Web音遊人(みゅーじん)

連載7[多様性とジャズ]白人が黒人の“まね”をしていたジャズには歌があったのかなかったのか?

歌の“あるジャズ”と“ないジャズ”について、もう少し掘り下げていこう。

19世紀前半、北アメリカ大陸の玄関口として発展していたのはルイジアナ州ニューオーリンズだった。19世紀後半になると中西部が開拓され、経済圏がニューオーリンズを中心に半径500〜1,000キロメートルへと広がっていく。

それにともない、それまでニューオーリンズで流行っていた文化も各地へと波及していくことになる。直接の要因は、ニューオーリンズで“文化のゆりかご”となっていた歓楽街“ストーリーヴィル”の閉鎖(1917年)だったが、第一次世界大戦による好景気でエンタテインメントの需要が高まったことが追い風になった。

そのニューオーリンズで流行っていた文化の軸となっていたのが、後にジャズと呼ばれるようになる音楽=パフォーマンスだった。

アメリカ国内でジャズが注目を集めるようになると、白人社会でも演奏される機会が増えたわけだが、リンカーンが奴隷解放を宣言したあとも黒人差別は続き、白人の社交場で黒人演奏家が演奏の機会を与えられることはほとんどなかった。

必然的にジャズを演奏する白人ミュージシャンのニーズが高まり、1916年にシカゴの居酒屋に出演したトム・ブラウン(トロンボーン)率いるバンド(彼らをはやし立てた“Jass it up !”という言葉が“Jazz”の語源と言われている)や、1917年に初のジャズ・レコーディングを果たしたドミニク(ニック)・ラロッカ(コルネット)率いるオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドがジャズ史に登場することになる。

21世紀の現在に至ってもブラック・ライヴズ・マターといった黒人差別への抵抗運動が続くアメリカで、白人が黒人の“まね”をすることに対する抵抗や軋轢はなかったのかという疑問が、日本人には湧いてくるかもしれない。

例えば、19世紀に入って人気を呼んだミンストレル・ショー。これは、黒人の口調や動作を誇張することで観客のウケを狙ったものだったが、出演者の多くは白人の芸人だった。

“まねる”(差別意識に根ざした模倣)というワンクッションを置くことで演者も観客も“差別”を否定的ではなく肯定的に表現できる空気感を生んでいたのだろう。

今回の“ニューオーリンズの音楽が白人の手で全米へと広がり、ジャズの隆盛へつながっていった”というエピソードは、歌の“あるジャズ”と“ないジャズ”を語るための序章。次回は、全米へと広がったニューオーリンズの音楽が“楽器演奏であって歌ではなかった点”を考えてみたい。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤田真央さん「底辺にある和音の上に内声が乗り、そこにポーンとひとつの音を出す。その響きの融合が理想の音です」

10571views

音楽ライターの眼

和やかさの中に感じる、ジャズアンサンブルの原点/珠玉のリサイタル&室内楽 中川英二郎×エリック・ミヤシロ×川口千里 Special Jazz Night

855views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

12133views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

38045views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3447views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

6158views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

1409views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3993views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9488views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

4381views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

7126views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22058views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6859views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24865views

音楽ライターの眼

早熟の天才ギタリスト、ティボー・ガルシアのアランフェス協奏曲

5581views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

5987views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5601views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

13730views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10952views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6574views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34666views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4599views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7802views