Web音遊人(みゅーじん)

Googleが浮き彫りにするAIとジャズの本質

前回紹介した「OUTERHELIOS」の登場より2年ちょっと前の2017年2月。

米Googleはすでに「人間とコンピューターがピアノでセッションできる新しい人工知能サービス」を発表していた。

名付けて“A.I. Duet”。

Googleが独自に組んだニューラルネットワークのうえで、これも独自に格納した膨大な楽曲データを使ってプログラムされているという。

ユーザーは、入力用に用意されたキーボードを使って演奏。すると、“A.I. Duet”がそのメロディーに対応して、掛け合いを演じてくれる。

デモンストレーションの様子はこちらのサイトに動画として掲載されているので、アクセスしてみてほしい。

解説しているヨタムさんの髪型が気になりすぎるのは別にして、おそらく12音階4〜5オクターブ程度のデータ入力に対しては、そのパターンを瞬時に認識して、過去の楽曲のなかから“A.I. Duet”が「適する」と判断したフレーズを“任意に”出力してくれるというシステムのようだ。

この“任意に”という部分が、AIの真骨頂である。

というのも、入力されるフレーズに1対1で対応する出力フレーズを用意するのであれば、それは単なるプログラミングの域を出ないからだ。

つまり、“任意に”であることがAIにとってきわめて重要であるということは、AIの在り方そのものがジャズ=アドリブの考えに非常に近いものであることを示しているのではないか──ということ。

さらに興味深いのは、この“A.I. Duet”が単なるフレーズに対する任意の反応にとどまらないことだ。

どういうことかといえば、“A.I. Duet”はGoogleの音楽AIプロジェクト(Magenta)の一環として作成されたもので、プログラムのソースコードが公開されているということに関係する。つまり、ユーザーはこの“A.I. Duet”を自分でいろいろといじくって、自分だけの反応の仕方に仕立てることができるわけなのだ。

要するに、プログラムを使って作曲をするというよりも、あるクセをもった演奏をするミュージシャンを自分のコンピューターのなかで育てていくようなものなのである。

ということは、音楽にとってAIの存在が当たり前になる時代には、コルトレーンをシミュレートした演奏をするプログラムではなく、それを超えた“自分好みのコルトレーン”が演奏してくれるプログラムを走らせて鑑賞できるようになるのだろう。

それは、ジャズのみならず音楽にとって良いことなのか悪いことなのか──。次回はそのあたりに触れてみたい。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

9650views

音楽ライターの眼

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<後編>

4357views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

6457views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2709views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13149views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9227views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22089views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6552views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12668views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7864views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5768views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24886views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13149views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22032views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#035 既存ジャズのセオリーを打ち破って生まれたヒーリング・ミュージック~チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエヴァー』編

237views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17295views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10373views

NU1XA

楽器探訪 Anothertake

アコースティックピアノを演奏する喜びをもっと身近に。アバングランド「NU1XA」

2358views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4251views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5694views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

50699views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5274views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29345views