views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

10879views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1473views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1515views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5202views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

2293views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

2752views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12646views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8407views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

5706views

カスタム・ウィンズ木管五重奏団

音楽ライターの眼

アルファ波で満たされた、心温まる冬の一夜/カスタム・ウィンズ木管五重奏団 Vol.4

1014views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

2510views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

3449views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

5966views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

1857views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

1902views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

19705views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1936views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11212views