Web音遊人(みゅーじん)

連載36[ジャズ事始め]アート・ブレイキーの誘いを断わった佐藤允彦の胸に去来していた想いとは?

「ボストンの“ジャズ・ワークショップ”というクラブでアート・ブレイキーのグループにsit inしたら、翌日アートから電話がかかった。次のツアーからレギュラーで入らないかという」(引用:佐藤允彦『すっかり丸くおなりになって…』1997年、メーザー・ハウス刊)

「もうずいぶん以前の話」というこの佐藤允彦のエピソード、「ボストンに来てまだ半年も経っていないとき」というから、1967年の春あたりのことだろう。

アート・ブレイキーは1919年生まれ、米ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のドラマー。

1940年代のニューヨークにおけるビバップ勃興のキーパーソンのひとりに数えられ、50年代半ばには“ジャズ・メッセンジャーズ”を結成。60年代からは新たな時代の担い手を輩出する“ジャズ養成学校”の役割を担った、モダンジャズを象徴するミュージシャンのひとりだ。

初来日となった1961年のステージでは、ニューオーリンズ・スタイルともスウィングとも違う、アフリカン・アメリカンのテイストを前面に押し出したサウンドによる熱演で観衆を魅了、日本に“モダンジャズ・ブーム”を巻き起こすきっかけを作った。

そのときのメンバーは、リー・モーガン(トランペット)、ウェイン・ショーター(テナー・サックス)、ボビー・ティモンズ(ピアノ)、ジミー・メリット(ベース)。

アート・ブレイキーは親日家として知られていたが、ボストンでsit in(シット・イン=“抗議運動としての座り込み”を指すが、音楽用語では“ステージへの飛び入り”の意で使われる)したこの日本人を差別なく受け容れ、その才能を認めて声をかけたのだろう。

1967年はジャズ・メッセンジャーズの公式なレコーディングがなかったので、前後のレコーディングからピアノのメンバー変遷を見てみよう。

1966年1月収録の『バターコーン・レディ』は、クレジットに“ニュー・ジャズ・メッセンジャーズ”とあるように、ピアノに新鋭のキース・ジャレットが参加しており、彼のレコード・デビュー作となった。

次の1970年2月収録『ジャズ・メッセンジャーズ’70』では、ピアノもジョアン・ブラッキーンに替わるなど、レコーディング空白期間に試行錯誤があったことがうかがえる。

ともあれ、そんなモダンジャズのトップ・バンドからの誘い(おそらくオーディションも兼ねていたと思われる)という千載一遇ともいうべきチャンスを得たわけだが、佐藤允彦は「丁重に」お断わりしてしまうのである。

理由を推し量るべくもないが、本稿の“仮説”をもってすれば、すでに“アメリカ人のジャズのなかで認められてもしかたがないのではないか”という“想い”をもって渡米した彼にとって、その誘いは手放しで喜べるものではなくなっていたのではないか──と思うのだ。

次回、その“想い”をもう少し掘り下げてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

11988views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が生まれるまで

3608views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

16062views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107359views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4425views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14805views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20471views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7289views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9884views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4218views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6964views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29315views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10390views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30070views

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

音楽ライターの眼

やわらかな雰囲気と強い個性で、魅力的な世界へ誘う/Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

377views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7318views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

2017views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6536views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4559views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54995views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5268views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9732views