Web音遊人(みゅーじん)

親しみやすいメロディを、ジャズの熱さに乗せて。 結成16年目にあらためて「自分たちらしさ」を追究したニューアルバム『CORE』/JABBERLOOPインタビュー

吹奏楽ファンなど多方面で支持されるジャズバンド

国内外のクラブ・ジャズ・シーンで独自の存在感を放ち続けるインストバンド、JABBERLOOP(ジャバループ)。2004年に京都で結成し、現在のメンバーであるMAKOTO(トランペット)、DAISUKE(サクソフォン)、MELTEN(キーボード)、YUKI(ベース)が揃った2005年には拠点を東京に移した。ストリートパフォーマンスをアグレッシブに行うことで徐々に人気を獲得し、2007年にメジャーデビューを果たしている(2016年にドラムのYOHEIが脱退し、現在はサポートメンバーを迎えている)。
2009年にはセカンドアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリースし、収録曲の『シロクマ』が大ヒット。軽快でダンサブルなビートに親しみやすいメロディが乗った同曲はストリートダンスの音楽としても火が付き、サードアルバム『攻め燃える』に吹奏楽版を収録することで、吹奏楽のコンサートや高校野球の応援でも盛んに聴かれる彼らの代表曲になった。


シロクマ/JABBERLOOP吹奏楽団(SHIROKUMA BRASS BAND ver)

結成から16年目となる2020年は、9月に3年ぶりのフルアルバム『CORE』がリリースされることが決定。より多彩な楽曲が揃った今作のコンセプトや聴きどころについて、4人に話を伺った。

自分たちの軸を信じたアルバムを作ろう

「これまで15年以上活動してきて、『さぁ、ここからどうしようか』と何か新しいことにチャレンジする選択肢もあったとは思いますが、僕たちは長く続けているからこそ、これまで培ってきた自分たちの軸、つまりコアな部分を信じたアルバムを作ろう、ということになりました」(MAKOTO)
アルバム名もズバリ『CORE』にしよう、と提案したのはYUKIだという。
「3年前にリリースしたアルバムは、新しいものであると同時にリニューアルの意味も込めてタイトルを『NEW』と付けました。今回の作品にも新しい要素はあるけれど、その底には『僕たち、こういう音楽が好きだよね』という絶対的なものがある。それが『CORE』だと思ったんですよね」(YUKI)
そんなコンセプトで制作された今作を聴いて印象的なのは、どの曲もとにかくキャッチーなこと。ジャズにしては意外なほどポップなメロディは、各パートのアドリブの中にもしっかりと息づいている。そして、圧倒的な熱量でぐいぐいと前に進んでいくグルーヴ感が、聴く者を元気にしてくれるのだ。
「結成当初から『みんなが鼻歌で歌えるような楽曲を作ろう』というのがバンドの大きなテーマなんです。楽器を演奏しないリスナーでも、鼻歌だったらできるでしょう?だから、特に気負ったり奇をてらったりせずに素直に作りました。その結果できたものが僕たちの歩んできた歴史であり、『CORE』になったと思います」(DAISUKE)
「僕たちは編成でいえばジャズ・クインテットなんですけれど、ジャズのフォーマットに乗りつつもポップスをやったりとか、自分たちを型にはめることなくやってきました。僕もピアノだけでなくシンセもガンガン使いますし。そういう開かれた空気感も間違いなく僕たちの『CORE』であり、変わらないところですよね」(MELTEN)

16年間の蓄積がアレンジに広がりを生んだ

『CORE』の中には、ジャズの薫りもしっかりと息づいている。MAKOTOとDAISUKEによる2管の響きやMELTENのピアノ、そしてサウンドの土台をどっしりと支えつつも、いざというときにはエネルギッシュなソロを披露するYUKIのベースにもジャズの熱さが詰まっている。しかし、それ以上に、メロディをしっかりと聴かせる密度の濃いアンサンブルがJABBERLOOPのサウンドの要であり、吹奏楽のファンにもアピールする所以なのだろう。16年もの長きに渡り培われてきたメンバー間の信頼関係がなせる業である。
「例えばMAKOTOのトランペットを聴いていると、『次はこういくだろうな』というのがわかるんです。ほんのちょっとだけ先の音が聴こえるというか。まさに、ずっと一緒にやっているからですよね」(DAISUKE)
「長くやっていると、曲作りにも余裕が出てくる気がしますね。いままでは、アルバム制作に力が入り過ぎるあまり、気が付くとどの曲もホーンがメインのメロディをとってしまいがちだったんですよね。それだと起伏がなくなってしまう。今回は『この曲はMELTENにメロディを任せよう』とか、『ここでYUKIのベースソロも聴きたい!』と、他のメンバーのことをイメージしながら作ることができました」(MAKOTO)
「JABBERLOOPらしさを追究する過程の中で、確かにアレンジ面では以前より余裕が出てきたと思います。それが従来の勢いにプラスされた感はありますね」(MELTEN)
「自然と『それぞれの曲の聴かせどころを引き立たせよう』という意識になりましたね。ベースがしっかりしていたら、みんなが輝くんです。その中で、たまに自分も輝くことができればいいかなと」(YUKI)

僕たちが活動できているのはみんなが支えてくれるから

2020年は、アルバム発売の告知前に収録曲のエクストラエディションを1曲ずつ4週連続でリリース(4曲の最初の文字をつなげると『CORE』となり、アルバム告知となる仕掛け)するなどして話題作りに務めてきた。また、新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続く中、特別企画『動画でマザレ! JABBERLOOP吹奏楽団』を企画し、リモートで総勢133名による『シロクマ』の演奏を行うなど、積極的にファンとのコミュニケーションを図ってきた。


JABBERLOOP吹奏楽団 2020 シロクマ

「JABBERLOOP吹奏楽団には、周辺のミュージシャンをはじめ、本当にたくさんの方が参加してくれて、うれしかったですね。僕たちはいろんな方々が支えてくださるからこそ活動できているんだ、とあらためて実感しました。9月にアルバムが発売されたら、何らかのかたちで演奏をお披露目できる機会を作ろうと思います。決まり次第発表しますので、待っていてくださいね」(MAKOTO)

■インフォメーション

アルバム『CORE』


発売元:JUNONSAISAI RECORDS
発売日:2020年9月9日
価格:2,273円(税抜)
詳細はこちら

ツアー『JABBERLOOP “CORE” RELEASE TOUR』

2020年9月25日(金)WWW(渋谷) 
2020年11月15日(日)Shangri-La(大阪)
2020年11月28日(土)Jammin’(名古屋)
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

10249views

徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

音楽ライターの眼

演奏者たちの個性と作品の情緒がぴたりと合う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

562views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11586views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

109544views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7708views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4394views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22529views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6036views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30627views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

3236views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8390views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9961views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7652views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11281views

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

音楽ライターの眼

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス『ライヴ・アット・ザ・LAフォーラム』が予感させる旅路の終わり

1239views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

8495views

Red Pumps BIGBAND

われら音遊人

われら音遊人:出自がさまざまなメンバーと、誰もが楽しめる音楽をビッグバンドで

556views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6626views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8428views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5896views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

22079views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5378views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29903views