Web音遊人(みゅーじん)

今だから歌えるようになった歌もあるし、歌いたい歌はまだまだいっぱい/渡辺真知子インタビュー

元号が令和に変わって迎えた最初の新年。渡辺真知子の『唇よ、熱く君を語れ』のカバーソングが化粧品会社のコマーシャルソングとしてテレビで流れ、オリジナルを知るファンのみならず、カバーソングで初めてこの曲を聴いた若い世代の間でも大きな話題となった。令和の時代に、テレビから流れる昭和の曲に人々が心を動かされたのだ。
「元気になりたいという気持ちがみなさんの中にあって、曲と合ったんでしょうね。私も自分の歌を今の時代に即した形にしたいと思っていたので、とても嬉しく感じました」と、渡辺は喜びを語る。
渡辺真知子が自ら作詞・作曲をした『迷い道』でデビューしたのは1977年。プロの作詞・作曲による歌謡曲が全盛の一方で、自ら曲を作って歌うシンガーソングライターの存在も注目されだしていた時代だ。
「高校生の頃から見よう見まねで曲を作り始めていました。デビューが決まって、プロとしてどういう歌を歌っていきたいかを考え、人の喜怒哀楽や心の機微を歌っていこうと作ったのが『迷い道』です。アレンジの船山基紀さんに『泣き笑いの歌ですので、サーカスのピエロのイメージです』とお伝えしたら、素晴らしいアレンジをしてくださいました」
特徴的なイントロも奏功し、『迷い道』はレコード売り上げのチャート上位に入るヒットとなった。続く2曲目の『かもめが翔んだ日』ではプロの作詞家がついた。
「曲作りに比べて詞を書くのは得意ではなかったので、2曲目にしてもうプロのかたに作ってもらえるのかと嬉しくて。詞を読んだその場でほとんどメロディができたくらいです」
1978年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した『かもめが翔んだ日』以降も次々とヒットを連発。当時、テレビ出演を断るシンガーソングライターが多くいる中、歌謡番組にも出演し、その存在を印象づけた。
「あの頃は、NHK紅白歌合戦などの歌番組を家族で一緒に見ていたんですよね。子どもからおじいちゃんまで、みんなで同じ曲を楽しんでいた時代でした」

30代に入った頃から新たな世界にも目を向けるようになった。それがジャズだ。
「(ビッグバンドの)東京ユニオンの高橋達也さんが『その声なぁ、ジャズも歌ってくれないかなぁ』とおっしゃって、ジャズの番組に紹介してくださったり、ライブでちょっと歌わせていただいたりと、少しずつジャズの世界へ導いてくださったんです。ジャズの師匠のような存在です」
自身のコンサートでもオリジナル曲をジャズアレンジで歌うなど、ジャズとの接点を持ち続け、2013年にはジャズ・ラテンのアルバム『Amor Jazz』を、続いて14年に『Amor Jazz2〜show-WA〜』、19年に『Amor Jazz3〜愛しのBIG BAND〜』をリリースしている。今や渡辺にとってジャズ・ラテンは音楽活動の軸足の一つといえるだろう。
「ジャズ・ラテンのアルバムは、最初の2枚はインディーズレーベルでしたが、無我夢中で形にしてきたことを認めていただき3枚目はメジャーレーベルから出すことができました。さらに、2020年7月にはニューアルバム『明日へ』をリリースします」

『明日へ』は、アレンジを変えた新録音の作品と、2019年に行ったオリジナル楽曲のみのコンサートのライブ音源を合わせた2枚組のアルバムだ。先述の『唇よ、熱く君を語れ』も、自らの声で140チャンネル以上を使った多重録音で収録。長年のファンはもちろん、新しいファンにも歌手・渡辺真知子のパワフルな歌声をたっぷりと届ける内容だ。
「皆さんにエールを送るアルバムになるといいなと思っています。新録音のほうは、尺八、ピアノ、チェロのトリオ『KOBUDO -古武道-』の3人や、ピアニストの榊原大さん、そして、私のコンサートでもいつもご一緒させていただいている光田健一さん、石塚まみさんなどに編曲をお願いし、ジャンルの枠を越えた歌をお届けします。50歳を過ぎた頃から自分の理想の声質になってきて、ようやく人生の機微を歌えるようになったかな。今だから歌えるようになった歌もあるし、歌いたい歌はまだまだいっぱい。今の時代に合った歌を届けていきたいと思います」
デビューから40年あまり、ポップスやジャズ、ラテンと、幅広いジャンルで“歌に込めた思い”を表現してきた。かつて「ビタミン・ボイス」と称された歌声は還暦を迎えてさらに熟成され、声と楽曲の力で元気と勇気を届け続けてくれる。

■アルバムインフォメーション

『明日へ』

発売元:ソニー・ミュージックダイレクト
発売予定日:2020年7月8日(水)
価格:4,000円(税抜)
詳細はこちら

■コンサートインフォメーション

『唇よ、熱く君を語れ2020 渡辺真知子コンサート~明日へ~』
日時:2020年11月1日(日)16:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールC
料金:1、2階席7,700円/3階席6,600円(税込)
お問い合わせ:キャピタルヴィレッジ/電話03-3478-9999(平日11:00〜18:00)
その他の公演情報はオフィシャルサイトでご確認ください。

渡辺真知子オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺香津美さん「ギターに対しては、いつも新鮮な気持ちでいたい 」

1321views

音楽ライターの眼

映画『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』の元ネタとなった轟音バンド、ジュシファーの多彩な世界

502views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2859views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

11209views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6878views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4044views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

8159views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3875views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8221views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7311views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3543views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22283views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7558views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20811views

METライブビューイング

音楽ライターの眼

METライブビューイング 2018‐19シーズン開幕

2701views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

11746views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5624views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

4701views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13889views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3643views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9466views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6651views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6339views