Web音遊人(みゅーじん)

バーニー・トーメ

バーニー・トーメのCD4枚組アンソロジー発売。ハード・ロックとパンクの“カッコ良さ”を体現したギタリスト

バーニー・トーメの初期ソロ・キャリアを網羅したCD4枚組アンソロジー『Lightning Strikes – Volume One(1982-1983)』が2023年10月、海外でリリースされる。

トップ・ギタリストとしての評価

バーニーは、ハード・ロックとパンク・ロックのあらゆる“カッコ良さ”を体現するギタリストだった。ハードなリフや制御不能のワイルドなリード・プレイなど、ミュージシャン/ギタリストとして才能に溢れていた彼だが、それに加えてロックンロールのギター・ヒーローが持ち備えているべきあらゆる要素を持ち備えていた。スリムな体型のどこから出てくるのかというエネルギーを噴出しながら、白い1962年製ストラトを手にステージ狭しと駆け抜け、ギュイーンとかき鳴らしてポーズを決め、ジャンプを繰り返し、腕をグルグル回す“風車奏法”やギターぶっ壊しも披露する。海賊のようなアイパッチや顔面の稲妻ペイントなどのヴィジュアル・イメージも忘れられないインパクトを持っていた。

バーニー・トーメ

そんなバーニーは1970年代後半から1980年代にかけてハード・ロック界のトップ・ヴォーカリスト達と活動している。元ディープ・パープルのイアン・ギランが結成したギランでは『フューチャー・ショック』(1981)が全英チャート2位になったのを筆頭に、参加したアルバムがすべてトップ20入り。1982年には飛行機事故で亡くなったランディ・ローズの後任としてオジー・オズボーンのバンドに招かれている。1980年代中盤、アメリカ勢の猛攻により息絶え絶えだったイギリスのハード・ロック/ヘヴィ・メタル界が救世主として期待をかけたのがバーニーと元ガールのフィル・ルイスが合体したトーメだった。トゥイステッド・シスターで全米制覇を成し遂げたディー・スナイダーが1990年代に結成した新バンド、デスペラードでバーニーを起用している。

だが、バーニーが真のトップ・ギタリストとして評価されることはなかった。そのギター・プレイ、ステージ・アクション、ヴィジュアルいずれもがド派手だったのに対し、どこか二線級扱いを免れなかったのだ。その理由のひとつとして、あまりに個性的なヴォーカリストと組んできたことで、サイドマン的な扱いを受けたことがあった。主人公たりえる実力とアイデンティティを持ちながら、フロントマンの強すぎるキャラのせいで目立てなかったギタリストということで、デヴィッド・ボウイやイアン・ハンターと活動したミック・ロンソンに近いものがあったかも知れない。

もうひとつ、1980年代はギタリストの技術革新があり、テクニックが重視されたことがあった。1970年代後半にエディ・ヴァン・ヘイレンが起こした革命はエスカレート。イングヴェイ・マルムスティーンやスティーヴ・ヴァイ、一連の“シュラプネル”系の登場により、バーニーのようなロックンロール系ギタリストは時代遅れとなった。ギラン時代の『ノー・イージー・ウェイ』イントロの無伴奏ソロはテクニック的にはエディ・ヴァン・ヘイレンの『イラプション』やゲイリー・ムーアの『ホワイト・ナックルズ』にまったく敵わない。

バーニーが光り輝いていた瞬間を捉えたアンソロジー

そんな因果関係や時代性を取っ払って、ひたすらバーニーの“カッコ良さ”をCD4枚にパッケージしたのが2023年10月、海外でリリースされる『Lightning Strikes – Volume One (1982-1983)』だ。『ターン・アウト・ザ・ライツ』(1982)、『エレクトリック・ジプシーズ』(1983)、『ライヴ』(1984)そして発掘リリースされた『Live Sheffield 1983』(2002)という4枚のアルバムを軸に構成。ハードかつワイルドに弾くロックンロール・ギターが唸りまくり、決して技巧派とはいえないラフなヴォーカルも曲のムードを高めていく。

廉価盤コンピレーション『Back With The Boys』(1985)で初登場となったトラック、2枚組7インチ・シングル『Shoorah Shoorah』(1982)の全4曲、さらに今回が初登場となるトラックを追加して、公式アルバムだけでは感じ取ることの出来ない彼の魅力を捉えている本作。ベティ・ライトの1974年のR&Bヒット曲『Shoorah! Shoorah!(邦題:シューラ!シューラ!)』をカヴァー、当時テレビ番組にも出演するなど、メインストリーム市場での売り出しが図られていたことを窺わせて興味深い。

本作収録の音源を経て、バーニーは元ガールのヴォーカリスト、フィル・ルイスとトーメ名義でアルバム『バック・トゥ・バビロン』(1985)を発表。ソロで発表した『スター』の再レコーディングを含む同作でブリティッシュ・ハード低迷期(アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、デフ・レパードなど一握りの成功者を除く)のホープとして期待されるが、短命に終わっている。フィルが渡米してLAガンズを結成したことは有名な話だが、バーニーはイギリスを活動拠点にコンスタントに作品を発表、ライヴも行ってきた。『Dublin Cowboy』(2017)『Shadowlands』(2018)など後期の作品もハイテンションなハード・ロックンロールアルバムであり、ジンジャー・ワイルドハートの『ヨーニ』(2007)へのゲスト参加などで、より幅広い層のリスナーに聴かれるようになった。

2019年3月17日、66歳でウィルス性肺炎で亡くなった彼だが、最後までロックすることを止めない人生だった。そんな彼がソロ・アーティストとして本格始動、光り輝いていた瞬間を捉えたのが『Lightning Strikes – Volume One (1982-1983)』なのである。

■アルバム『Lightning Strikes – Volume One (1982-1983)』

Lightning Strikes – Volume One (1982-1983)

発売元:Cherry Red Records
発売日:2023年10月27日
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15924views

音楽ライターの眼

連載12[多様性とジャズ]ミンガスは黒人差別というバイアスをジャズで打ち破ろうとしたのか〜その1

1660views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11816views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2877views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11352views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17397views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19035views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5982views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19373views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7812views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4737views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9881views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4492views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9976views

音楽ライターの眼

連載9[多様性とジャズ]ドイツ訛りが解き明かす“アメリカという多様性”とジャズ

1386views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

3410views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1713views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

5070views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14254views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4737views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

178898views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10653views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9881views