Web音遊人(みゅーじん)

没後100年の巨匠に捧げた寸分の隙もない妙技と新境地の数々/カリスマ・バイオリニスト、石田泰尚×10人のヴィルトゥオーゾによるアンサンブル『動物の謝肉祭』

2021年は近代フランスの巨匠サン=サーンス(1835~1921)の没後100年。J.S.バッハやベートーヴェンなどのドイツ人作曲家に影響を受けた彼の精密かつ明晰な作風は、母国のエレガントな音楽とマリアージュすることで唯一無二の傑作を数多く生み出すことに成功した。そんな業績を顕彰する注目の公演を聴いた。

主宰者は、バイオリニストの石田泰尚。神奈川フィルや京都市響のコンサートマスターを務め、現在は自身の弦楽アンサンブル「石田組」などでも輝くカリスマだ。今回はそんな彼が信頼を寄せる10人の名手と共に4つの作品を披露してくれた。

前半の幕開けは、石田&安宅薫(ピアノ)の『死の舞踏』。詩人カザリスの幻想的な詩を題材にした交響詩で、真夜中に始まった骸骨たちの舞踏会が次第に盛り上がるも、暁の鶏の鳴き声が響くと墓穴に逃げ去る様子が描かれている。石田はこの夜、実によく弾き込んだと思われる冷徹な妙技を展開。緩急をさほどつけず、一気呵成に駆け抜ける死神には凄みがあり、この作品の恐ろしさに新たな角度から迫ることに成功していたと思う。

続くクラリネット・ソナタは、名古屋フィルの首席クラリネット奏者ロバート・ボルショスと石岡久乃(ピアノ)のデュオだったが、こちらも知的で見通しのよい解釈が秀逸。4つの楽章に自分の人生を重ねたと言われる最晩年の傑作を、深く澄んだ音色とキメ細やかな超絶技巧で一筆書きのように描き切り、終演後のコメントで、「生涯吹き続けていきたい」と語っていたのも印象的だった。

この後、前半最後に演奏されたのが、石田、塩田脩(バイオリン)、中村洋乃理(ビオラ)、西谷牧人(チェロ)の「石田組」メンバーが弾く弦楽四重奏曲第1番。演奏機会が稀で、石田たちも今回が初演奏とのことだったが、実演は長年愛奏してきたような充実の極み。大バイオリニストのイザイに捧げられたこともあり、第1バイオリンが全編に渡り活躍するのが特徴だが、彼らはソロと伴奏の協奏曲ではなく、あくまでも4人が対等に対話する室内楽として織り上げてみせる。結果として、作品の魅力である後期ロマン派的な耽美的な情緒と、ドイツ風の骨太な骨格がみごとに浮かび上がっていたのが素晴らしかった。

そして、休憩を挟んだ後半にトリを飾ったのが、上記6人に米長幸一(コントラバス)、瀧本美織(フルート)、服部恵(グロッケンシュピール)、関聡(シロフォン)を加えた組曲『動物の謝肉祭』。私的演奏会のために書かれた全14曲からなるが、大半がパロディだったことから、作曲者の生前には第13曲『白鳥』以外の演奏が許されなかったという。この夜の10人は名手揃いだったこともあり、各曲のウイットやユーモアに絶妙なバランス感覚でスポットライトをあててゆく。中でも、最大のパロディである第12曲『化石』から、エレガントな『白鳥』、第14曲『終曲』の大団円へと繋げていく際の序破急が圧巻で、満場の聴き手が「これぞ石田節!」と唸らずにはいられない、寸分の隙もない切れ味と充実のひとときに酔いしれていた。

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

三浦文彰

今月の音遊人

今月の音遊人:三浦文彰さん「音を自由に表現できてこそ音楽になる。自分もそうでありたいですね」

2551views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#019 編集を加えてまでアドリブ至上主義に抗ったオリジネーターの矜持~セロニアス・モンク『ブリリアント・コーナーズ』編

699views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13809views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

25763views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7412views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5824views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8011views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13315views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10959views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6276views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6549views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28952views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7412views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10959views

音楽ライターの眼

1980年へのタイムマシン。レッド・クロスのデビュー40周年を記念してEP『レッド・クロス』新装再発

2753views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6716views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9403views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

23756views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18644views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7569views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4243views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6639views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28952views