Web音遊人(みゅーじん)

音楽の作り手と音の職人が追い求める、それぞれの“True Sound”/WONK×ヤマハインタビュー《後編》

音楽の作り手と音の職人が追い求める、それぞれの“True Sound”/WONK×ヤマハ対談《前編》に続く、WONKとヤマハとのトーク。《後編》の話題は、ヤマハ イヤホンの感想から音の哲学、ヤマハ オーディオが提供する音楽体験“True Sound”へ。音楽を生み出すアーティストと、オーディオ職人によるサウンド談義が展開された。

ハイエンドオーディオ哲学とホームシアター技術を注入~ヤマハ イヤホン誕生の裏側

──長塚さんと荒田さんは、ヤマハ イヤホンの新製品、TW-E7AとEP-E70Aを試聴してどのような印象を持ちましたか?

長塚:自分の声のニュアンスや、歌った時に理想とした響きが耳の中でしっかりと美しく聴こえました。あとWONKの音楽って、ボーカルが前にドンといて、後ろにドラムが引っ込んでるような感じではないので、そうしたバンド全体のバランスが、僕らが表現したいと考えている形でしっかりと再生されていて、これも音楽の作り手として嬉しく思いました。

荒田:リバーブが耳の中ですごくきれいに響きますね。物によっては、まったく響きが感じられないイヤホンも多いので、すごくいいなと感じました。

湯山(ヤマハ):まさにそうした音を実現するために、TW-E7AとEP-E70Aには、ハイエンドオーディオ製品で培ってきた技術とノウハウを投入したんです。

熊澤(ヤマハ):今回せっかくの機会ですので、我々が目指すサウンドを突き詰めたヤマハオーディオの最高峰モデル「5000シリーズ」を紹介させてください。

インタビュー現場にセッティングされた、ヤマハ オーディオの最高峰モデル「5000シリーズ」

熊澤(ヤマハ):システム全体の一番の特長は、ターンテーブルGT-5000から、プリアンプC-5000、パワーアンプM-5000、そしてスピーカーNS-5000まで、すべてをノイズに強いバランス伝送という方式で接続できることです。これも、音楽の大切な要素のひとつであるグルーヴをきちんと表現するため、休符、つまり無音状態の正確な再現性を突き詰め、徹底的にノイズ対策を行った結果です。このようにして、究極のハイエンドシステムを完成させ、音の入口であるレコードのカートリッジから、音の出口となるスピーカーまで、トータルにヤマハ オーディオのテーマである“True Sound”を実現しました。

湯山(ヤマハ):こうした音の哲学を、サイズなどいろんな制約がある中で、小さなイヤホンに注入して、新製品のTW-E7AとEP-E70Aを開発しました。それともう一つ、我々はAVレシーバーをはじめとするホームシアター製品も手掛けていまして、そこで独自開発したデジタル信号処理技術を「リスニングオプティマイザー」としてEP-E70Aに転用しています。このように、ハイエンドオーディオの哲学とホームシアターの技術力、これらを新しく発売したイヤホン2モデルに上手く活かすことができました。

新製品のTW-E7A(左手前)とEP-E70A(左後)、「リスニングオプティマイザー」のもととなる技術が使われているAVレシーバーのRX-V6A(右)

音の職人としての姿勢~プロフェッショナルな土壌を押さえたヤマハの物作り

荒田:お話を聞いて改めて、音の職人って本当にカッコいいって思いました。

江﨑:だからこそヤマハさんには、プロフェッショナルユースの物作りを続けて欲しいなと思います。やっぱり、プロフェッショナルな土壌を押さえたうえでのコンシューマ製品というのが、一番カッコいいですから。

長塚:そういった物作りに対する姿勢を感じるからこそ、ヤマハさんなら大丈夫って僕らは安心できますし、同時にミュージシャンとして、たくさんの刺激を受けます。

井上:今って、作り手があえてデフォルメする必要がなくなってきていると考えていて。そういう時代になったのは、プロフェッショナルオーディオの技術とノウハウがあったからこそなので、そこを押さえたヤマハさんの物作りって、やっぱりカッコいいですね。

熊澤(ヤマハ):今の言葉はすごく響きました。我々もサウンドをデフォルメしてきませんでしたし、だからこそお客様は、最終的に音楽のワンフレーズや、ある一音、この歌といったところに感動するんだと思います。アーティストの想いを感じられる“True Sound”をとおして、改めて音楽は、「メロディ」「ハーモニー」「リズム」による表現で成り立っているんだという感覚を、これからも大事にしていきたいなと、今回の対談で強く感じました。

大事なのは真摯に音を作り込んでいくこと~WONKにとっての“True Sound”

──最後に、WONKのみなさんがそれぞれに目指す“True Sound”を教えてください。

江﨑:僕個人としては、自分の中のノスタルジーが引き出される音を発信していきたいと思っています。例えば、僕らがメジャーキーの曲を聴いて明るく感じたり、マイナーキーは暗く感じるというのも、広く捉えると人類史の中で養われた感覚で、それって民族によっても違ってくるんです。それはつまり、音楽を聴くことは、積み重ねてきた自分の歴史と対峙することだと僕は考えているので、自分の音楽表現としては、自分の中に残っている記憶や想い出が、もう一度フワッと薫るような、そういう音を発信していきたいと思っています。

荒田:僕は場所を感じられる音作りを目指しています。音を単体で聴いた時に、リスナーをどこかに連れていける音というか。ただ単にスタジオで録りましたとか、音圧で攻めてますっていう音が嫌いで。もっと自然に、広がる音に包まれながら、どこかの場所を感じてもらえる音を鳴らしたいなと思っています。

長塚:僕はバンドの中で歌詞を書く立場なのですが、歌詞の中には自分のバックグラウンドが必ずどこかに入ってくると思っています。歌詞はもちろん、声の響きやそのほかのいろんな要素で、リスナーに景色をしっかりと感じとってもらえるような歌を、これからも歌いたいと思います。

井上:先ほど言った「作り手がデフォルメする必要がなくなった」という話につながりますが、音楽をもっと細かく聴く、細かく作っていくことを忘れないことが、僕は“True Sound”だと思っています。今はデジタルオーディオの発展で、誰もがきちんと音に向き合える時代。だからこそ、作り手は、あえてインパクトを狙ったりするのではなく、自分が表現したい細かなところまでをしっかりと作ることが重要だし、聴く人も、そこを感じとることが、より人生を豊かにできる音楽の聴き方だと思うんです。ですから自分自身も、今まで以上に、真摯に音を細部まで作り込んでいくことを、このデジタル時代の目標にしたいと思っています。

音楽の作り手と音の職人が追い求める、それぞれの“True Sound”/WONK×ヤマハインタビュー《前編》
作り手が意図した本当の音が伝わる。最新ワイヤレスイヤホンTW-E7A・EP-E70A/WONKレビュー

■WONK

日本の音楽を再定義するエクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」。メンバーそれぞれがソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックのフィールドで活動するプレイヤー/プロデューサー/エンジニアという異色なバンド。
2016 年に1st アルバムを発売して以来、国内有数の音楽フェス出演や海外公演、成功を果たす。ジャンルや世代を超えた国内外のビッグアーティストへ楽曲提供・リミックス・演奏参加するなど、音楽性の高さは多方面から支持されている。2019年7月にEP『Moon Dance』をリリース、11月にシングル「Signal」を配信。2020年1月リリースの香取慎吾ソロアルバム『20200101』にて「Metropolis(feat.WONK)」を楽曲提供・共演を果たし話題となる。2020年4月にシングル「HEROISM」、6月3日には「Rollin’」を配信、6月22日に4枚目のフルアルバム『EYES』をリリース。
オフィシャルサイトはこちら

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

4499views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

6897views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

9772views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

14242views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7529views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

4927views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8056views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3378views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8966views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6331views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2805views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16176views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9522views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7685views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5071views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

4927views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

3951views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

9020views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3923views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3307views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

36136views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3746views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16176views