Web音遊人(みゅーじん)

人類がなぜギターという楽器を愛してきたのか、その理由を垣間見た/Acoustic Guitar Festival LIVE -Yamaha Acoustic Mind 2020 Ginza Special Vol.2-

芳醇で鮮烈、時に甘く、そして力強い。ヤマハ銀座ビルの10周年を記念して開かれた「Acoustic Guitar Festival」(2020年1月24~26日)の最終日。最後に行われた「LIVE -Yamaha Acoustic Mind 2020 Ginza Special Vol.2-」は、アコースティックギターや弾き語りの魅力が余すところなく発揮された公演だった。

ギターの歴史は8世紀ごろにさかのぼるというが、躍動感あふれる演奏を聴いて、この楽器を人類が進化させてきた理由がなんとなく飲み込めた。豊かな響きに惹かれるのはもちろんだが、手軽に扱えることも魅力の一つだろう。演奏しながらステージ上を歩き回ることができるし、何よりも弾きながら歌える。サクソフォンでは歌えない。ピアノは歌えるが動き回れない。旋律や音色にじっと耳を傾ける静的な演奏でも、抜群の表現力がある。

ライブは午後5時に始まった。チケットはソールドアウト。出演アーティストは、ISEKI、磯貝サイモン、瀬川あやか、徳岡慶也と三浦拓也のインストデュオ「DEPAPEPE」といういずれも独自の音楽観で熱狂的なファンを獲得してきた面々だ。

「トップバッターは私だ!」。瀬川が観客約100人の前に登場すると、元気に声を張り上げた。ギターをかき鳴らしながら、ハリのある伸びやかな声で『おおきなラメ光る爪に星』を歌いだす。

音響の良さで知られる会場の「ヤマハ銀座スタジオ」(ヤマハ銀座ビルB2F)は、天井が高さ約6m、広さ13m×9.45mというコンパクトな空間。客席最後尾からステージまでは8mもない。それが、瀬川の圧倒的な声量で満たされ、一層親密な空間へと転化する。瀬川が客席に語りかけた。「いま熱いんですけど」。この時間帯の都心の気温は6℃未満。真冬の寒い一日だが、会場は汗ばむほどの熱気だ。

次はDEPAPEPEの2人だ。今回の公演は、アコースティックギターがテーマ。特に、彼らの演奏に歌は入らない。優しい弦の響きが、周囲の空気をやわらかく変えていく。トークで三浦が「シンガーが歌っているのをギターで弾いている、そんな気持ちで演奏しています。静かに聴かなくてもよいですよ」。三浦に促され、4曲目の『FLOW』からは軽快な曲調にあわせ、観客の手拍子が会場を包んだ。

3組目の磯貝は、パワフルな音の世界へと観客を誘う。1曲目の『ほくろときみのラブストーリー』ではハーモニカを交えて歌い、他の曲ではキック音も入れるなど多彩な表現で魅了する。演奏の合間には「磯貝サイモンは本名です。父親が(サイモン&ガーファンクルの)ポール・サイモンが大好きで。子供のころは大変な苦労をしまして(笑)」と自己紹介。そして、最後の『暗闇にセイハロー』を披露する際、次の出番のISEKIをステージに呼び込んで一緒に歌うエンターテイナーぶりで会場を沸かせた。

トリを務めたISEKIの歌と演奏を一言で表現すると「男の色気」だろうか。とにかく、声もギターも強く音量が大きいのに、艶やかに伝わってくる。1曲目の『Parade』から2020年1月22日リリースの『ハレルヤ』までの5曲を、感情をたっぷり込めて歌い上げた。

圧巻は、出演者全員によるセッション。ISEKIが出演者を一人一人呼び出し、紹介していく。「このメンバーで夏曲を歌います。夏を感じたいですか!」。そうISEKIが呼び掛けて歌いだしたのが、かつて活動していたユニット「キマグレン」の大ヒット曲『LIFE』だった。「ハーイエ、イエイエイエ!」。出演者と観客の声が重なり、一体感が醸成されていく。

全22曲で午後7時終演予定が1時間もオーバー。ギターの力強い響きと熱い歌声の余韻が心地よい。ヤマハのギターを使っている出演者たちからは「ヤマハ愛」が何度も語られた。寒風が吹く銀座の街に出たあとも、身体に温もりが残る感動的なライブだった。

堀晃和(ほり・あきかず)
ライター&エディター/1968年生まれ。記者歴27年、元産経新聞文化部長。新聞社時代は、主に文化部で文化全般を担当し、2019年11月末で退社した。映画と音楽と酒文化が守備範囲。アナログレコードやカセットテープも聴くオーディオファン。2020年1月からは「ぴあ」の水先案内人として映画評を執筆している。

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:荻野目洋子さん「引っ込み思案だった私は、音楽でならはじけることができたんです」

5488views

音楽ライターの眼

クイーン、デヴィッド・ボウイ、デフ・レパードも絶大支持。モット・ザ・フープルが歌い続ける“ロックンロール黄金時代”

600views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

7577views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

18310views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3327views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

38792views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

10995views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1348views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10927views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

6420views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

6252views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25622views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9468views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9290views

音楽ライターの眼

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、“本物の”『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』が半世紀を経て初公式リリース

457views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

15000views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

3600views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

12005views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15113views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4427views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15503views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7437views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25622views