Web音遊人(みゅーじん)

ブルース・トラヴェラー

ブルース・トラヴェラー、ルーツ探訪アルバム『トラヴェラーズ・ソウル』発表

現代アメリカ音楽シーンにおいて、ひとつの潮流として多くのファンの心を捉えているのがジャム・バンド・カルチャーである。

主題となる楽曲をステップにして、ライヴで即興演奏を交えながらロング・ヴァージョンにしていくスタイルはジャズにもあったが1960年代後半、グレイトフル・デッドやオールマン・ブラザース・バンドらがロックの世界にも取り入れていく。当初は単に“サイケデリック・ロック”と呼ばれていたが、1990年代に入ると“ジャム・バンド”という呼称が生まれ、ブルース・トラヴェラー、フィッシュ、ストリング・チーズ・インシデント、デイヴ・マシューズ・バンドなどが台頭してきた。

ジャム・バンドというスタイル

インプロヴィゼーションを多く含む偶発性の高い演奏ゆえに、ジャム・バンドは一般のロック・コンサートとは異なるライヴ文化を築いてきた。まず公演ごとにセット・リストやジャム内容が異なるため、熱心なファンは1回だけではなく、複数公演を見に行くのがデフォルトになる。グレイトフル・デッドの追っかけファンは“デッドヘッズ”と呼ばれ、キャンピングカーでツアーを追いかけることが生活の中心となる強者もいたほどだ。

スタジオ・アルバムとライヴでは演奏内容がまったく異なっており、CD/レコードとライヴを録音したテープはビジネス的に競合しない。そのため、ジャム・バンドはコンサート会場への録音機材の持ち込みを許可していることも少なくない。歓声が入らないよう録音希望の観客を特定のブロックに隔離して心置きなく録音させる“テーパーズ・セクション”を設けるバンドもいるほどだ。

(ただし多くの場合、ライヴの録音は観客が私的に楽しむ、あるいはファン同士でトレードするためだけに許可されており、テープの販売など営利行為は許されていない)

曲作りや演奏能力に加えて、一流のジャム・バンドに求められるのは、インプロヴィゼーションの“引き出し”と“対応力”である。何十分に及ぶロング・ジャムを行うのは、センスだけでは追いつかない。ロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ブルーグラスなど、あらゆるジャンルに関する深い知識と応用力が必要となるのだ。また長いツアーをしていると、同じメンバーとばかりジャムをやるのでは煮詰まってくる。時には対バンのメンバー、友人のミュージシャンなどをステージに上げ、刺激を受けることが大事なのである。

ブルース・トラヴェラーの『Traveler’s Blues』(2021)と『トラヴェラーズ・ソウル』(2023)は、彼らの“引き出し”と“対応力”が露わになったアルバムである。

1987年、ニュージャージー州プリンストンで結成したブルース・トラヴェラーはアルバム『フォー』(1994)が全米チャート8位、『ラン・アラウンド』がグラミー賞ロック部門を受賞するなど、メインストリーム市場で人気を博するが、それ以上にライヴ・バンドとしてポスト・グレイトフル・デッド候補のひとつとなる。彼らはまたジャム・バンドも多く出演する北米“H.O.R.D.E.”フェスティバル・ツアーのキュレーションを務めるなど、シーンにおいて重要な位置を占めるようになった。

ブルース・トラヴェラー

ブルース&ソウルのルーツへの旅路

近年でも北米のツアーで根強い人気を誇ってきた彼らだが、『Traveler’s Blues』ではそのルーツのひとつであるブルースをクローズアップ。フレディ・キング、ハウリン・ウルフ、リトル・ウィリー・ジョンからニナ・シモーンの『トラブル・イン・マインド』、ザ・ドアーズの『ロードハウス・ブルース』などの楽曲を独自のスタイルでカヴァー。ゲストも豪華で、ウォーレン・ヘインズ、ジョン・スコフィールド、クリストーン“キングフィッシュ”イングラム、ケヴ・モ、ウェンディ・モートンらが参加している。

このアルバムが好調なセールスを収め、グラミー賞トラディショナル・ブルース部門にノミネートされるなど高評価を得たことによるものか(それとも当初からシリーズ化するつもりだったのか)、第2弾『トラヴェラーズ・ソウル』は前作に対する“ソウル編”となった。

こちらは一言で“ソウル”といっても幅が広くインプレッションズ、アル・グリーン、パーシー・スレッジといった正統派からドクター・ジョン、アラン・トゥーサン、ザ・ミーターズなどのニューオリンズ系、ザ・ビートルズの『恋を抱きしめよう』、TLCやディー・ライトなどのよりモダンなアーティスト(とはいっても30年前だが……)などをカヴァーしている。今回のゲスト陣はシンガーが多く、アリサン・ポーター、トレインのパトリック・モナハン、ヴァレリー・ジューン、クライド・ローレンス、ライアン・ショウ、前作に続いてウェンディ・モートンなどだが、いずれの曲もブルース・トラヴェラーならではのアレンジとエモーションが込められており、彼らの多様な音楽性の“解題”というのに加えて、純然たるブルース・トラヴェラーのアルバムとしても楽しむことも可能だ。

アルバムの発売を待たずして、バンドはツアーに出発。北米をサーキットしているところだ。彼らの次なるステップがルーツ探訪第3弾アルバムか、それともオリジナル新作か。あるいはスタジオ作品にこだわることなく、ライヴでのジャムを追求していくかも知れない。いずれの道を往くにしても、我々はブルース・トラヴェラーの旅路に注目せねばならない。


Blues Traveler “Qualified”

■アルバム『トラヴェラーズ・ソウル』

アルバム『トラヴェラーズ・ソウル』

発売元:BSMF RECORDS
価格:2,200円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:家入レオさん「言葉に入りきらない気持ちを相手に伝えてくれるのが音楽です」

7424views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

4248views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16224views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

104099views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10191views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7990views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21655views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6555views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21431views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1382views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8213views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28600views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

18927views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23156views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#014 無制限というジャズの特性を逆手に取ったカバーのお手本~シェリー・マン『マイ・フェア・レディ』編

748views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

6273views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11120views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11011views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

3350views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5206views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10014views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8225views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9425views