Web音遊人(みゅーじん)

Googleが浮き彫りにするAIとジャズの本質

前回紹介した「OUTERHELIOS」の登場より2年ちょっと前の2017年2月。

米Googleはすでに「人間とコンピューターがピアノでセッションできる新しい人工知能サービス」を発表していた。

名付けて“A.I. Duet”。

Googleが独自に組んだニューラルネットワークのうえで、これも独自に格納した膨大な楽曲データを使ってプログラムされているという。

ユーザーは、入力用に用意されたキーボードを使って演奏。すると、“A.I. Duet”がそのメロディーに対応して、掛け合いを演じてくれる。

デモンストレーションの様子はこちらのサイトに動画として掲載されているので、アクセスしてみてほしい。

解説しているヨタムさんの髪型が気になりすぎるのは別にして、おそらく12音階4〜5オクターブ程度のデータ入力に対しては、そのパターンを瞬時に認識して、過去の楽曲のなかから“A.I. Duet”が「適する」と判断したフレーズを“任意に”出力してくれるというシステムのようだ。

この“任意に”という部分が、AIの真骨頂である。

というのも、入力されるフレーズに1対1で対応する出力フレーズを用意するのであれば、それは単なるプログラミングの域を出ないからだ。

つまり、“任意に”であることがAIにとってきわめて重要であるということは、AIの在り方そのものがジャズ=アドリブの考えに非常に近いものであることを示しているのではないか──ということ。

さらに興味深いのは、この“A.I. Duet”が単なるフレーズに対する任意の反応にとどまらないことだ。

どういうことかといえば、“A.I. Duet”はGoogleの音楽AIプロジェクト(Magenta)の一環として作成されたもので、プログラムのソースコードが公開されているということに関係する。つまり、ユーザーはこの“A.I. Duet”を自分でいろいろといじくって、自分だけの反応の仕方に仕立てることができるわけなのだ。

要するに、プログラムを使って作曲をするというよりも、あるクセをもった演奏をするミュージシャンを自分のコンピューターのなかで育てていくようなものなのである。

ということは、音楽にとってAIの存在が当たり前になる時代には、コルトレーンをシミュレートした演奏をするプログラムではなく、それを超えた“自分好みのコルトレーン”が演奏してくれるプログラムを走らせて鑑賞できるようになるのだろう。

それは、ジャズのみならず音楽にとって良いことなのか悪いことなのか──。次回はそのあたりに触れてみたい。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

1008views

音楽ライターの眼

国際的に活躍を続ける三浦文彰、ピアノ界の新星との共演/三浦文彰 モーツァルト:バイオリン・ソナタプロジェクト Vol.1

3886views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

14221views

ヤマハリコーダー

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

81779views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

9437views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

6346views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

11247views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2418views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13063views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

4100views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2625views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4327views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6595views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11118views

ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

音楽ライターの眼

2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンの歴史を俯瞰する名演集

2694views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

7494views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2723views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

5401views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

10037views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2351views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

20922views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2745views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4327views