Web音遊人(みゅーじん)

スリープ『ドープスモーカー』が新仕様で復活。名盤は何度でも蘇る

アメリカのドゥーム・ロック・バンド、スリープが1996年にレコーディングしたアルバム『ドープスモーカー』が四半世紀の月日を経て、新たな注目を集めている。

『ドープスモーカー』は異端の騎士団が紫煙に導かれて聖地エルサレムを目指すという幻想的な叙事詩だ。全1曲・63分という“売れスジ”から外れた大作ゆえメジャーの“ロンドン・レコーズ”からリリースを拒否され、その結果バンドは解散。ギタリストのマット・パイクはハイ・オン・ファイアー、ベーシストのアル・シスネロスはオムを結成、それぞれ音楽活動を続けている。

“ロンドン・レコーズ”から52分ヴァージョンが『エルサレム』というタイトルで発売されることになっていたこのアルバムは封印されてしまったが、地下流出した音源が熱心なマニアによって共有されてきた。1998年にはブートレグ(海賊盤)CDが発売され、1999年には公式リリースが実現。さらに2003年には63分の完全版が『ドープスモーカー』のオリジナル・タイトルで発売された。このヴァージョンにはさらに『ソニック・タイタン』(ライヴ)がボーナス収録され、世界中のファンから熱狂的に迎えられた。

『ドープスモーカー』の進化はここで終わらなかった。2012年にはアルバムをリマスター、ジャケットを一新した新装盤がリリース。こちらは『ソニック・タイタン』『ホーリー・マウンテン』(共にライヴ)がボーナス収録されており、さらにロング・ヴァージョンで楽しむことが可能となった。

飽和点を超えるヘヴィネスと陶酔感で、本作はロック・アルバムの域を超えてひとつの信仰対象へと昇華されており、世界各地に『ドープスモーカー』信奉者が存在していた。スリープが2009年に再結成、ライヴ活動を行うようになったことで、その数は増していき、2018年1月に来日公演も実現。アルバムからのハイライトが披露されたことで、日本でも本作を崇拝する者が増殖していった。

2012年版の『ドープスモーカー』はドゥーム・ロックの聖典と呼ばれ、10年のあいだ聴き継がれるロングセラーとなってきたが2022年、さらなる超豪華ヴァージョンで蘇ることになった。今回本作をリリースするのはアメリカの“サード・マン・レコーズ”。ジャック・ホワイト(フジ・ロック・フェスティバル’22でヘッドライナーを務める)が主宰するレーベルだ。スリープの新作アルバム『ザ・サイエンシズ』(2018)や限定ライヴ盤、EPを発表してきたが、それ以上に気合いの入った仕様となっている。

今回はCDリリースはなく、アナログ盤のみ。LP4枚+7インチ・シングルという構成だ。LPのA〜C面にアルバム本編の最新リマスターを収録、D面にはこれが初登場となる未発表曲『Hot Lava Man』が収められている。E面では『ドープスモーカー』レコーディング・セッション時のスタジオ・アウトテイク、G・H面では1994年の初期ライヴ・ヴァージョンを聴くことが出来る(F面は盤にエッチングが彫られており、音は入っていない)。7インチ・シングルには『ドープスモーカー』の編集ヴァージョンが収録されている。

それに加えて本盤にはポスター2枚と布製パッチも付けられるなど、マニア心をくすぐるデラックス仕様だ。アナログ盤プレイヤーを持っているリスナーならばぜひ持っておきたい逸品といえる。

本盤の販売は“サード・マン・レコーズ”公式サイトの“ヴォールト”会員を対象としており、申し込みは2022年4月末で締め切られているが、余分にプレスした分がサイトのウェブショップで売られることもあるため、小まめに覗いておくと良いことがあるかも知れない。

なお、今回の盤には2012年ヴァージョンのボーナス・トラックだったライヴ2曲は未収録なので、お持ちの方はどちらも手元に置いておきたいところだ。また、2022年4月の時点で『ドープスモーカー』は各ストリーミング/サブスクリプション・サービスから削除されている状態のため(レコード会社との契約の過渡期らしい)、念のためフィジカル盤を常備しておくことが大事である。

名盤は何度でも蘇る。スリープの聖典『ドープスモーカー』はこれからも姿を変えながら、信奉者たちを魅了し続けるに違いない。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

19082views

音楽ライターの眼

指先から涙が噴き出しそうにエモーションを込めたポール・コゾフのギター。バック・ストリート・クロウラーの『ザ・ライヴ・パフォーマンス -ファースト&ラスト-』発売

729views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

9161views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

11419views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8655views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

15272views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

10933views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

7042views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8153views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8914views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3990views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25922views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3433views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18560views

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

音楽ライターの眼

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

5019views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

9226views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

9810views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

9161views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18469views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4656views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8815views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1719views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7778views