ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
音楽ライターの眼
ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月、初来日公演を行うことが決定した。

2011年、ドイツのベルリンで結成。壮大なスケールの大作主義は、世界中の音楽リスナーを圧倒してきた。地球誕生から肉眼で見える生物が誕生するまでの40億年、先カンブリア紀をテーマとした『Precambrian』(2007)、コペルニクスの太陽中心説(地動説)を描いた『Heliocentric』(2010)、ユダヤ/キリスト教的価値観の人間中心主義を題材とした『Anthropocentric』(2010)、地球の海層を音楽化した『Pelagial』(2013)など、地球規模の世界観を描くアルバムを発表している。あまりにスケールが大きすぎてアルバム1枚に収まりきらず、2枚に及ぶことも少なくない。

2018年11月に発売された最新アルバム『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代』においても、そんなコンセプトは貫かれている。『Precambrian』の続編的作品であるこのアルバムは、2020年発表予定の『顕生代~破壊と創生 第二部&第三部:中生代&新生代』と共にひとつの世界観を成しており、5億年前から現代に至る地球史が描かれている。

クラシック音楽ではグスタヴ・ホルストが太陽系の地球を除く惑星を題材とした組曲『惑星』を1920年に初演しているが、それに比するスケールの作品をロックで発表し続けるのがジ・オーシャンなのである。

バンドのギタリストであり創始者、そしてトータル・コンセプトのヴィジョンを担うリーダーのロビン・スタップスは、ジ・オーシャンを単なるロック・バンドでなく、”コレクティヴ(集合体)”と定義している。音楽作品の発表やライヴ・パフォーマンス、ビデオ、ウェブ媒体、他アーティストの作品もリリースする「ペラジック・レコーズ」運営など、多彩なアート表現が行われており、『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代』のジャケットにはこれまでの”The Ocean”でなく”The Ocean Collective”とはじめてクレジットされている。

そんな彼らのライヴ・パフォーマンスを、ロビンは「別世界に沈んでいく1時間半のエクスペリエンス」と表現する。ヘヴィでダイナミックなサウンドに加えて、ライティングやストロボ・ライトを駆使してヴィジュアル的にも魅了するライヴは、ヨーロッパや北米のアンダーグラウンド・シーンでカルト的な支持を得ている。そのスケール感からすると大規模な野外フェスティバルなどが向いているかとも思われる彼らのステージだが、ロビンいわく「ジ・オーシャンの音楽をフルに体験するならクラブの単独公演が良い。俺たちは闇に属するバンドだから」とのことだ。

遂に実現することになった日本でのライヴは2019年10月6日(日)東京・下北沢ERAでのライヴ・イベント「Tokyo Jupiter Records presents JAPAMOSPHERE 2019」(スウェーデンのTengilらも出演)、そして2019年10月7日(月)東京・高円寺HIGHでのヘッドライナー・ショーという2公演。どちらもクラブ規模であり、”闇に属するバンド”であるジ・オーシャンを体感するにはベストな環境だといえる。

炭素を極限までの高圧力で凝縮させるとダイヤモンドになる。46億年におよぶ地球の歴史をロックで凝縮させたジ・オーシャンのライヴは、我々の心にダイヤモンドを輝かせるであろう。

■アルバムインフォメーション

『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代 / Phanerozoic I:Palaeozoic』

アーティスト名:ジ・オーシャン
発売元:P-VINE
価格:通常盤 2,500円(税抜)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

「Tokyo Jupiter Records presents The Ocean LIVE IN TOKYO 2019」
主催:Tokyo Jupiter Records
東京公演:2019年10月6日(日)下北沢ERA
東京公演:2019年10月7日(月)高円寺HIGH
詳細はこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 山崎智之