Web音遊人(みゅーじん)

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

カラフルにペイントされたピアノを駅や空港、商業施設などのオープンスペースに設置するなど、ピアノの楽しみを伝える活動を行う「LovePiano」プロジェクト。誰もが自由に弾くことができ、その場に居合わせた人が観客となる。近頃は人気のストリートピアニストYouTuberがLovePianoの演奏動画を投稿することでさらなる盛り上がりを見せているが、彼らに「LovePianoの母」と呼ばれているのがヤマハミュージックジャパンの山下有美子さんである。

ピアノを弾くことのハードルを下げたい

プロジェクトがスタートした2017年から企画・運営全般をひとりで担当してきた山下さん。当時は日本にストリートピアノはほとんど存在せず、ゼロからの立ち上げだったという。

「ヨーロッパの街角などにあるストリートピアノが日本にもあったらいいのにと思っていた矢先、ある仕事で鉄道会社のJR東日本さんとご一緒する機会があり、“駅にピアノを置けたらいいですね”というお話が出たところから企画が動き出しました。実は、かつてピアノを習っていた人たちは、なぜ辞めてしまったのだろう?ということをいつも考えていて。その理由のひとつとして、緊張する場で弾いたイヤな思い出があるからでは?と思い当たったんです。それなら、誰もが緊張しないで楽しく演奏できる場を作ろう、という発想がLovePianoの原点です」

ピアノをペイントするというアイデアも、その中から生まれた。しかし社内で企画は通ったものの、いざ新品のピアノを水性アクリル絵具で塗るのは、勇気のいる行為だったろう。

「ペイントは、イラストレーターの立川恵一さんと御茶の水美術専門学校の学生さんたちにお願いしましたが、彼らも最初は手が震えていましたね(笑)。なぜペイントしたかというと、演奏者から見える景色を明るいものにして、ピアノを弾くことのハードルを下げたかったから。あの真っ黒なピアノを見ると発表会の緊張を思い出すとおっしゃる人も多いんです。それから、あえてごちゃごちゃと描き込んだのにも意図があって、もっと近くに寄ってきてほしかったから。弾かない人にも、ピアノに親しみを持ってもらえればと思いました」

SNSで広がるファンのコミュニティ

そして迎えたはじめてのイベントで、JR新宿駅の広場に置かれたカラフルなピアノ。果たして道行く人々の反応やいかに……。

「どういうことになるか予測がつかなかったので前日は眠れませんでしたが、蓋を開けてみたらスタート時刻早々に“弾いていいですか?”という人が現れ、ひっきりなしに演奏が続き、見る人も集まってきて大盛況でした。その2日前からピアノを置いて、“〇月〇日から弾けます”と告知していたのですが、それを見た人たちがSNSで発信していたらしいんです。いまは、ヤマハピアノのSNSで情報発信をしていますが、当時はまだ始めていなかったので驚きました。ストリートピアニストの草分け的存在のさなゑちゃんは自宅から新宿駅に向かい、LovePianoを演奏するところまでをスマホで撮影して生配信したのがストリートピアノのデビューとなったそうです」

こうしたSNSを通じた情報拡散と盛り上がりは、山下さんもまったく想像だにしない展開だった。今ではLovePianoのまわりにファンのコミュニティが生まれ、人と人とのつながりを生む場になっているという。

「こちらは演奏者のための場所を作ろうと思ってLovePianoをはじめたわけですが、聴くために来る方が多くいらっしゃることが発見でした。なかには毎日のように来る方もいて、LovePianoのファン同士が友だちのようになっているんですね。そして彼らが待っているところに、ストリートピアニストYouTuberがやって来て演奏し、その様子がSNSで拡散されて、さらに人が集まる。なかには“弦が切れました!”とアクシデントを我々運営サイドに教えてくださる方や、“良い写真が撮れました”と写真を送ってくださる方もいて、とても助けられています。ファンの皆さんが自分たちでシーンを作り上げている感じで、まさに私の理想通り!素敵ですよね」

2021年2月に開催された「LovePianoオンラインライブatヤマハホール」での一コマ。

押しつけず見守る「LovePianoの母」

現在1号機から5号機まで5台あるLovePianoは、さまざまな場所に、一定の期間限定で設置されている。設置を希望する施設や企業からのオファーに応じてLovePianoを貸し出すという仕組みだ。したがって、山下さんにとっては設置先がクライアントとなる。

「本当にありがたいことに、皆さん“置いてよかった”と言ってくださるんですよ。駅の関係者の方は“場の空気が変わる”とおっしゃっていました。きっと、ピアノの音と、そのまわりに集まる人たちの雰囲気が良いのでしょう。お互いに弾く順番を譲り合ったり、がんばって弾いた人にあたたかい拍手を送ったり、純粋に善意だけで成り立つ世界。品川駅ではいきなりかばんからフルートを取り出した方がいて、それを見て近くにいた方が伴奏をし、さらに通りかかった方が譜めくりをしていました。そうやって集まった人たちって、ピアノがなかったら絶対に交流しなかったですよね。ピアノってひとりで完結してしまう楽器ですが、じつはみんな、こうしたつながりが欲しかったのではないかと思います」

その一方で、運営側として心がけているポイントについても尋ねてみた。

「ピアノを設置するのがはじめてというクライアントさんが大半ですので、楽器の取り扱いや音量、設置場所などに関して、丁寧に話し合いながら先方の不安や疑問をひとつずつ解決していくようにしています。とくに音量に関しては、駅や施設内のアナウンスが聞こえなくなってはいけませんし、ピアノの音がどなたにとっても心地よいとは限らないという部分をご理解いただく必要があります。実際に設置場所を見に行ってアドバイスしたり、音量を確認したり、こまやかな対応が求められます」

最後に、ピアノを愛する人たちの輪を見守る「LovePianoの母」が心がけていることは?

「LovePianoの設置場所にいる係員は、なにかあったときのための見守り役で、 “どうぞ弾いてください”とか“ここに並んでください”といった仕切りはしません。あくまでも、皆さんが自発的に楽しんでいただけるように心がけています 。そうすることで、自然にコミュニケーションが生まれて、思いやりが芽生えて。ピアノが人と人とをつなげてくれるんです」

ストリートピアニストたちからも「LovePianoの母」と親しみを込めて呼ばれている。

Q.音楽の仕事をするようになったきっかけは?
A.4歳のときからピアノを習っていましたが、特に音楽の道に進みたいという強い気持ちはなかったです。でも辞めようとすると、なぜかそれを阻止するような出来事が起こり、結局、音楽系の大学にまで進みました。ヤマハではクラビノーバのデモンストレーターとして演奏していたこともありますが、そこでの経験は、お客さまと直接触れ合うという面において、とても役に立っています。

Q.好きな音楽は?
A.ジャズやラテン音楽が好きで、地元のビッグバンドでピアノを弾いています。コロナ禍で練習ができなくなったとき、本当に久しぶりに、家でひとりでピアノを弾いたら、「ピアノってなかなかいいかも」とあらためて思えたんです。ストリートピアノに挑戦したくなる方々の気持ちもわかりました。

Q.音楽以外の趣味は?
A.お酒を飲むのが好きで、4~5年ワインスクールに通って勉強しました。ワインと食べ物の組み合わせを考えたり、ワインを楽しむのは音楽を楽しむのに近いなと思ったり。まあ、結局は飲み歩いているわけですが(笑)。音の仕事人じゃなくて遊び人、「音遊人」ですね!

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

3684views

音楽ライターの眼

連載40[ジャズ事始め]佐藤允彦が“ランドゥーガ”で試みた“民謡”という手つかずの方法論

298views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1749views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

21113views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5694views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

11808views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

7832views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6660views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18154views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

285views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3549views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6346views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2249views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5327views

音楽ライターの眼

そのピアニシズムは、人生に光を与える/ジャン=マルク・ルイサダ ピアノ・リサイタル

3553views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

8731views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6720views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

26899views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9206views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3549views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

8976views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2910views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22313views