Web音遊人(みゅーじん)

親しみやすいメロディを、ジャズの熱さに乗せて。 結成16年目にあらためて「自分たちらしさ」を追究したニューアルバム『CORE』/JABBERLOOPインタビュー

吹奏楽ファンなど多方面で支持されるジャズバンド

国内外のクラブ・ジャズ・シーンで独自の存在感を放ち続けるインストバンド、JABBERLOOP(ジャバループ)。2004年に京都で結成し、現在のメンバーであるMAKOTO(トランペット)、DAISUKE(サクソフォン)、MELTEN(キーボード)、YUKI(ベース)が揃った2005年には拠点を東京に移した。ストリートパフォーマンスをアグレッシブに行うことで徐々に人気を獲得し、2007年にメジャーデビューを果たしている(2016年にドラムのYOHEIが脱退し、現在はサポートメンバーを迎えている)。
2009年にはセカンドアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリースし、収録曲の『シロクマ』が大ヒット。軽快でダンサブルなビートに親しみやすいメロディが乗った同曲はストリートダンスの音楽としても火が付き、サードアルバム『攻め燃える』に吹奏楽版を収録することで、吹奏楽のコンサートや高校野球の応援でも盛んに聴かれる彼らの代表曲になった。


シロクマ/JABBERLOOP吹奏楽団(SHIROKUMA BRASS BAND ver)

結成から16年目となる2020年は、9月に3年ぶりのフルアルバム『CORE』がリリースされることが決定。より多彩な楽曲が揃った今作のコンセプトや聴きどころについて、4人に話を伺った。

自分たちの軸を信じたアルバムを作ろう

「これまで15年以上活動してきて、『さぁ、ここからどうしようか』と何か新しいことにチャレンジする選択肢もあったとは思いますが、僕たちは長く続けているからこそ、これまで培ってきた自分たちの軸、つまりコアな部分を信じたアルバムを作ろう、ということになりました」(MAKOTO)
アルバム名もズバリ『CORE』にしよう、と提案したのはYUKIだという。
「3年前にリリースしたアルバムは、新しいものであると同時にリニューアルの意味も込めてタイトルを『NEW』と付けました。今回の作品にも新しい要素はあるけれど、その底には『僕たち、こういう音楽が好きだよね』という絶対的なものがある。それが『CORE』だと思ったんですよね」(YUKI)
そんなコンセプトで制作された今作を聴いて印象的なのは、どの曲もとにかくキャッチーなこと。ジャズにしては意外なほどポップなメロディは、各パートのアドリブの中にもしっかりと息づいている。そして、圧倒的な熱量でぐいぐいと前に進んでいくグルーヴ感が、聴く者を元気にしてくれるのだ。
「結成当初から『みんなが鼻歌で歌えるような楽曲を作ろう』というのがバンドの大きなテーマなんです。楽器を演奏しないリスナーでも、鼻歌だったらできるでしょう?だから、特に気負ったり奇をてらったりせずに素直に作りました。その結果できたものが僕たちの歩んできた歴史であり、『CORE』になったと思います」(DAISUKE)
「僕たちは編成でいえばジャズ・クインテットなんですけれど、ジャズのフォーマットに乗りつつもポップスをやったりとか、自分たちを型にはめることなくやってきました。僕もピアノだけでなくシンセもガンガン使いますし。そういう開かれた空気感も間違いなく僕たちの『CORE』であり、変わらないところですよね」(MELTEN)

16年間の蓄積がアレンジに広がりを生んだ

『CORE』の中には、ジャズの薫りもしっかりと息づいている。MAKOTOとDAISUKEによる2管の響きやMELTENのピアノ、そしてサウンドの土台をどっしりと支えつつも、いざというときにはエネルギッシュなソロを披露するYUKIのベースにもジャズの熱さが詰まっている。しかし、それ以上に、メロディをしっかりと聴かせる密度の濃いアンサンブルがJABBERLOOPのサウンドの要であり、吹奏楽のファンにもアピールする所以なのだろう。16年もの長きに渡り培われてきたメンバー間の信頼関係がなせる業である。
「例えばMAKOTOのトランペットを聴いていると、『次はこういくだろうな』というのがわかるんです。ほんのちょっとだけ先の音が聴こえるというか。まさに、ずっと一緒にやっているからですよね」(DAISUKE)
「長くやっていると、曲作りにも余裕が出てくる気がしますね。いままでは、アルバム制作に力が入り過ぎるあまり、気が付くとどの曲もホーンがメインのメロディをとってしまいがちだったんですよね。それだと起伏がなくなってしまう。今回は『この曲はMELTENにメロディを任せよう』とか、『ここでYUKIのベースソロも聴きたい!』と、他のメンバーのことをイメージしながら作ることができました」(MAKOTO)
「JABBERLOOPらしさを追究する過程の中で、確かにアレンジ面では以前より余裕が出てきたと思います。それが従来の勢いにプラスされた感はありますね」(MELTEN)
「自然と『それぞれの曲の聴かせどころを引き立たせよう』という意識になりましたね。ベースがしっかりしていたら、みんなが輝くんです。その中で、たまに自分も輝くことができればいいかなと」(YUKI)

僕たちが活動できているのはみんなが支えてくれるから

2020年は、アルバム発売の告知前に収録曲のエクストラエディションを1曲ずつ4週連続でリリース(4曲の最初の文字をつなげると『CORE』となり、アルバム告知となる仕掛け)するなどして話題作りに務めてきた。また、新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続く中、特別企画『動画でマザレ! JABBERLOOP吹奏楽団』を企画し、リモートで総勢133名による『シロクマ』の演奏を行うなど、積極的にファンとのコミュニケーションを図ってきた。


JABBERLOOP吹奏楽団 2020 シロクマ

「JABBERLOOP吹奏楽団には、周辺のミュージシャンをはじめ、本当にたくさんの方が参加してくれて、うれしかったですね。僕たちはいろんな方々が支えてくださるからこそ活動できているんだ、とあらためて実感しました。9月にアルバムが発売されたら、何らかのかたちで演奏をお披露目できる機会を作ろうと思います。決まり次第発表しますので、待っていてくださいね」(MAKOTO)

■インフォメーション

アルバム『CORE』


発売元:JUNONSAISAI RECORDS
発売日:2020年9月9日
価格:2,273円(税抜)
詳細はこちら

ツアー『JABBERLOOP “CORE” RELEASE TOUR』

2020年9月25日(金)WWW(渋谷) 
2020年11月15日(日)Shangri-La(大阪)
2020年11月28日(土)Jammin’(名古屋)
詳細はこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

5784views

音楽ライターの眼

連載32[ジャズ事始め]渡辺貞夫ら先輩たちから受けた“愛のムチ”と佐藤允彦の決意まで

179views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11095views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

26915views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9632views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6639views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2807views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5298views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6299views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5224views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2916views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19865views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7975views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14995views

音楽ライターの眼

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

898views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4105views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2546views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

13114views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7523views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5245views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

36760views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5925views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19865views