Web音遊人(みゅーじん)

人気と実力を誇る世界的なテノール、ヨナス・カウフマンの魅惑的なウィーンコンサート

「デイリー・テレグラフ」に「世界最高のテノール」と称されたドイツ出身のヨナス・カウフマン。端正な容姿と幅広いレパートリーをこなす実力派として知られ、世界のオペラファンをとりこにし、チケットは入手困難なほど。
その彼がウィーン・コンツェルトハウスで行ったコンサートのライヴが、劇場版として登場することになった。ここにはカウフマンが子どものころから親しんでいるというワルツやオペレッタがびっしり詰め込まれ、視聴者を夢の世界へといざなう。
指揮は長年共演を重ねているヨッヘン・リーダーが担当、プラハ交響楽団を巧みにリードし、カウフマンの歌唱にピタリと寄り添う。歌のパートナーはソプラノのレイチェル・ウィリス=ソレンセン。ふたりで数多くのデュオを行い、最後はダンスも披露する。

プログラムはヨハン・シュトラウス2世、カールマン、シュトルツ、ジーツィンスキ―、レハールなどのオペレッタやワルツなど。曲の合間にはカウフマンのインタビューがはさみ込まれ、彼がウィーンの街を散策している様子なども映し出される。ステージでの集中力に富んだ様子とリラックスしたオフステージの表情の両面が味わえ、一瞬たりとも目が離せない映像に仕上がっている。

カウフマンがウィーンで訪れるのは、映画「第3の男」で有名なプラーター公園。観覧車に乗り、ここでも音楽にまつわる話をする。ウィーンのワインの新酒をいち早く提供するパブで知られるグリンツィングではワインをたしなみ、ベートーヴェンをはじめとする多くの楽聖が眠る中央墓地も散策する。こうした観光名所が次々に現れ、あたかもカウフマンと一緒に名所を巡っているようだ。

ヨナス・カウフマンは1969年ミュンヘン生まれ。「バリトンに近い声」といわれるほど暗く重い声が特徴だが、力強さと繊細さの両面を備え、情熱と厳粛さも混在。この映像でもさまざまな曲のなかで表情を幾重にも変容させ、ウィーン音楽ならではのリズムや間(ま)、旋律のうたいまわしを披露、かの地へといざなってくれる。

2013年、ウィーン国立歌劇場で行われたプッチーニの「西部の娘」を聴くことができたが(ミニー役のニーナ・シュテンメと共演、フランツ・ウェルザー=メスト指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団)、カウフマンはディック・ジョンソン役を体当たりの演技を交え、役になりきってうたった。

今回は、「ウィーン、わが夢の街~オペレッタ&ヒット・ソングの魅力」(ソニー)と題し、映画とリンクする曲をうたい上げた新譜もリリースされる。こちらはアダム・フィッシャー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との共演という豪華盤で、カウフマンの成熟した歌声をじっくり堪能することができる。歌詞の特有の発音、各曲を深く愛する心情をその歌声から聴き取りたい。

■インフォメーション

劇場版『ヨナス・カウフマン ウィーンコンサート』
2020年10月30日(金)から全国順次公開
詳細はこちら

アルバム『ウィーン、わが夢の街~オペレッタ&ヒット・ソングの魅力』

発売元:ソニークラシカル
発売日:2020年10月28日
価格:2,600円(税抜)
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:城田優さん「音や音楽は生活の一部。悲しいときにはマイナーコードの音楽が、楽しいときにはハッピーなビートが頭のなかに流れる」

6366views

音楽ライターの眼

連載13[ジャズ事始め]なぜ上海は“ジャズの揺りかご”となったのか?

2973views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

2990views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18545views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

7937views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

8830views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18374views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2764views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9662views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

7680views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7803views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28598views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4445views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21555views

齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

音楽ライターの眼

クラシックとジャズの若き俊才サックス奏者、待望の初共演が実現!/齊藤健太 × 馬場智章 Special Saxophone Night

768views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

14502views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1732views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4692views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6686views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7784views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

2100views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6354views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24491views