Web音遊人(みゅーじん)

ピアノ+弦楽四重奏の新たなプロジェクトでニューアルバムをリリース/上原ひろみインタビュー

どんなときも聴く者にエネルギーを与えてくれるジャズピアニスト、上原ひろみ待望のニューアルバムは「上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット」での録音。といってもベース、ドラムス、トランペット、サクソフォンといった楽器とのクインテットではない。ピアノ+弦楽四重奏という編成での新たなプロジェクトである。
このクインテットは、ブルーノート東京でのライブ企画『SAVE LIVE MUSIC』シリーズの一環として、2020年から2021年にかけての年末年始に初披露された。そこで演奏した曲たちをあらためてスタジオ録音した本作。アルバムに込められたコロナ禍における上原の心境とチャレンジについて話を伺った。

コロナ禍における心境の変化を組曲に

「コロナ禍で私のツアー日程はすべてキャンセルになり、ブルーノート東京もアーティストが来日できずキャンセルが続いていました。そこで、私にできることがないかと思って提案したライブ企画が『SAVE LIVE MUSIC』です。2020年の8~9月に第1弾として16日間のソロ公演を行い、年末年始の第2弾ではソロとは違うフォーマットにしたいなと考えたとき、西江辰郎さんの顔がポンと浮かんだのです」

弦楽四重奏のメンバーは、新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務める西江(1stバイオリン)を中心に、同団のビルマン聡平(2ndバイオリン)らが名を連ねる。上原はこれまで2度にわたり同団との共演経験があり、そこでの出会いが今回の企画につながったのだという。

「オーケストラと共演するときはいつも転校生みたいな気分でした。人間関係ができあがっているクラスにいきなり入って、1日とか2日でなじまないといけないチャレンジ。けれど新日本フィルの皆さんはにこやかに迎えてくださって、とくに西江さんとは人間としての波長が合うというか、すごく気さくで話しやすかったんです。あらゆる音楽に対してオープンで、好奇心旺盛で、フットワークが軽い。彼となら面白いものが作れると思いました」
そう語る上原がクインテットのために書き下ろした新曲『シルヴァー・ライニング・スイート』には、コロナ禍における自身の心境がストレートに映し出されている。

「“シルヴァー・ライニング(silver lining)”というのは、灰色の雲の後ろから太陽の光が差して、銀色に輝く裏地のように見える様子を示す言葉で、“苦境のなかに差す一筋の光”といった意味で使います。コロナ禍のなかで自分の気持ちのアップダウンを曲にしていったら、4つのアイコニックなモチーフができたので、それをもとに組曲にしました。1曲目の『アイソレーション』は、それぞれが隔離されて、同じ時間軸で違うことを弾いている場面からはじまり、最後は同じリフが永遠にループされる上で私がソロをとることで、孤独な感じを表現しています。2曲目の『ジ・アンノウン』は、未知のものと闘って翻弄されている様子、3曲目の『ドリフターズ』は心の置き場をどこにしたらよいかわからなくて彷徨っている様子、そして4曲目の『フォーティチュード』は文字通り不屈の精神で、みんなで足並みを揃えて闘っていく様子を描きました」

弦楽四重奏のためのアレンジもすべて自身で

弦楽四重奏のためのアレンジもすべて自身で手がけたという上原。どのように作品を作り上げていったのだろうか?

「大学のときに弦の編曲を習ったのでやってみたところ、嬉しいことに、弦のマスターたちにとても褒めていただけました。ピアノで弾きながら編曲し、楽譜にしたものを皆さんにお渡しするのですが、クラシックの音楽家は楽譜から多くの情報を読み取ることに長けているので、私が必要最低限のことしか楽譜に書いていなくても、すべてを深読みしてきてくださるんです。彼らは楽譜通りの音を弾いてはいますが、そういう意味では、私のインプロヴィゼーションに合わせて、演奏のニュアンスでインプロヴィゼーションをしてくださっていると思います」

本作にはタイトル曲のほかにも、自身にインスピレーションを与えるミュージシャンのために1分間の曲を書き下ろし、そのミュージシャンとリモートで共演した映像を公開するSNS企画『One Minute Portrait』の曲も、弦楽四重奏との演奏で収録されている。

「『サムデイ』はベーシストのアヴィシャイ・コーエンと共演することを想定して書いた曲です。今回のアルバムではベースのかわりにチェロに大活躍してもらったのですが、ピッツィカート演奏をチェロの向井航さんは『気合です』と言ってこなしてくれました。『ジャンプスタート』は大好きなピアニストのステファノ・ボラーニとの曲。イタリア・ジャズ界の顔のような方で、ヨーロッパのフェスティバルに行くたびにお会いしていました。アヴィシャイもステファノも、これまで共演したことがなかったので新鮮でしたね」


Hiromi – Someday (Official Audio)

そしてアルバム最後の曲『リベラ・デル・ドゥエロ』は、2017年にデュオアルバムを出したジャズハープ奏者、エドマール・カスタネーダとの曲。アルバムではモンティ作曲『チャールダーシュ』のような雰囲気で疾走するバイオリンが楽しい。
「これは西江さんの腕の見せ所です。最後はどんどん速くしていって、どこまで速くなったら弾けなくなるのか試してみたのですが、どこまで速くなっても付いてきてくれるんですよ」

2021年11月からはじまるクインテットでのツアーでも、抜群のコンビネーションを聴かせてくれることだろう。


Hiromi – Ribera Del Duero (Official Audio)

■インフォメーション

アルバム『シルヴァー・ライニング・ スイート』

発売元:ユニバーサルミュージック
発売地:2021年9月7日
価格:いずれも税込
【初回限定盤SHM-CD2枚組】3,630円
【通常盤SHM-CD】2,860円
【高音質SA-CD〜SHM仕様~】4,400円
詳細はこちら


Hiromi The Piano Quintet – Silver Lining Suite (Album Trailer)

photo/ 武藤章

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

3416views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

6430views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

5033views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

137179views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5219views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

3449views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

13345views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5672views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18465views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5779views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5248views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23073views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8713views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

14496views

音楽ライターの眼

テデスキ・トラックス・バンドがライヴ・アルバム『レイラ・リヴィジテッド』を発表。デレク&ザ・ドミノスの名盤『いとしのレイラ』を完全再現

600views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

12592views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4504views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

15500views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

9004views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3662views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

9798views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

715views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23073views