酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
音楽ライターの眼
酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

前々回で取り上げた渡辺貞夫の『プレイズ・バッハ』は、ヨハン・セバスティアン・バッハの「フルート・ソナタ」を収録したものだった。

“室内楽において”という前置きは付くものの、クラシック音楽の世界でフルートは、メロディを美しく彩る“メイン楽器”としてのポジションを確立しているといっても“盛りすぎ”とは指摘されないだろう。

片やジャズにおいてはどうだろう。スウィング時代からサックスの持ち替え楽器としては一般的であったものの、大ヒット曲「カミン・ホーム・ベイビー」を収録した『ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン』(1962年リリース)でハービー・マンが脚光を浴びるまで、単独の“ジャズ・フルーティスト”は存在しなかった、と言ってもいい。

おそらく、ジャズ演奏全体の音量に比してフルートの音量が足りないために、アンサンブルを組み立てるのが難しいと考えるリーダーが多かったことから、プレイヤー側もジャズ・フルート専門であることをあきらめていたのだと推察できる。ところが、1950年代以降の音響機器の進化によって音量の問題が解決されたことに加えて、ボサノヴァなど“音量よりニュアンスを重視するタイプの音楽”にも注目が集まるようになった──といった要因が“フルートの独立”を後押ししたに違いない。

もうちょっと付け加えれば、1940年代以降のジャズ・シーンで象徴的なポジションを築き上げた、トランペットやサックスをフロントとするビバップあるいはハード・バップといったタイプのジャズに対するアンチテーゼを、フルートに担わせようとしたんじゃないかと考えたんじゃないかと考えられることも挙げておきたい。

とはいえ、背景のビートは“ジャズらしさ”を感じさせなければジャズとしてのアイデンティティを保てなくなる。そのため、クラシックで言うところのフルートらしい“鈴を転がすような”スムーズな奏法ではなく、あえて息づかいも聞こえるような奏法のほうが評価されていたと見るべきだろう。

もちろん、1960年代以降のジャズ・フルートは室内楽もフューズ(融合)して変容したので、スムーズな奏法だから“ジャズではない”という認識は薄れていた。

だが逆に、先述のアイデンティティを薄めないためにも、“クラシック的ではない”ことを前面に出すコンセプトを必要としていたと言えるかもしれない。例えばリズムを強調するアレンジや、あえて主題とは異なるコード・ワークを使うといった“変化球”を用いるわけだ。

誤解を恐れずに言えば、クラシックとは同じ土俵に上がりたくないという、ジャズならではの反骨精神のなせるわざだったのだろう。

そこで登場するのが、ジャズ・フルーティストの酒井麻生代だ。

フルートをフルートらしく演奏するジャズの登場

2016年に『シルバー・ペインティング』でメジャー・デビューを果たした彼女、フルートを始めたのは10歳で、数々のコンクールにも入賞していたから、“クラシック界期待の星”だったはずだ。

それが、大阪教育大学の芸術専攻音楽コースに進むとポップスにもレパートリーを広げ、2011年には短期ながらボストンへ留学してジャズなどの見聞を広める。

2018年にはセカンド・アルバム『展覧会の絵』を発表。どちらも、クラシックの楽曲に真正面から取り組んだ作品で、いわゆる“ジャズ側からのアプローチであることのエクスキューズ”を感じない内容となっている。

クラシックというテーマに“正面から取り組もう”が“変化球を使おう”が、それは発信者であるミュージシャンの勝手だ。

それはまた、どう受け取るかはリスナーの勝手、ということでもある。

“ジャズを聴きたい”という想いが底辺に存在するリスナーにしてみれば、中途半端なクラシックめいた音楽に付き合わされるのはまっぴら、と思うのも勝手だということなのだ。

その点で酒井麻生代は、自らの演奏をジャズという“変化球”に委ねることなく、クラシックの視点で理解した楽曲のニュアンスを表現すべく、ジャズ側の共演者と音を混じり合わせようとしている。

これは、ある意味でジャズにおける特異な立ち位置のフルートだったからやりやすかった“転身”だったのかもしれないが、だからこそはからずもジャズとクラシックの関係性にとって象徴的な役割を担ってくれた──と言えるんじゃないだろうか。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち