Web音遊人(みゅーじん)

注目のサクソフォン四重奏団が真っ向勝負で挑むデビューリサイタル/ルミエサクソフォンカルテットインタビュー

サクソフォン奏者・須川展也の門下生である東京藝術大学同窓生によって結成されたサクソフォン四重奏団、ルミエサクソフォンカルテット。
メンバーは、若き女性ソリストとして注目を集める住谷美帆(ソプラノ)、プロ吹奏楽団やオーケストラの演奏会、ソロなどで活躍する戸村愛美(アルト)、竹田歌穂(バリトン)、中嶋紗也(テナー)の4人だ。
彼女たちの演奏を聴いて、「柔らかい音色で女性らしい響きがある」と称賛する人もいれば、「華麗なドレス姿からは想像できない!」とその迫力に圧倒される人もいるのだそう。繊細な表現と力強いサウンドを兼ね備え、一度聴いたら忘れられない強い印象を与える──それがルミエサクソフォンカルテットだ。

結成は2014年。須川の勧めで4人が組み、東京藝術大学横浜キャンパスで行われる藝大生による「馬車道コンサート」に出演したのがはじまりだった。当時、中嶋と竹田は大学院1年生、戸村は大学2年生、住谷は1年生。その後すぐ、サクソフォンフェスティバルへの出演依頼が舞い込んだ。といっても、当時は“名前なき”カルテット。出演に当たって、ユニット名を決めなくてはならない。
「“ルミエ”は、光という意味を持つフランス語“ルミエ―ル”に由来しています。私たちの色を出したいというのと、皆さんに覚えてもらいやすようアレンジを加えて、短く3文字にしました」(中嶋)
「雲間から差し込む鮮烈な光のように。インパクトを与えられるサウンドを目指しています」(竹田)
燦然と“光”を放つ“ルミエ”に出演依頼は絶えず、これまでにラ・フォル・ジュルネ、東京・春・音楽祭など、多くの演奏会や芸術観賞会に出演して好評を博してきた。
なかでも2016年、一般社団法人地域創造が行う公共ホール活動事業のアウトリーチフォーラム事業派遣アーティストとして広島県で活動した経験は、カルテットを大きく成長させたという。
「そのときから、演奏力やコンサートでの振る舞い、話し方がレベルアップしたと感じています。それをきっかけにチームワークが高まりましたね」(戸村)

(写真左)住谷美帆、(写真右)戸村愛美

2020年5月7日(木)には、東京藝術大学の“ご近所”で彼女たちにとって親しみのある上野の東京文化会館で「ルミエサクソフォンカルテット デビューリサイタル」が開催される。
結成6年後にデビューリサイタル?実は、それにはちゃんとした訳がある。
「もともとは須川先生が組んでくださったカルテットであり、その後も続けていいのか手探りの状態が続いていました。でも、アウトリーチフォーラムでの活動を経て、このカルテットでやっていこうという確信がみんなの中で生まれました」(住谷)
大学院に進んだ戸村が卒業し、産休に入った竹田が復帰したのがこのタイミング。満を持してのデビューリサイタルが決定した。

プログラムは『クープランの墓』(M.ラヴェル/旭井翔一編曲)、『サクソフォン四重奏』(F.シュミット)、『Reach Out』(藤倉大)、『6つのバガテル』(G.リゲティ)、『サクソフォン四重奏』(A.グラズノフ)の全5曲。サクソフォン愛好家なら、難易度が極めて高い曲ぞろいだとお気づきかもしれない。
「デビュー6年目だからこそ、できたプログラムです。ただ難しい曲を並べただけではなくて、いろいろな表情が感じられる構成。これまでのルミエを一夜で知ることができるルミエ・ダイジェスト版です」(住谷)、「きっちり経験を積んできて、この曲なら私たちらしさが出せるという確信を持ってプログラムが組めました」(竹田)とメンバーは胸を張る。

(写真左)竹田歌穂、(写真右)中嶋紗也

一曲目に選んだ旭井翔一編曲の『クープランの墓』は、かなり挑戦的なアレンジで、高い技術力が求められる。
「だからこそ、燃えます。一曲目でエンジンがかかる」(戸村)
「元の編成と異なりたった4人で演奏するので、ひとりが何役もこなし、“仕事をしている感”があります(笑)」(中嶋)
「オーケストラの魅力も入っているアレンジで、そこも聴きどころです」(竹田)
藤倉大による現代曲『Reach Out』も、このリサイタルに、より革新的な印象をもたらす。この曲では、最初は全員がソプラノ・サクソフォンを演奏。その後、それぞれが自分の楽器に持ち替えるというユニークな試みにも挑むという。視覚的にも楽しませてくれそうだ。

「好きなことがダイレクトに伝わる楽器で、吹いていていつも気持ちがいい」(住谷)、「見た目がかっこいいし、自分の気持ちをスムーズに表現できる」(戸村)、「声楽を目指していた自分の歌心を表現できるのがサックスだった」(竹田)、「本当に音がいい楽器」(中嶋)と、それぞれにサクソフォンの魅力を感じ、高みを目指して極め続けてきた4人。その音色が重なったとき──。
「まだまだ発展の余地があるのが、カルテットのすごいところです。今回のリサイタルでは、ある意味本当のカルテットの演奏を聴いていただけるのではないかと思います」(住谷)
真っ向勝負、全身全霊で臨むリサイタル。百聞は“一聴”にしかず、だ。ぜひ足を運んでほしい。

■ルミエサクソフォンカルテット デビュー・リサイタル


日時:2020年5月7日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:東京文化会館小ホール(東京都台東区上野公園5-45)
出演:住谷美帆(ソプラノ)、戸村愛美(アルト)、中嶋紗也(テナー)、竹田歌穂(バリトン)
プログラム:クープランの墓/M.ラヴェル(旭井翔一編曲)、サクソフォン四重奏曲 Op.102/F.シュミット、Reach Out/藤倉大、6つのバガテル/G.リゲティ、サクソフォン四重奏曲 Op.109/A.グラズノフ

お問い合わせ:
ルミエサクソフォンカルテット事務局:メール
コンサートイマジン(電話):03-3235-3777

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

1227views

神保彰 ワンマンオーケストラ - Web音遊人

音楽ライターの眼

たったひとりで聴かせる驚異のオーケストラマジックに、聴衆は釘づけ!/神保彰 ワンマンオーケストラ2017 ~GINZA DE JIMBO~

6629views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

9982views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

15401views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

4416views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

1361views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1775views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4588views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

6638views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

5845views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2558views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16523views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

5401views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12937views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

3034views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

3331views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

3635views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

9041views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3218views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2471views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

14400views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

1738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16523views