Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.12

“THE GATE”の日本ツアーを続けている野瀬栄進にボクがメールで質問した内容は3つ。それぞれの回答をまとめながら、ジャズにおけるデュオについて考えてみたい。

あらかじめ断わっておきたいのは、ボクには野瀬栄進にジャズのデュオを代表して語ってもらうつもりはもちろんなく、彼自身がデュオに対して抱いているイメージを探ることができればいいと考えていたことと、このやりとりは公開する予定でいると伝えていたこと。

では、最初の質問から。

1.デュオは野瀬栄進というピアニストになにをもたらしてくれたと考えますか?

この問いに対して彼は、「ベースがいないことで、リズムもハーモニーもその場の状況で変えることができるので、その点でこのデュオに魅力を感じました。曲によっては“扉が開いたような感覚”があったので、それでバンド名を“THE GATE”(=「門扉」の意)にしました」と解説してくれた。

また、ボクが彼らのライヴで感じていた“(野瀬栄進は)ソロとデュオを原則的に分けて考えていない”という部分に関しては、実は、ソロあるいは3人以上の編成で演奏する曲とデュオの曲は「分けている」ことを明かしてくれた。その理由は、「デュオではより自由に演奏できるものを選んでいる」からだという。

より自由である演奏者の意識が、リスナーであるボクに、ソロと“分けて考えていない”ようなイメージを与えたとも言えるのではないだろうか。

“デュオではより自由”という意味については、パーカッションというセクションの特性があったようで、「より細かいリズム、そして大きいグルーヴを重視できるようになりました」という感想から、やはり対立図式ではなく補完する位置関係がこのデュオに大きな効果をもたらしていたことがうかがえる。

2.デュオに関するピアノという楽器の有利/不利をどう考えていますか?

これに対しては、彼はデュオに関して“有利/不利”を考えてはいないとして、デュオだからできることにフォーカスしていることを明かしてくれた。編成数が少ないということは音数が少ないことであり、やれることが減ることを意味するわけだけれど、彼は逆に、自由度が増すことでオーケストラのようなサウンドへの挑戦が可能になることを指摘している。

要するに、不利に見える点を裏返せば有利になりえる、ということだ。

3.ジャズにとってデュオはどんな存在意義があると思っていますか?

非常に大雑把な質問で、インタヴュアーとしては反省しなければならないのだが、野瀬栄進は真摯に答えてくれた。曰く、デュオにかぎらずどんなユニットでも、それにしかできない表現が重要で、それを求めるかぎり“存在意義”がある――という持論を語ってくれたのだ。

そのうえで、デュオは2人という最小編成のバンドであり、だからこそ信頼関係の占める割合も多くなること、また継続してこそ掘り下げられる音楽的要素も多く、それだけに「2人のケミストリーがばっちり合った瞬間に、この2人でしか表現できない領域に達することができる」のだと、武石聡という理解者を得て続けてきたからこその“デュオ感”で、この質問に対する答えをまとめてくれた。

次回は2017年後半の話題作2枚を取り上げ、新デュオ論のまとめへと向かっていきたい。

<続>

ジャズとデュオの新たな関係性を考える<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

9202views

萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

不可思議な靄(もや)のなかを導かれるような時間/萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団スペシャル・コンサート

1115views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

7507views

ヤマハリコーダー

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

72811views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

2430views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

3886views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

9511views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

2952views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

14855views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6085views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2376views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12437views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

2430views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

6001views

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

2334views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

2913views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1575views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3712views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2553views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2497views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

10907views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2552views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3775views