Web音遊人(みゅーじん)

スペース・ロックは終わらない。ホークウィンドが最新アルバムと監修コンピレーションを発表

英国スペース・ロックの帝王ホークウィンドは走り続ける。

1960年代末にロンドンのノッティング・ヒルで結成、反復するリフと飛び交う電子音が極彩色の照明効果やステージ上を乱舞するヌード・ダンサーと相乗効果を起こしながら異空間へといざなうライヴが評判に。宇宙へと飛び出していくトリップ感を伴うサウンドは“スペース・ロック”と呼ばれるようになった。1972年に『シルヴァー・マシーン』が全英チャート3位というヒットを記録したのを筆頭に、ヒッピーからバイカー、プログレッシヴ・ロック、ヘヴィメタル、パンク、テクノ/レイヴまで、彼らは幅広い音楽ファンから愛されてきた。

結成から50年以上の歴史を誇り、唯一のオリジナル・メンバーである総帥デイヴ・ブロックは2022年に81歳となったが、その勢いは止まることがない。2021年にスタジオ・アルバム『ソムニア(夢)』を発表したのに続いて、最新ライヴ・アルバムと監修コンピレーション・アルバムが世に出ることになった。

『We Are Looking In On You』はCD2枚組のライヴ・アルバムで、数曲をカットしたLP2枚組もリリースされる。録音日時・会場のクレジットはないものの2021年10月28日、ロンドン“パレディアム”での演奏を中心としたものと推測される。2019年のライヴを収めた『Hawkwind 50 Live』(2020)から間を置かず、しかもコロナ禍でライヴ活動がままならなかった時期だが、演奏曲目をかなり変えてきており、ベテランらしからぬ攻めの姿勢のステージを堪能させてくれる。

『絶体絶命』(1975)の『マグヌー』でスタートするライヴは往年のクラシックスから『ソムニア(夢)』の新曲まで幅広いもの。いずれもライヴ・ヴァージョンでさらにアグレッシヴに変貌を遂げ、スペース・ジャムを交えながらどこまでも上り詰めていく。

ブックレットを見ると、馴染みのない曲タイトルが幾つもあるため、新曲か!?と色めき立つファンも少なくないだろう。ただ実は、本作では長い曲を2分割して後半に別タイトルを冠するという手法が取られている。『アンクル・サムズ・オン・マーズ』の後半が『USB1』、『ブレインストーム』の後半が『Neurons』、『ボーン・トゥ・ゴー』の後半が『Star Explorer』と名付けられているので、まったくの新曲を期待してはいけない。ちなみに『Peace』は1分半の間奏曲的なピアノ・インストゥルメンタルだ。

ただ、だからといってガッカリするファンはほとんどいないのではないだろうか。本作で2曲を跨ぎながらシャーマン的に盛り上がっていくロング・ヴァージョンのナンバーは、ホークウィンドが半世紀以上にわたって多くの中毒患者を生んできた理由を物語っている。

熱心なファンであってももはや何枚目と言うことが困難なホークウィンドのライヴ・アルバムだが、それだけ大量にリリースされるのには訳がある。これからも元気にステージに上がって、ライヴ・アルバムを作り続けていただきたいものである。

もう1作、ホークウィンド関係でリリースされるのが、デイヴ・ブロック監修と銘打たれたスペース・ロック・コンピレーション『Dave Brock Presents This Was Your Future – Space Rock & Other Psychedelics 1978-1998』だ。CD3枚に全39曲のスペース・ロック・ナンバーが収録されており、本家ホークウィンドからデイヴ・ブロック、ロバート・カルヴァート、ヒュー・ロイド・ラングトン、ホークローズ、ティム・ブレイク、マイケル・ムアコックなどのメンバー/関連アーティスト、そしてそのDNAを受け継ぐオズリック・テンタクルズ、マジック・マッシュルーム・バンド、ST-37までが網羅されている。知る人ぞ知るバイカー・ロック・バンド、ダンピーズ・ラスティ・ナッツによるパスティーシュ的な『Hawkwind』のような珍品もあったりして、まったく飽きることがない。実際のところデイヴがどの程度監修に関わっているのか、あるいは名義貸しに留まっているのかは不明だが、アーティスト選出、選曲共に優れたコンピレーションである。

2002年から自らがヘッドライナーを務めるフェスティバル“ホークフェスト”を行ってきたホークウィンドだが、2022年9月にもイングランド北部のモアカム・ウィンター・ガーデンズで開催される。ザ・クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン、カーヴド・エアー、ソフト・マシーン、ジンジャー・ワイルドハートなどの出演が発表されている。ただ残念なことに、同フェスはこれが最後となる。元々ファンのために行ってきた非営利的イベントだったが、費用などの面で立ちゆかなくなったのだという。それでもホークウィンドとしてのライヴ活動は今後も行っていくというから、これからもファンをスペース・ロックの宇宙への旅に連れていってもらいたい。そして2015年4月以来の来日公演もぜひ実現させて欲しいところである。

■アルバムインフォメーション

『We Are Looking In On You』


発売元:Cherry Red Records
発売日:2022年10月7日
詳細はこちら

『Dave Brock Presents This Was Your Future – Space Rock & Other Psychedelics 1978-1998』


発売元:Cherry Red Records
発売日:2022年4月22日
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

矢野顕子

今月の音遊人

今月の音遊人:矢野顕子さん 「わたしにとって音は遊びであり、仕事であり、趣味でもあるんです」

5798views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#010 ジャズとクラシックの垣根を溶かした不動のメンバーとコンセプト~モダン・ジャズ・クァルテット『ジャンゴ』編

713views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8320views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1582views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4526views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7243views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7187views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8344views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18852views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1868views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7890views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28978views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16815views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21904views

音楽ライターの眼

編曲作品や委嘱作品を積極的に演奏し、次世代のマリンバ奏者に受け渡していきたい

1840views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

3097views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5639views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

13872views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12963views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5164views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54225views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8344views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9600views