Web音遊人(みゅーじん)

演出・主演で臨む予測不能なミステリー・ミュージカルコメディ『カーテンズ』/城田優インタビュー

「最初は、自分がここまでたくさんのミュージカルに出演するようになるとは思っていませんでした。でも、昔はコンプレックスでありマイナスだと思っていた部分がミュージカルでは武器になるということに気付いた20代前半から、これをライフワークにしていけたらと思うようになりました」
舞台映えする190cmという長身と端正な顔立ち、力強く時に優しく響く声、そして抜群の歌唱力と表現力──。城田優。間違いなく、日本のミュージカル界を牽引するひとりだ。
そんな彼が演出・主演を務めるミュージカル『カーテンズ』が2022年2月から上演される。

日本人に向けてシナリオをすべて見直す

『カーテンズ』は2007年にブロードウェイで発表され、トニー賞で主要8部門にノミネートされたミステリー・ミュージカルコメディ。
1959年、ボストンの劇場で起きた殺人事件。ミュージカルオタクの警部補フランク・チョーフィー(城田)は捜査だけではなく舞台の内容にも口を挟み始め、ミュージカルの質が向上していく。一方、出演者、スタッフの全員が容疑者。犯人はいったい誰なのか……。予測不能なストーリーが展開していく。
今回、城田は本国の許可を得ながらシナリオも見直した。
「殺人犯を追いながら、ミュージカルを創っていくというふたつの軸があって複雑。日本人には理解しにくいアメリカ人ならではの訳詞やジョークがたくさんあったので、あらためて検討しました。こういった推理ものや捜査ものは、置いていかれたら、それで終わりですから、お客様がストーリーをしっかり追えることを意識しています。日本人に向けた日本語で上演する作品というところに重きを置いて本を直してきたので、そのあたりがうまく回り、それぞれのキャラクターがしっかり確立されれば面白い作品になると思います」

歌、芝居、ダンスがつながり、感情移入できる作品を

城田は、2019年のミュージカル『ファントム』でも演出と主演を務め高い評価を得た。だが、今回はさらなる挑戦と位置付ける。
「『ファントム』は、一度自分が演じた作品。まったく違うアプローチから演出兼主演をしてみようというものでしたが、『カーテンズ』は自分にとって初演です。そして、『ファントム』ではWキャストで加藤和樹という相棒もいましたが、今回はあくまでもシングルキャストですから」

共演者には初めてミュージカルに挑む三浦翔平、櫻坂46のキャプテン菅井友香というフレッシュな顔ぶれに加え、瀬奈じゅんをはじめとする日本のミュージカル界を支える豪華な俳優陣が並ぶ。
「初ミュージカルの方たちにはミュージカルというジャンルに挑戦していくなかで楽しんでもらいたいし、同時に実力を発揮してもらいたいですね。彼らをどれだけ伸ばせるかを考えているところです。また、ベテランとはいえ新たな挑戦に臨んでくださる方には、城田演出を通して新しい感覚みたいなものを獲得していただけたらと思っています」
演出家としてディレクションを進めるなか、自分の言葉はすべてブーメランだとも感じている。キャストに伝えたことは、すべてが自身に返ってくる。俳優である自分にそれができていなければ、言葉はたちまち重みを失ってしまう。
「時に主演としてみんなを導かなければいけないし、時に演出家として全体を引っ張っていかないといけない。誰よりも苦しんで、もがいて、逃げ場がないところで葛藤しなければならないのは自分だと思っています」
のしかかる大きなプレッシャー。しかし、それを凌ぐ意気込みをもって臨む。
「日本のミュージカルは、ショーアップされた歌、芝居、ダンスがそれぞれ乖離していると感じています。僕は3つの点ではなく、きちんとつながった線にしたい。かつ、キャラクターそれぞれが何を感じて何を考えているのか、何を思いながら生きているのか。そういったことがお客様に見え、感情移入できて物語にすっと入り込める作品にしたいです」

好きなことなのに、苦しいしつらいし、時々嫌いになってしまう。それでもやろうと心に決めている。それほど城田のミュージカルへの思いは強い。その渾身の作品に期待が高まる。

■インフォメーション

ミュージカル『カーテンズ』

2022年2月26日(土)〜3月13日(日)東京国際フォーラム ホールC(東京)
2022年3月18日(金)〜3月22日(火)新歌舞伎座(大阪)
2022年3月26日(土)〜 3月27日(日)愛知県芸術劇場 大ホール(愛知)
詳細はこちら

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

塩谷哲

今月の音遊人

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

3798views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#008 常識破りの音数の少なさが“ジャズの気分”に風穴を開けた~セロニアス・モンク『セロニアス・ヒムセルフ』編

2043views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

4253views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16976views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11421views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

8061views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7357views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5273views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8270views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10642views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5765views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24880views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4428views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11096views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase7)ブーレーズとベリーのパラレルワールド、現代音楽はイノベーションのジレンマか

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase7)ブーレーズとベリーのパラレルワールド、現代音楽はイノベーションのジレンマか

1398views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

8035views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1545views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13095views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11343views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5100views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

2609views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5915views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24880views