Web音遊人(みゅーじん)

酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

前々回で取り上げた渡辺貞夫の『プレイズ・バッハ』は、ヨハン・セバスティアン・バッハの「フルート・ソナタ」を収録したものだった。

“室内楽において”という前置きは付くものの、クラシック音楽の世界でフルートは、メロディを美しく彩る“メイン楽器”としてのポジションを確立しているといっても“盛りすぎ”とは指摘されないだろう。

片やジャズにおいてはどうだろう。スウィング時代からサックスの持ち替え楽器としては一般的であったものの、大ヒット曲「カミン・ホーム・ベイビー」を収録した『ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン』(1962年リリース)でハービー・マンが脚光を浴びるまで、単独の“ジャズ・フルーティスト”は存在しなかった、と言ってもいい。

おそらく、ジャズ演奏全体の音量に比してフルートの音量が足りないために、アンサンブルを組み立てるのが難しいと考えるリーダーが多かったことから、プレイヤー側もジャズ・フルート専門であることをあきらめていたのだと推察できる。ところが、1950年代以降の音響機器の進化によって音量の問題が解決されたことに加えて、ボサノヴァなど“音量よりニュアンスを重視するタイプの音楽”にも注目が集まるようになった──といった要因が“フルートの独立”を後押ししたに違いない。

もうちょっと付け加えれば、1940年代以降のジャズ・シーンで象徴的なポジションを築き上げた、トランペットやサックスをフロントとするビバップあるいはハード・バップといったタイプのジャズに対するアンチテーゼを、フルートに担わせようとしたんじゃないかと考えたんじゃないかと考えられることも挙げておきたい。

とはいえ、背景のビートは“ジャズらしさ”を感じさせなければジャズとしてのアイデンティティを保てなくなる。そのため、クラシックで言うところのフルートらしい“鈴を転がすような”スムーズな奏法ではなく、あえて息づかいも聞こえるような奏法のほうが評価されていたと見るべきだろう。

もちろん、1960年代以降のジャズ・フルートは室内楽もフューズ(融合)して変容したので、スムーズな奏法だから“ジャズではない”という認識は薄れていた。

だが逆に、先述のアイデンティティを薄めないためにも、“クラシック的ではない”ことを前面に出すコンセプトを必要としていたと言えるかもしれない。例えばリズムを強調するアレンジや、あえて主題とは異なるコード・ワークを使うといった“変化球”を用いるわけだ。

誤解を恐れずに言えば、クラシックとは同じ土俵に上がりたくないという、ジャズならではの反骨精神のなせるわざだったのだろう。

そこで登場するのが、ジャズ・フルーティストの酒井麻生代だ。

フルートをフルートらしく演奏するジャズの登場

2016年に『シルバー・ペインティング』でメジャー・デビューを果たした彼女、フルートを始めたのは10歳で、数々のコンクールにも入賞していたから、“クラシック界期待の星”だったはずだ。

それが、大阪教育大学の芸術専攻音楽コースに進むとポップスにもレパートリーを広げ、2011年には短期ながらボストンへ留学してジャズなどの見聞を広める。

2018年にはセカンド・アルバム『展覧会の絵』を発表。どちらも、クラシックの楽曲に真正面から取り組んだ作品で、いわゆる“ジャズ側からのアプローチであることのエクスキューズ”を感じない内容となっている。

クラシックというテーマに“正面から取り組もう”が“変化球を使おう”が、それは発信者であるミュージシャンの勝手だ。

それはまた、どう受け取るかはリスナーの勝手、ということでもある。

“ジャズを聴きたい”という想いが底辺に存在するリスナーにしてみれば、中途半端なクラシックめいた音楽に付き合わされるのはまっぴら、と思うのも勝手だということなのだ。

その点で酒井麻生代は、自らの演奏をジャズという“変化球”に委ねることなく、クラシックの視点で理解した楽曲のニュアンスを表現すべく、ジャズ側の共演者と音を混じり合わせようとしている。

これは、ある意味でジャズにおける特異な立ち位置のフルートだったからやりやすかった“転身”だったのかもしれないが、だからこそはからずもジャズとクラシックの関係性にとって象徴的な役割を担ってくれた──と言えるんじゃないだろうか。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

ユッコ・ミラー

今月の音遊人

今月の音遊人:ユッコ・ミラーさん「音楽は人の心を映すもの。だからごまかすことはできません」

2080views

音楽ライターの眼

『スター・トレック』のカーク船長がブルース・アルバムを発表!?ウィリアム・シャトナー『The Blues』

2935views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

16680views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2609views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8976views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9220views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4234views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2795views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19215views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5704views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5691views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9741views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8485views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8270views

音楽ライターの眼

ロビン・トロワーとマキシ・プリーストが合体。スタイルを超えたアルバム『United State Of Mind』を発表

2265views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

8034views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1925views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13935views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7357views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4728views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

6156views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10554views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24880views