Web音遊人(みゅーじん)

流れる色彩美、内省的な深まり/ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル

ベトナムのハノイに生まれたダン・タイ・ソンは1980年、ショパン国際ピアノコンクールでアジア出身として初の第1位に輝いた。2021年の同コンクールでは審査員を務め、第1位となったカナダのブルース・シャオユー・リウ(第2位は反田恭平)の師でもある。筆者はかつてパリでダン・タイ・ソンの公演を聴いたことがあるが、秋深まる哀愁のパリにふさわしい洗練されたショパンだったと記憶している。8月28日、ヤマハホールでの「ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル」はフランス近代音楽とショパンというプログラム。曲の流れの良さに加え、内省的な深まりも感じさせる巨匠の秀演となった。

1曲目のラヴェル『古風なメヌエット』は滑らかに進み行く。不協和音と不安定なリズムを多用した曲ながら、しなやかなタッチと適度のルバートで流れを良くしている。中世・ルネサンス期の教会旋法を取り入れた異形のメヌエットとして、ラヴェルは「古風な」に皮肉を込めたのかもしれないが、彼の演奏はいい意味でクセがなく流麗だ。中間部の穏やかなトリオは、夢の宮殿での優雅なまどろみを思わせる。ペダル操作も秀逸で、低弦のような持続音が曲を古風な色合いに包む。

2曲目のラヴェル『亡き王女のためのパヴァーヌ』は、ゆったりしたテンポの中で様々な色彩が重なり合っては流れていく。美しい旋律を歌わせるだけでなく、王女の肖像を描く過程を聴かせるかのようだ。実に高貴な音の絵ではないか。時間を持つ音楽は絵画の制作工程を描ける、と実感した。

ドビュッシーの『映像 第1集』はまさに印象派動画だ。第1曲『水に映る影』では、水面にきらめく光と影の戯れを硬質な音の粒で描く。音の強弱、緩急の付け方は微細を極める。水面が混濁する様子も明瞭な音質で彩色していく。第2曲『ラモーをたたえて』は音の緩やかな運びが悠久の時を思わせる。第3曲『運動』では、安定感のある低音のリズムに乗って、眩しい光が躍動する。しかし眩しすぎることはなく、曲全体の流線美は保たれる。

趣が変わったのは、2022年に生誕200周年を迎えたフランクの『前奏曲、コラールとフーガ』。オルガン風の効果を上げようとしたのか、強力なタッチで音の大伽藍を構築していく。下降する主題も飲み込まれるほど、交響が広がる。激烈すぎるか。力演には違いないが、敬虔な雰囲気がもう少しあってもよかった。

後半は彼が自家薬籠中とするショパン。ポロネーズとマズルカ、ワルツから選曲し、『3つのエコセーズ』『タランテラ』も含め哀楽異なる曲を次々に弾いた。控えめながらも個性的といえるルバートを駆使し、内省的な深みのある歌を聴かせた。その中から2曲について。まず『ワルツ第19番イ短調(遺作)』。年少者も弾く単純素朴な哀歌だが、小さな物語を研ぎ澄まされた芸術品に仕立てる試みか。巧みなペダル操作で自然な流れを創り出した。

もう1曲はトリの『ポロネーズ第6番変イ長調(英雄ポロネーズ)』。一般に聴きやすい人気曲だが、彼の演奏は固定観念を打ち払う。第1主題は抑制を効かし、独特のルバートをかけながら進む。その分だけ中間部のトリオが激しい印象を増す。16分音符の左手オクターヴ連打は、正義の怒りに駆られた不屈の全力疾走を思わせる。そこに込めたダン・タイ・ソンの感情は凄まじい。彼が思い浮かべるのはかつてのベトナムか、侵略されるウクライナか。ポーランドへの愛国心を示すショパンが乗り移ったような秀演。新鮮な感動があった。

アンコールはドビュッシーの前奏曲集第1巻から『パックの踊り』と同2巻から『奇人ラヴィーヌ将軍』。彼が客席に向かってリクエストを尋ねると、「ショパン」という声が上がった。それでもドビュッシーを弾いたのが印象深い。響きの色彩がデリケートに移り変わり、軽妙な遊び感覚が聴き手を魅了する。ドビュッシーの2曲は巨匠のさらなる進化を確信させた。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

19618views

音楽ライターの眼

伝説のレーベル“ワックス・トラックス!”その栄枯盛衰を描いた映画『インダストリアル・アクシデント』の海外ブルーレイ発売

2055views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21094views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2448views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

14993views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1148views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21888views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2700views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10950views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7848views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5611views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9571views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8724views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23363views

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

音楽ライターの眼

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

7737views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6640views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7583views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2084views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2219views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5611views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

8501views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2855views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28918views