Web音遊人(みゅーじん)

クラシックを時短で演奏!?12年の積み重ねと3人の真摯な気持ちが詰まったニューアルバム『JITAN CLASSIC』を聴く/TSUKEMENインタビュー

バイオリンとピアノによるインスト・トリオ、TSUKEMEN。TAIRIK(バイオリン/ビオラ)、SUGURU(ピアノ)、KENTA(バイオリン)の3人全員が音楽大学出身というプロフィールを持ち、2008年のデビュー以来、クラシック音楽を柱に据えつつ、メンバーそれぞれのオリジナル曲をはじめジャズやポップス、映画音楽、はたまたゲーム音楽やEDMまで、実に幅広いレパートリーで多くのファンを獲得してきた。ほぼ1年に1枚のペースでアルバムを発表するほか、国内外で年間50本にも及ぶコンサート・ツアーを展開するなど積極的に活動している。このたび1年ぶりに発表された新作『JITAN CLASSIC』も、彼らの魅力を存分に楽しめる好盤となった。
「JITAN」とは「時短」のこと。一曲の演奏時間が長いクラシックの作品を、聴きやすくコンパクトにまとめて届けよう、というコンセプトだ。
「そうすることで、ひとりでも多くの方に僕たちのルーツであるクラシック音楽に触れてもらいたいんです」とはTAIRIK。彼はユニットのスポークスマン的存在であり、こちらが何か質問すると、大抵の場合は彼が最初に口を開いてくれる。
「そして、ゆくゆくは元の作品も聴いてもらえるようになったら、うれしいですよね」

写真左より、TAIRIK、KENTA、SUGURU

さて、彼らのコメントとともに、アルバムを紹介していこう。2020年に生誕250年を迎えたベートーヴェンの『運命』から始まり、日本でも人気の高いドヴォルジャーク『新世界より』へと続き、2本のバイオリンで聴かせるサラサーテ『ツィゴイネルワイゼン』へ。特に『運命』と『新世界より』の2曲は、長大な原曲からエッセンスを巧みに抽出し、まさに「時短」ともいうべきコンパクトさでまとめられているのだが、物足りなさは微塵も感じない。それどころか、たった3人で演奏しているのが嘘のような音の厚みと、空間的な広がりをもって聴く者に迫ってきて、彼らの充実ぶりを感じさせる。
「冒頭の3曲は長生淳先生の編曲なんですけど、先生とはデビュー当時からの長い付き合いなので、お互いのことをわかりあえているんですよね。そうしたことがプラスに作用したのだと思います」
こう語るのはSUGURU。例えばTAIRIKが全体のコンセプトに関して語ったらSUGURUが音楽面のことに触れたり、ほかのメンバーの言葉を絶妙のタイミングで補足したりと、彼のコメントは、まるで即興演奏をしているよう。「レコーディングの現場では、マイクの位置やメンバー間の距離など、音に広がりをもたせるために試行錯誤しました」とTAIRIKが言えば、「あと、3人で10年以上活動を続けてきて、アンサンブルの中で音の長さなどの細かい表現にも気をつかえるようになってきたことが、音の厚みにつながっていると思います」と付け足したり。一歩引きつつも、絶えず全体を見ていることが覗える。
もうひとりのメンバーKENTAは、見た目ではクールでマイペースな印象だが、ひとたび口を開くと、熱い言葉が次々と飛び出してくる。
「音色やニュアンスを細部まで揃えられるようになって、演奏の自由度が格段に上がりましたね。特に『運命』のクオリティには自信があります。少人数でロビーコンサートをやったりするのにピッタリだと思いますよ」

さらにアルバムを聴き進めていこう。モーツァルトの『トルコ行進曲』とオッフェンバック『天国と地獄』をミックスした『トルコ天国地獄行進曲』、映画『ラ・ラ・ランド』の『アナザー・デイ・オブ・サン』とパッヘルベルのカノンを組み合わせた『ラ・ラ・カノン』とキャッチーなナンバーが続く。このあたりの選曲センスはTSUKEMENの真骨頂だ。
「音大の学生さんや、音楽を習っている方たちが『弾きたい!』と思えるような演奏に仕上がったと思います。楽譜も出版できたらうれしいですね」(TAIRIK)
そして、スウェーデン出身のカリスマDJ、アヴィーチー(1989~2018)『The Nights』へ。彼の曲は2019年のアルバム『時を超える絆』でも取り上げている。
「前からEDMには興味があったので、前作で思い切ってやってみたんです」(TAIRIK)
「本アルバムでは打ち込みのリズムを入れたけれど、ライブではなし。3人だけでどれだけできるか不安はありましたが、回を重ねるうちに仕上がってきました。EDMはライブで育てて自分たちのものにしたジャンルだといえますね」(SUGURU)

2019年6月、東京オペラシティ コンサートホールにて

アルバムの後半は各メンバーのオリジナルが並ぶ。「生命の誕生や輝きをテーマにしました」というSUGURUの『Starlight Ocean』はファンタジックな響きが印象的。そしてKENTAによる『5 Red Chateau』は5拍子のリズムに美しい旋律が乗るジャジーなナンバーだ。
「5拍子の曲は『テイク・ファイブ』に代表されるように、グルーヴが前面に出てくるものが多いですよね。そこをどうメロウに仕上げるか、かつ、ジャズのように自由な表現ができる余白を残すのかがテーマでした。また、曲名には、ボルドーの5大シャトーが似合うような、そんな歳の重ね方をしていきたいという思いも込めています」(KENTA)
そして最後はTAIRIKの『小さな奇跡』と『All For One』。どちらもきらめくようなメロディが心に残るポップ・チューンだ。
「この2曲は大切な人との絆がテーマになっています。先の『The Nights』も父子の絆を歌った曲で、つまり〈絆〉という言葉は本作の裏テーマになっているんです」(TAIRIK)
絆といえば、TSUKEMENの3人の間にも、強固な絆があるに違いない。何しろ、12年にわたり、絶えず同じメンバーで活動を続けているのだから。

「音楽と人間性って、表裏一体だと思うんですよ。音楽にはその人が出る。僕はSUGURUとKENTAに出会ったとき、2人の出す音を聴いて『一緒に音楽を続けられる仲間だ!』と思いました」とTAIRIKは言う。「お互いに尊敬しあっていますし、2人と一緒にいると、人生が豊かになります」
「やはりお互いの意見を尊重し合うことが、長く続ける秘訣だと思います」(SUGURU)
「真剣に音楽をやっていれば、お互いの意見が平行線のままのときもある。だけどリスペクトの気持ちがあれば、嫌な感情を持つこともないんです。みんな個人としての活動も行っているけれど、TSUKEMENにはホームのような安心感や居心地のよさがありますね」(KENTA)
お互いを尊敬し、信頼すること。そして12年の積み重ね。3人の真摯な想いが詰まった『JITAN CLASSIC』と、現在計画中のツアーに期待したい。
そして、急遽アルバムの最後に収められることになったトラック『DANCE!ベートーヴェン・シンフォニー』のオリジナルダンスも要注目。メンバーそれぞれがベートーヴェンに扮して踊る様子がYouTubeにアップされている。

ベートーヴェン3兄弟の指揮ダンス♪(在宅自撮り) おうちでうんどうしよう!

■アルバムインフォメーション
『JITAN CLASSIC』


発売元:キングレコード
発売日:2020年5月20日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら
TSUKEMENオフィシャルサイト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

9951views

音楽ライターの眼

ジャズはクラシックの“なれの果て”なのかを考えてみようかな

8050views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

6735views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

890views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5167views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

36195views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

9623views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

6757views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16983views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3313views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6370views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7084views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

5680views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17658views

音楽ライターの眼

連載9[多様性とジャズ]ドイツ訛りが解き明かす“アメリカという多様性”とジャズ

158views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

3896views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

6622views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

27616views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

17521views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4327views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

22521views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4624views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24377views