Web音遊人(みゅーじん)

徳永二男、堤剛、練木繁夫

近年稀にみる名演に、言葉を失う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.5

ヤマハホールの人気シリーズで、徳永二男(バイオリン)、堤剛(チェロ)、練木繁夫(ピアノ)の3巨匠による豪華共演で贈るピアノトリオ・コンサートの第5弾。今回は、ベートーヴェン、ショスタコーヴィチ、メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲が演奏された。

ベートーヴェンの記念すべき「作品番号1-1」にあたる第1番は、このジャンルでは当時異例の4楽章形式を採用した、作曲者らしいこだわりの作品。この日の3人は、堤のチェロが要所でピアノとバイオリンに献身的に寄り添う形で、春の盛りの大気のような音楽をいきいきと歌い上げてゆく。そして、3つの楽器が次々に主題を交替する第2楽章や、弦楽器の和音の上でピアノが優雅に踊る第3楽章など、ソロの聴きどころが多く、またアンサンブルとしても、第4楽章の推進力やコーダで現れる衝撃的な転調の扱いが実にみごとだった。

2曲目のショスタコーヴィチの第2番は、第2次世界大戦の真っ只中に、友人の音楽評論家イワン・ソレルチンスキーの死を悼んで作曲された円熟期の代表作のひとつ。後半のトリを飾る予定だったが、当日の発表で、メンデルスゾーンと曲順を入れ替える形で前半に演奏された。

これまでも時代や様式に応じて作品をあざやかに弾き分けてきた3人は、今回も前曲のベートーヴェンと世界観を一変する、シニカルな悲しみにあふれた秀演を披露。第1楽章の冒頭に出てくる弱音器をつけたチェロのハーモニクス(笛のような音を出す特殊奏法)は、作曲者の弟子だった、のちの巨匠スティスラフ・ロストロポーヴィチ(当時16歳)に意見を求めながら導入したと伝えられる超絶技巧だが、堤はそれを実にシャープな悲歌として表現してみせる。続く第2と3楽章では2つの弦が華々しく活躍するが、筆者としては、それが誠実かつ粛々と支える練木のピアノがあってこそでもあることに感服した。

徳永二男、堤剛、練木繁夫

そして休憩を挟んだ3曲目が、メンデルスゾーンの最晩年の創作にあたる第2番。第1楽章のハ短調の暗い情念を宿した第1主題から、甘美な情熱に満ちた第2主題へと繋げる堂々たる運び。3楽器が優美で豊麗な歌を交わして大輪の花を咲かせた第2楽章。スピーディかつ高度な技巧が求められる第3楽章での一糸乱れぬ運び。J.S.バッハのコラール「汝の御座の前に」を展開部に引用した第4楽章で3人が築き上げた、まるで聖トーマス教会(作曲者終焉の地ライピツィヒにあり、J.S.バッハが音楽監督を務めた教会)のように隅々まで洗練された構築と流れ。……と立派すぎて、もう何も言うことがない、近年稀にみる名演だったと思う。

徳永二男、堤剛、練木繁夫

本作の6年前に書かれたメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番を、作曲家のロベルト・シューマンは、「ベートーヴェン以来、最も偉大なピアノ三重奏曲」と評しているが、第2番はそれに勝るとも劣らない傑作と言える。ベートーヴェンで始まり、メンデルスゾーンで締めくくったこの日のプログラムは、高名な評論家でもあったシューマンの言葉の正しさを改めて強く実感させてくれるものだった。

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

 

特集

古澤巌さん

今月の音遊人

今月の音遊人:古澤巌さん「ジャンルを問わず、父が聴かせてくれた音楽が今僕の血肉になっています」

3556views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

591views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

4255views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

3531views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

3095views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5004views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

9518views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2058views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

5814views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3457views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

2836views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10856views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

4926views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2820views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターの革命児がビートルズに出逢うまでのプロローグ

759views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5429views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1037views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

7028views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

10685views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1683views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

4075views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

1581views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2616views