Web音遊人(みゅーじん)

もうすぐ没後10年。心に刻まれるゲイリー・ムーアの ブルース・ギター

2011年2月6日にゲイリー・ムーアが亡くなって、もうすぐ10年が経とうとする。

北アイルランドのベルファストに生まれたゲイリーはスキッド・ロウでギタリストとしてプロ・デビュー。1970年代にシン・リジィでハード・ロック、コロシアムIIでフュージョン/ジャズ・ロックをプレイしてきた彼は、1980年代にソロ・アーティストとしてブレイク。速弾きマシンガン・ピッキングと泣きのリードの双璧で、ギター・ヒーローの名を欲しいがままにするのに加えて、「パリの散歩道」「アウト・イン・ザ・フィールズ」「オーヴァー・ザ・ヒルズ・アンド・ファー・アウェイ」などをイギリスのメインストリーム市場でヒットさせてきた。

日本においてもゲイリーは人気を誇り、1983年から1989年までに5回の来日が実現。初来日公演後にはライヴ盤や未発表発掘 アルバム、コラボレーション作、ゲスト参加作、日本市場向けの輸入盤などが溢れ、1983年だけで10枚近くの新音源が店頭に並んだ。1984年と1985年の東京公演は日本武道館で行われ、その後、1987年・1989年のツアーもホール規模の会場で行われるなど、彼は絶大な支持を得ていた。

ゲイリーにとって一大転機となったのが1990年、『スティル・ゴット・ザ・ブルース』だった。ハード・ロックで活躍していた彼のブルース転向は世界をあっと驚かせたが、元々彼は1960年代後半のブリティッシュ・ブルース・ブームから影響を受けてきた。ジョン・メイオールの『ブルース・ブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン』(1966)を聴いてプロのミュージシャンを志し、初期フリートウッド・マックのピーター・グリーンに認められてイギリス進出を果たすなど、その原点には英国ブルースがあった。当時のスティーヴィ・レイ・ヴォーンやジェフ・ヒーリー・バンドの成功が彼の背中を押したことは事実だが、昨日今日ブルースを弾き始めたのではなかったのだ。

当初は一回こっきりのプロジェクトで、アルバムに伴うツアーの後はロックに戻るつもりだったというが、全世界で300万枚というヒットを記録。ゲイリーは本腰を入れてブルース路線を進むことになる。

と思いきや、1994年には“クリームの再来”と呼ばれた、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーとのBBMを始動。それが短命に終わるや1995年には師ピーター・グリーンに捧げる『ブルース・フォー・グリーニー』、さらに1997年にはドラムン・ベースやプログラミングといったモダンな作風を取り入れた『ダーク・デイズ・イン・パラダイス』を発表するなど、作品ごとに異なったアプローチを追求してきた。

2000年の『バック・トゥ・ザ・ブルース』以降、再びブルース路線に戻ったゲイリーだが、一言で“ブルース”といっても濃厚なブルース・ロックもあれば、ライヴ・フィーリングを生かした『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』(2006)、『クローズ・アズ・ユー・ゲット』(2007)、『バッド・フォー・ユー・ベイビー』(2008)三部作まで多彩な表現を志向していた。さらにライヴではシン・リジィ時代の盟友フィル・ライノットに捧げる『ワン・ナイト・イン・ダブリン』(2005)、ジミ・ヘンドリックスの曲を弾きまくる『ブルース・フォー・ジミ』(2007)など、一箇所に留まることのない活動でファンを魅了してきた。

ただ、その間、ゲイリーは日本に来ることがなかった。本人にその理由を問うと「飛行機が嫌いだから」「日本人は捕鯨をするから」「子供たちにポケモンのおもちゃを買わなければならないから」など冗談めかした答えが返ってきたが、最も本音に近いと思われたのが、こんな意見だ。

「日本のオーディエンスは移り気じゃないかと思うんだ。武道館でやれたかと思うと、次のツアーでは小さな会場だったりね」

日本のファンもマスコミも1980年代のハード・ロック時代の過去を追い求め、それ以外を認めようとしなかった。ゲイリーとしても高い人気を誇るヨーロッパを主戦場として、わざわざ日本まで来る必要を感じなかった。

結局、次の日本公演が行われたのは21年後の2010年4月だった。ブルース・セットでの来日だったが、ブルースもロックも関係ない!とばかりの弾きまくり&泣きまくりのギターは、長く彼のプレイに触れることがなかった日本のファンの心を撃ち抜くものだった。

その後、ゲイリーは“サマー・オブ・ロック”と題したロック路線の欧州ツアーを行っているが、再び日本を訪れることなく、この世を去っている。だが最後の来日公演は、ゲイリーのブルースのエモーションを、我々の心に深く刻み込むことになった。

■インフォメーション

『ブルース時代のゲイリー・ムーア』〈シンコー・ミュージック・ムック〉

発売元:シンコーミュージック・エンタテインメント
発売日:2020年9月26日
価格:2,800円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

5493views

音楽ライターの眼

調布国際音楽祭2021──多彩なプログラムで有観客での公演を開催する

2006views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

37726views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

18216views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6908views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2645views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

5117views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7984views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5340views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5637views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2958views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6364views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6843views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

9025views

音楽ライターの眼

ソプラノの佐藤美枝子、第50回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞受賞

1571views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

5375views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4410views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

99406views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3775views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3684views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

8940views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4295views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6364views