Web音遊人(みゅーじん)

辻󠄀井伸行

富士山の麓で繰り広げられるピアノの魅力満載のプログラム「富士山河口湖ピアノフェスティバル」/辻󠄀井伸行インタビュー

2021年に初めて開催された富士山河口湖ピアノフェスティバル。富士山の麓の雄大な自然に囲まれた環境の中で、ピアノのさまざまな魅力を満喫するフェスティバルについて、ピアニスト・イン・レジデンスの辻󠄀井伸行に2022年の抱負などを聞いた。

豊かな自然と融合して繰り広げられるピアノの魅力満載のプログラム

富士山が見える、3,000人収容の「河口湖ステラシアター」でのメインコンサートを中心に、河口湖に映える逆さ富士の名所にたたずむ100名限定の「河口湖円形ホール」でのプレミアムリサイタル、「河口湖総合公園」でのピクニック・コンサートなど、ジャンルを超えてピアノの多彩な魅力に迫る富士山河口湖ピアノフェスティバルが、2022年も開催される。

「昨年のどのコンサートも、深く印象に残っています。とくに100名限定の円形ホールでのリサイタルは、お客さまとの距離が近いので、ステージと客席が一体となったような感覚で演奏することができました。ピクニック・コンサートは、朝は雨が降っていて開催が心配されたのですが、コンサート直前から奇跡のように太陽の光が降り注ぎ、芝生の上で観客のみなさんがくつろぎながら音楽を楽しんでくださいました。今年も、ソロや協奏曲、弦楽器や管楽器とのアンサンブルなど、さまざまな形でピアノという楽器の素晴らしさを感じていただければいだだけるとうれしいです」

辻井伸行河口湖円形ホールでの最終日プログラム(2021年の様子)

2回目となる今回は、さらにパワー・アップしたプログラムを考えたという。魅力的なアーティストが登場予定だ。
「昨年も素晴らしいアーティストの方たちに出演していただき、大成功を収めたので、今年はそれを超える企画にしたいといろいろ考えました。長年にわたって日本のジャズ界を牽引し、今年80歳の記念イヤーを迎えた山下洋輔さん、昨年も出演してくださった尊敬する作曲家・ピアニストの加古隆さん、ヨーロッパでも活躍され高い評価を受けている国際的ピアニストの菊池洋子さん、また、川久保賜紀さん(バイオリン)、遠藤真理さん(チェロ)、三浦友理枝さん(ピアノ)のトリオにご出演いただけることになり、みなさんの演奏を聴かせていただくのが楽しみです。とくに山下洋輔さんは、ご一緒するのは初めてで、何年か前にコンサートに伺って、すごいなと衝撃を受けたので、ワクワクしています」

辻井伸行

日本を代表する吹奏楽団の東京佼成ウィンドオーケストラも、総勢40名を超える大編成で正指揮者の大井剛史と共に参加する。
「吹奏楽版でラヴェル『ピアノ協奏曲 ト長調』を演奏するのも、とても楽しみです。加古隆さんの『組曲「映像の世紀」』や山下洋輔さんの『ラプソディ・イン・ブルー』もあります!」

2021年同様、メインコンサートなどでは、ヤマハのコンサートグランドピアノCFXが使用される。
「CFXは素晴らしいピアノですね。弾きやすく、いろいろな音色が生まれるのでインスピレーションが刺激され、気持ちよかったです。今年も演奏するのを楽しみにしています」

子どもたちとの交流は新鮮な音楽経験だった

「音楽のまちづくり事業」の一環で行われている音楽祭でもあり、小学校の体育館で280名の子どもたちと交流した音楽教室「この音 なに色」も忘れられない経験だったと語る。
「人生初の音楽教室でした。どうしたら子どもたちが喜んでくれるかなと考えて、あえて題名を言わずにオリジナル曲を演奏して、どんなイメージだった? と子どもたちに聞いた後、実はこういうイメージの曲だと解説し、もう一度弾いたり、子どもたちからお題をもらって即興演奏をしたり……。これがものすごくウケて、おもしろかったです。とくに『神様から与えられた才能』とか、意外なお題も出て、びっくりしました。子どもたちと一緒に音楽を創ることができたように感じられ、幸せな気持ちになりました。音楽の楽しさを伝えられたかなと思っています。今年はどんなことになるでしょうか。待ちきれないほど楽しみです」

辻井伸行地元の小学生に向けた辻󠄀井伸行 音楽教室「この音 なに色」(2021年の様子)

日本のシンボルとも言える富士山に抱かれた自然の中で、爽やかな秋風に運ばれてくる木々の香り、優しく降り注ぐ太陽の光を浴びながら、小鳥の鳴き声とともにピアノの音色を満喫する贅沢なフェスティバル。日本を代表するピアノフェスティバルとして、今後ますます注目を集めていくことだろう。

辻井伸行大草原の中でピアノを楽しむ「ピクニック・コンサート」(2021年の様子)

■富士山河口湖ピアノフェスティバル

会期:2022年9月22日(木)~9月25日(日)
会場:河口湖ステラシアター、河口湖円形ホール、河口湖総合公園
出演:辻󠄀井伸行、山下洋輔、加古隆、菊池洋子、川久保賜紀・遠藤真理・三浦友理枝トリオ、ほか
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:甲田まひるさん「すべての活動の土台は音楽。それなしでは表現にはなりません」

1963views

藤田真央

音楽ライターの眼

クララ・ハスキルの覇者が魅せる古典派作品の世界/藤田真央 ピアノ・リサイタル

3254views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

4432views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

9746views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6099views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5703views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5148views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4196views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15639views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

6215views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4221views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24963views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11123views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10478views

音楽ライターの眼

連載8[ジャズ事始め]“天下の台所”が呼び込んだ“ジャズで踊る”という最先端の流行

1418views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4368views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

5954views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

17114views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4998views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3594views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15299views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1004views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21136views