Web音遊人(みゅーじん)

大切にしてきた一曲一曲を熱い心で歌う/紙ふうせんインタビュー

1969年に結成され、『竹田の子守唄/翼をください』で大ヒットしたフォークグループ「赤い鳥」。解散後は後藤悦治郎・平山泰代のふたりで「紙ふうせん」をスタートさせ、唯一無二のフォーク・デュオとして多くのファンに支持されてきた。

2006年から毎年開催しているリサイタル「なつかしい未来」も、2019年で14回目。息の長い活動を続けるふたりだが、2019年は「紙ふうせん」結成45周年、「赤い鳥」から50年を記念し、5年ぶりに東京公演を開催する。

今回の記念リサイタルでは、デビュー前からふたりで追い求め、掘り起こし、歌い続けてきた伝承歌の数々が披露される予定だ。

日本のフォークソングを歌いたい──そんな思いから伝承歌に惹かれたのは彼らがまだ大学生だったころ。ギターとごついテープレコーダーを抱えて高知県・梼原町に足を運び、田畑での仕事歌を取材した。デビュー後も『竹田の子守唄』のルーツを求め、ついに原曲に出合えたことも。ふたりが強い思い入れを持ち、長年にわたって集めてきた伝承歌は数知れない。

「今歌っておかなければ、歌い手さんが消えて、それとともに歌も消えてしまいます。せめて、私たちがレパートリーにしたものを歌い継いでいってほしいという気持ちはあります」

ハートフルな声で伝承歌を歌い上げてきた平山はそう話す。後藤も同じ気持ちだ。

「伝承歌の多くは仕事歌。一番まで歌ったらこれだけの工程が出来る。そんな仕事の段取りを決める歌でもあるんです。だから、機械化されてしまったことで、その歌はどんどんなくなっています」

そうした伝承歌を彼らの解釈で、時代の音とリズムでアレンジした楽曲は「紙ふうせん」ならではの魅力だ。今回の演奏予定曲のひとつ『もうっこ』は、青森県に伝わる伝承歌だが、ゲストミュージシャンとのアンサンブルで届けるそう。

「サラサーテなどヨーロッパのロマン派の音楽とぶつけたアレンジです」(後藤)というから、期待が高まる。

もちろん、名曲中の名曲『翼をください』も披露。1971年の発表以来、世代を超えて歌い継がれ、知らない人はいないこの曲だが、実はこの歌の本当の意味や深さを知ったのは、阪神淡路大震災のときだったという。自身も兵庫県で被災したふたりが、被災地でコンサートを行ったときのことだった。

「『翼をください』に“悲しみなどない自由な空へ”というような歌詞がありますが、そのようなものはこの世にないのだと被災したときに初めてわかりました。そして、天変地異の大変なときに歌えるこの歌の深さ、すごさを知ったんです。胸にストーンと落ちるものがありました。それで、聴きたいという人がおったら、その人に向かって歌い続けることの大切さを理屈抜きで肌で感じたというか。それをきっかけに、まだまだ歌っていかなければならない歌だなと思いましたね」(後藤)

さらに、紛争下のボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで俳句と出会い、一気に出来上がったという『虹』、「赤い鳥」時代の楽曲である『美しい星』『フィランディア』などなど。「赤い鳥」時代から「紙ふうせん」の現在まで、ふたりの熱い思いがぎっしり詰まったリサイタルになりそうだ。

「『紙ふうせん』45年、『赤い鳥』50年の歩みと会場に来てくださった方の50年、45年の歩み、そしていろいろな思い……それを会場一体となって人の声で大合唱できたらいいなと思います」(平山)

「同じ曲を何回も歌うのを嫌がる人もシンガーも多いですよね。僕らはそうじゃく同じ曲を毎回、毎年やり続けている。でもお前ら、また同じことをやっているのかというお客様はいないんですよ。本当に長いことつきおうてくれてはるみなさんに、今回はこういう形で歌わせてもらいますという気持ちですね」(後藤)

大切にしてきた一曲一曲に心を重ねて耳を傾け、そして一緒に歌うひと時を謳歌したい。


よみうり大手町ホールで記念コンサートを開催する紙ふうせんのお二人からのメッセージ

■紙ふうせん45周年 赤い鳥から50周年記念リサイタル

日時:2019年12月1日(日)17:30開演(17:00開場)
会場:よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
料金:全席指定 6,500円(税込)
出演:紙ふうせん(後藤悦治郎、平山奏代)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:清水ミチコさん「歌モノのネタができることは自分にとって強みです」

今月の音遊人

今月の音遊人:清水ミチコさん「ピアノをちょっと絶ってみると、どれだけ自分に必要かわかります」

15431views

音楽ライターの眼

ローリー・ブロックが偉大なるブルース・ウィメンに捧げるアルバム『プルーヴ・イット・オン・ミー』を発表

2068views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

12427views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

32678views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5841views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5466views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9999views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4836views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16959views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3801views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6362views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20537views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8299views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8815views

音楽ライターの眼

連載4[多様性とジャズ]「ジャズは個人主義の音楽である」という前提をルイ・アームストロングに語ってもらうための序章

270views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

11935views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3308views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

5198views

ホール自慢を聞きましょう

「ヤマハ管楽器安心アフターサポート」は、管楽器の「万が一」をサポートする心強い味方!

1246views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

3386views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

16971views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7575views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7075views