Web音遊人(みゅーじん)

TOKYO BLUES CARNIVAL 2022開催。ブルースの楽しさと新時代の幕開け

ブルースが野音に帰ってくる。2022年5月29日、東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるTOKYO BLUES CARNIVAL 2022は、ブルース・ファン待望のセレブレーションだ。

1986年に第1回が開催されたジャパン・ブルース・カーニバルは、日本におけるブルース・シーンの最重要イベントだった。本場アメリカの伝説的ブルースメンに固唾を飲み、日本を代表するブルース・プレイヤー達に盛り上がる。B.B.キング、アルバート・キング、ボ・ディドリー、オーティス・ラッシュ、アルバート・コリンズ、バディ・ガイ、ソロモン・バーク、ジョニー・ウィンター、ピーター・グリーンなどのライヴを目撃するべく、我々は毎年、日比谷野音に向かった。

ただ、“聖地”とか“巡礼”とか、堅苦しくなってしまうことがないのがジャパン・ブルース・カーニバルだった。毎年開催されるのはだいたい5月下旬。春の終わりで好天に恵まれることが多く、真剣に聴き入るところは聴き入って、ビールを片手に会場の後ろの売店でおつまみを買い込んだりもする。MCを務めるゴトウゆうぞうと相方カメリヤマキによる“ブルースクイズ”も正解なら嬉しいし、間違えたらそれはそれ。開催時期も5月下旬だったりそうでなかったり、野音だけでなく地方公演もあったりする。そんな適度のユルさもあって、毎年“ブルースの楽しさ”をお腹いっぱい味わわせてくれるのがジャパン・ブルース・カーニバルだった。

だが、時代は移りゆく。2006年、ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバルと改名、音楽性の幅を拡げたが2012年、ジョニー・ウィンターとサニー・ランドレスが出演した第26回を最後にいったんストップ。3千人を収容する大会場の野音でヘッドライナーを務める大物ブルース・アーティストを毎年確保することが難しかったなどともいわれたが、ブルース・カーニバルのない5月に、日本のブルース・ファンは“部屋ががらんとしちゃったよ……”とつぶやく日々だった。2020年からの新型コロナウイルスの影響もあり、ブルース信者で埋め尽くされた野音を想像することすら困難となった。

だが10年の月日を経て、ファンの心の空白は埋められることになった。TOKYO BLUES CARNIVAL 2022はブルースをルーツとする国内アーティストが集結、復活の狼煙を上げる待望のイベントである。

かつてジャパン・ブルース・カーニバルのステージに立ったアーティストも多く、懐かしさがこみ上げる。だが、単なるレトロに留まることなく、blues.the-butcher-590213には山岸潤史がゲスト参加、吾妻光良&The Swinging Boppersには伊東妙子(T字路s)がゲスト、三宅伸治&The Red Rocksには鮎川誠がゲスト、そしてコージー大内というスペシャル編成も多いラインアップは、ブルースの“現在”を感じさせるものだ。

吾妻光良& The Singing Boppers

そしてもちろん、“ブルースの楽しさ”も受け継がれることになる。ゴトウゆうぞう&カメリヤマキによる司会コンビも復活。会場を沸かせてくれるだろう。当日の天気はその日になってみないと判らないが、晴天ならば『ザ・サン・イズ・シャイニング』、雨ならば『ザ・スカイ・イズ・クライング』と、ぴったりのブルース・ナンバーが歌ってしまえばハッピーになれる(共にエルモア・ジェイムズによる名曲)。

TOKYO BLUES CARNIVAL 2022は日本におけるブルース新時代の幕開けを感じさせる祭典でもある。ブルースは新しい世代に受け継がれ、テデスキ・トラックス・バンドは大会場をフルハウスにする人気を誇っているし、クリストーン“キングフィッシュ”イングラム、マーカス・キング、セバスチャン・レイン、ジョアン・ショウ・テイラー、サマンサ・フィッシュなど、優れたブルース・アーティストが登場している。彼らが本邦でブレイクスルーを果たす舞台として、TOKYO BLUES CARNIVALには今後、日本のブルースの風物詩として定着していただきたい。

音楽の定義は時代によって変わるものだ。19世紀末にアメリカで生まれたブルースは悲しみや苦しみを描いた“憂歌”として口ずさまれたが、2022年には我々をとびっきりハッピーな気分にしてくれる。苛酷な労働条件やつれない恋人の束縛を歌ってきたブルースが、コロナ下の鬱屈した日常から我々を自由に解き放ってくれるのだ。

かつてジャパン・ブルース・カーニバルにも出演したリトル・ミルトンが『ザ・ブルース・イズ・オールライト』で“ブルースが帰ってきた!”と歌ったのは、TOKYO BLUES CARNIVALを予言していたのかも知れない。そして、ブルースはもうどこにも行きやしない。

■TOKYO BLUES CARNIVAL 2022


日時:2022年5月29日(日)16:00(開場15:00)
会場:東京・日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

4456views

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

4213views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

11859views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

1226views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3332views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6593views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18557views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6867views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9307views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8731views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6814views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25633views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13228views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6449views

音楽ライターの眼

連載36[ジャズ事始め]アート・ブレイキーの誘いを断わった佐藤允彦の胸に去来していた想いとは?

1421views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

8853views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3756views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

6781views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

7394views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4244views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

98555views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5651views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7617views