Web音遊人(みゅーじん)

戦国大名たちが聴いた西洋音楽から、キリスト教弾圧の時代をくぐり抜けた祈りの歌まで。音楽考古学で探る日本史の謎/キリシタン音楽入門 洋楽渡来考への手引き

2020年4月19日、古楽と称される音楽(中世~ルネサンス~バロック音楽)を長きにわたって献身的に、そしてわかりやすく案内し続けてきた皆川達夫さんが天国へと召された。さまざまな著書はもちろん『バロック音楽のたのしみ』『音楽の泉』といったラジオ番組でのトーク、そして自らが主宰した中世音楽合唱団のコンサートなど、あらゆる活動は偉業と呼ぶにふさわしいものだったと断言できる。

その一方で皆川さんは、日本におけるキリスト教の伝来と布教についても興味を抱き、その時代に歌われていた聖歌などの音楽、さらにはキリスト教弾圧の時代にひっそりと受け継がれていた「オラショ」と呼ばれる祈りの言葉などの研究も行っていた(「オラショ」という呼称はラテン語で祈りを意味する「Oratio」に由来)。
16世紀の中頃にキリスト教が伝来し、織田信長をはじめとする戦国時代の武将たちがしのぎを削っていた時代から、権力が豊臣家から徳川家に移って鎖国政策が行われる17世紀の初頭まで。日本における信者たち(キリシタン)や来日した宣教師にとって激動の時代でもあった1世紀弱の期間は、さまざまな繁栄も悲劇も生んだのである。
特に豊臣の時代から江戸時代にかけ、キリスト教が弾圧の対象となってからの悲劇は筆舌に尽くしがたく(社会派映画監督のマーティン・スコセッシが撮った『沈黙─サイレンス─』という作品でも、その一端が描かれている)、4人の少年を中心とした天正遣欧少年使節や天草四郎など、悲劇のヒーローたちも生み出した。

政策によって信仰の有無を問われた人々の中には「踏み絵」などで試された挙げ句に改宗する者もいたが、信仰を捨てずに隠れてキリストの絵画や観音様に見立てた聖母マリア(マリア観音)を拝み、祈りの言葉や聖歌を日本風に変えて、権力者や監視者たちの目を逃れた人々もいたのだ。
それが「潜伏キリシタン、隠れキリシタン」などと呼ばれる人たちであり、ラテン語を日本語に聞こえるよう苦肉の策で工夫した祈祷文が「オラショ」である(節を付けて歌われるものが「歌オラショ」)。この文化は西九州の長崎と周辺地域(天草、平戸、五島列島など)に残り、2018年になって世界遺産に指定されたことをご存知の方もいらっしゃるだろう。

この「オラショ」は実に不思議なものである。たとえばラテン語の聖歌である「ラウダテ・ドミヌム(Laudate Dominum omnes gentes=すべての国よ、主を賛美せよ)」は「らおだて、どみのー、ぜんてー」という具合に、その地に伝わる民謡のように響く。吹奏楽がお好きな方であるなら伊藤康英作曲による「ぐるりよざ」という曲をご存知かもしれないが、これも「オラショ」からヒントを得て生まれた作品だ(ぐるりよざ=Gloriosa/栄光の)。

皆川さんはわずかに残された「オラショ」「歌オラショ」を元に、当時の記録や信者たちの祈りの形をまとめた指南書のようなものに目を通し、「歌オラショ」のオリジナル作品(ラテン語聖歌)を求めてヨーロッパなど各地へ足を運ぶ。なにしろ「オラショ」は表に出てはいけない“秘儀”のようなものだから口頭での伝達が基本であるため、古文書のようなものを捜索しても形として残ってはいないのだ(そんなものを持っていることがわかれば罰せられてしまうからである)。
そうした歴史を解明していく皆川さんは、まるで音楽考古学のヒーローと化したインディ・ジョーンズのようでもあり、謎解きから隠された悲劇を紡ぎ出す金田一耕助のようでもある。天正遣欧少年使節の4人と、通訳として同行したメスキータ神父の肖像画が表紙を飾る『キリシタン音楽入門』は、そうした探索の成果をわかりやすく私たちに伝えてくれるガイド本なのだ。

戦国時代のキリシタン大名や信者たちはどういう音楽を、楽器の音を聴いたのか。ヨーロッパを訪問した天正遣欧少年使節たちは、現地でどのような音楽を聴いたのか。
音楽ファンはもちろん、歴史ファンや戦国時代ファンであれば、登場するさまざまな名前や時代背景、解明されていく「オラショ」や「歌オラショ」の秘密などに興奮をおぼえることだろう。専門書のような印象があるものの、読みやすく、ちょっとした歴史の脇道に足を踏み入れて宝を見つけるような一冊である。

■インフォメーション

『キリシタン音楽入門 洋楽渡来考への手引き』

著者:皆川達夫
発売元:日本キリスト教団出版局
発売日:2017年4月25日
価格:1,600円(税抜)
詳細はこちら

特集

沖仁さん

今月の音遊人

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

11072views

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

音楽ライターの眼

ロック業界は足下を見つめ直してみる必要があるかもしれない

6572views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

5113views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

21288views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4543views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

8483views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22519views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6706views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13832views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

1354views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6731views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25149views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10158views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8392views

音楽ライターの眼

なぜカプースチンは、東西冷戦のソ連でジャズよりもジャズらしい曲を作れたのか?

8501views

アカネキカク akaneさん

オトノ仕事人

楽曲のイメージをもとに、ダンスの振りを考え、演出をする/振付師の仕事

2207views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11522views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

6118views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20973views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7788views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2997views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3062views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9956views