Web音遊人(みゅーじん)

野球中継のテーマソングに抜擢!スポーツで、人生で、頑張っている人にエールを送りたい/トミタ栞インタビュー

野球やサッカー、そしてオリンピックなど、スポーツの中継番組では公式ソングも話題となることが増えてきた。毎試合ごと、さらには中継からコマーシャルに切り替わるごとに曲が流れることもある。スポーツ番組にとって音楽は、ドラマやアニメのテーマソングと同じくらい重要な要素のひとつなのだ。
2020年、ドラマの主演をはじめ、ドラマやアニメの主題歌を歌うなどマルチに活躍するトミタ栞の新曲『エンドレスゲーム』が、「J-SPORTS」(テレビやインターネットでも視聴できるスポーツテレビ局)の野球中継テーマソングに抜擢された。この曲は、ライブのサポートメンバーであるベーシストの木下裕晴が作曲、作詞はトミタ本人と木下の共作である。
「最初は野球に寄り添いすぎて、でき上がったものは自分の言葉ではなくなっていました。それでもう一度作り直して、野球というテーマに対して自分のことや気持ちを重ねて言い方を変えたら、しっくりきたんです」
歌詞づくりの過程をこう振り返る。歌詞を練り直すにあたって、トミタは自分の気持ちから出る単語を書き出す作業を数日間行った。「ステージ」や「太陽」「味方」などなど、思いつくままに。その中の「野球場の歓声」が自身の歌声を届ける仕事と「声」でリンクすると気が付いたことで、一気に書き上がったという。
「『エンドレスゲーム』の歌詞には、私の心を掘り下げた言葉が詰まっています。私のことを伝えつつ、いろいろなことと戦っているすべての人の背中を押せる、元気の出る歌詞に仕上がったと思います」
一人称に「僕」を使ったり、語尾を強めたりするなど、これまでの歌詞とは違う新たな表現にもチャレンジした。さらに、甲子園球児だったチーフマネージャーに“野球ファン”としての客観的な意見を求め、修正を重ねた。
「たくさんの人に聴いてもらう曲なので、自分勝手な解釈ではいけないと、丁寧に作りました」苦境にあっても前を向くようにと鼓舞するもので、野球というスポーツと人生の両方への応援と受け取れるテーマソングとなった。
「野球放送を観て私のことを調べてくれるなど、新しい方が曲を聴いてくれているのがうれしいですね」

2012年、トミタは木村カエラを輩出した音楽情報番組のMCに抜擢され、翌13年にミニアルバム『トミタ栞』でデビューしている。音楽活動を始めたのは、番組でさまざまな楽曲に触れたことがきっかけだった。デビュー当時は自分自身の歌い方を模索していたが、ラジオのパーソナリティーを務める中で、声の表現を学んでいった。さらに、コンプレックスだった声の大きさを武器に変えて、思いっきり歌い切ることで「自分らしさ」を獲得した。「今は、息の抜き方や喉の開き方など、他のミュージシャンの歌い方を見て研究しています」
トミタの少しハスキーな声はファンだけでなく、名だたるアーティストをも魅了し、大塚愛や石野卓球、ROLLY、ROCKETMANらがプロデュースを手掛けてきた。「自分の歌声は高音が強みと思っていましたが、憧れの大塚愛さんから『しおりんの低音が素敵なんだよ』と言われて、低音も意識するようになりました」と、先輩たちのアドバイスを貪欲に吸収している。

新曲発売を記念したワンマンツアー「トミタ栞 エンドレスゲームツアー」も開催予定。「VOLA & THE ORIENTAL MACHINE のメンバー楢原英介さんにサポートいただき、私のギターと合わせていろいろな組み合わせでお届けしようと思っています。ギターはまだまだ練習中で、楢原さんに教えていただいてばかりなんですけど、ゆくゆくは弾き語りツアーにも挑戦したいですね」

音楽への興味の深まりとともに、トミタ栞の表現世界はどんどん広がっていきそうだ。

■リリースインフォメーション

『エンドレスゲーム』(配信限定)

発売元:Sony Music Labels
リリース日:2020年3月20日
ダウンロードはこちら

特集

今月の音遊人:諏訪内晶子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:諏訪内晶子さん「音楽の素晴らしさは、人生が熟した時にそれを音で奏でられることです」

12137views

音楽ライターの眼

酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

3593views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

12024views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

10807views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

7858views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6823views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

12652views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5082views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6433views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

7115views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2767views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20812views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7255views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9342views

音楽ライターの眼

連載22[ジャズ事始め]上海というアジアの拠点を失った“日本のジャズ”が次に求めたスタイル

737views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3829views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2359views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

36171views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15506views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3006views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

105780views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6121views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17382views